「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    小惑星

    【JAXA】小惑星リュウグウの岩やクレーターに「オトヒメ」「モモタロウ」と命名

    1 : 次郎丸 ★ 2019/01/09(水) 00:34:05.62 ID:TvHtL6HY9.net

    小惑星リュウグウに「オトヒメ」「モモタロウ」
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20190108-OYT1T50067.html

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、探査機はやぶさ2が2月18~24日の間に小惑星リュウグウへ着地し、試料を採取する計画を発表した。
    また、リュウグウ表面の岩やクレーターなど13か所に、「オトヒメ」など昔話にちなむ名前を付けたことも明らかにした。

     着地は当初、昨年10月の予定だったが、詳しい観測により、支障となる大きな岩が予想以上に多いことが判明。JAXAは着地を延期し、慎重に検討を進めていた。

     その結果、岩が少ない場所が2か所あり、その幅は6~12メートルと狭いものの、着地時に機体を精密に制御することで安全に降りられる見通しが立ったという。今後、どちらの場所にするかを決める。

     13か所の地名はオトヒメのほか、浦島太郎が亀を助けた磯の「エジマ」(絵島)や、「モモタロウ」「キンタロウ」など。天体の名称を管理する国際天文学連合(IAU)へ昨年10月に申請し、12月下旬に認めるとの連絡があったという。

    20190108-OYT1I50036-L



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1546961645/


    ▼「【JAXA】小惑星リュウグウの岩やクレーターに「オトヒメ」「モモタロウ」と命名」の続きを読む

    【宇宙】カバみたいな小惑星が地球に最接近していたことが判明

    1 : ばーど ★ 2018/12/27(木) 11:02:28.23 ID:CAP_USER9.net

    今月22日、長さ1.6キロの小惑星が、地球から290万キロの距離に最接近していたことが、レーダーアンテナによる観測で明らかになった。米航空宇宙局(NASA)によると、「川を泳ぐカバそっくりの形をしている」という。

    カバのようにも芋虫のようにも見える不思議な天体は「2003 SD220」。その名のとおり、2003年9月にアリゾナ州の天文台が発見した小惑星で、大きさは少なくとも全長1.6キロ。JR東京駅から新橋駅くらいまでの長さだ。

    中米プエルトリコのアレシボ天文台が持っている直径305メートルのレーダーアンテナをはじめとする各国の観測施設が、今月15日から17日にかけて、地球に接近する小惑星を追跡。

    その結果、22日に地球まで290万キロの距離に近づいて、その後安全に通過していくまでが確認されたという。カリフォルニア州のNASAジェット推進研究所(JPL)の研究チームは「レーダー観測によって、小惑星が12日に一度のペースでゆっくり回転することがわかった」と話している。

    その回転は、ラグビーやアメリカンフットボールのような複雑な回転軸を持っていて、地球周辺に存在する小惑星のなかでは非常に珍しい動きだという。

    川の中を泳ぐカバそっくりの小惑星(NASA / JPL-Caltech / GSSR / NSF / GBO)


    カバ


    https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27747.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1545876148/


    ▼「【宇宙】カバみたいな小惑星が地球に最接近していたことが判明」の続きを読む

    【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/12/11(火) 08:34:43.61 ID:CAP_USER9.net

    NASAの探査機 着陸予定の小惑星に水の成分発見
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181211/k10011742641000.html
    K10011742641_1812110826_1812110827_01_03

    NASA=アメリカ航空宇宙局は、探査機が着陸する予定の小惑星から水の成分が見つかったと発表しました。NASAは、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」と同様にこの小惑星から砂や石を地球に持ち帰ることを目指していて、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られると期待しています。
    NASAの小惑星探査機、「オシリス・レックス」は今月、地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の上空に到着しました。

    NASAによりますと、探査機で近づく際に赤外線などを使って分析したところ、ベンヌにある粘土から酸素と水素が結びついた分子が見つかったということです。この分子は水の成分の一部で、ベンヌに広く分布し、表面にある物質がかつては水に触れていたことを示しているとしています。

    ベンヌは、別の小惑星から分裂して誕生したとみられていて、NASAは、もとの小惑星には水が液体の状態で存在していたとみられるとしています。

    探査機は、再来年の2020年には表面に接近して砂や石を採取し、5年後の2023年に地球に持ち帰る計画で、NASAの担当者は、「探査の対象としてベンヌはすばらしく、太陽系の成り立ちに迫る貴重な資料が得られそうだ」と期待しています。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544484883/


    ▼「【宇宙】NASAの探査機「オシリス・レックス」 着陸予定の小惑星ベンヌに水の成分発見」の続きを読む

    【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ

    1 : しじみ ★ 2018/12/04(火) 07:43:09.69 ID:CAP_USER.net

    ごろ(日本時間4日午前2時ごろ)、探査機「オシリス・レックス」が目的地の小惑星ベンヌの上空に到着したと発表した。1年半かけて上空から詳しく観測した後、NASAでは初めて小惑星への着陸と岩石の採取に挑み、2023年に地球に岩石を持ち帰る。

     小惑星には太陽系の惑星の成り立ちや、生命の起源の手掛かりがあると考えられており、岩石を分析して、それらの謎の解明を目指す。小惑星りゅうぐうを調べている日本の探査機「はやぶさ2」のチームとも協力し、岩石を交換して互いに調べる予定。

    探査機オシリス・レックスが約80キロの距離から撮影した小惑星ベンヌ
    6

    https://mainichi.jp/articles/20181204/k00/00m/040/029000c



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1543876989/


    ▼「【宇宙】探査機「オシリス・レックス」が小惑星ベンヌ上空に到着 岩石採取へ」の続きを読む

    NASAの小惑星探査機「ドーン」、燃料切れで任務終了

    1 : みつを ★ 2018/11/02(金) 23:04:54.57 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3195752?cx_part=latest

     米航空宇宙局(NASA)は1日、11年前に打ち上げられ、火星と木星の間にある小惑星帯(アステロイドベルト)の2つの天体を観測してきた無人探査機「ドーン」が燃料切れを迎え、任務を終了したと発表した。

     燃料のヒドラジンが底を尽きかけていることは、1か月ほど前に明らかになっていた。ヒドラジンはアンテナを地球に向けておくために必要だったほか、充電用の太陽光パネルを太陽に向けるために使われていた。

     10月30、31両日にNASAの通信網「深宇宙ネットワーク(DSN)」との定期通信が行えなかったことを受け、NASAはドーンの運用終了を正式に発表した。

     ドーンによる探査任務の責任者で、チーフエンジニアを務めるNASAジェット推進研究所のマーク・レイマン氏は、「膨大な要求を押しつけてきたにもかかわらず、ドーンは毎回その難題に応えてくれた。この素晴らしい探査機に別れを告げるのはつらいが、その時がきた」と語った。(c)AFP

    NASAが作成した、準惑星ケレスに到着した探査機ドーンのコンセプト画(2015年3月2日作成、2018年11月1日提供)。(c)AFP PHOTO / NASA/JPL-CALTECH


    ドーン (探査機) - Wikipedia
    打上げ日時 2007年9月27日
    ドーン(Dawn)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が打ち上げた、準惑星ケレスおよび小惑星ベスタを目標とする無人探査機で、ディスカバリー計画のミッションの一つである。史上初の、小惑星帯に半永久的にとどまる人工物となる予定である。Dawnとは、「夜明け・あけぼの・暁」などを意味している。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541167494/


    ▼「NASAの小惑星探査機「ドーン」、燃料切れで任務終了」の続きを読む

    NASA、探査機「オシリス・レックス」が撮影した小惑星「ベンヌ」の画像を公開

    1 : プティフランスパン ★ 2018/11/01(木) 23:24:00.02 ID:CAP_USER9.net

    https://jp.sputniknews.com/science/201811015530193/


    米航空宇宙局(NASA)が、小惑星「ベンヌ」の画像を公開した。ベンヌは1999年に発見された地球近傍小惑星で、画像はベンヌからの試料回収を目指す無人探査機「オシリス・レックス」が、330キロ離れた場所から撮影した。

    ベンヌの大きさは、直径およそ500メートル。

    なお日本のマスコミはベンヌについて、日本の探査機「はやぶさ2」が来年着陸する予定の小惑星「りゅうぐう」にそっくりな「そろばん玉のような形」をしていると報じている。

    「りゅうぐう」の大きさは直径およそ900メートルで、ベンヌの約2倍。

    「オシリス・レックス」は2016年に9月に打ち上げられた。2018年12月にベンヌに到着し、打ち上げから7年後の2023年に地球に帰還する予定。

    2018年12月3日にベンヌの20キロの周回軌道に入る予定。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541082240/


    ▼「NASA、探査機「オシリス・レックス」が撮影した小惑星「ベンヌ」の画像を公開」の続きを読む

    【JAXA】はやぶさ2から送られてきた小惑星リュウグウの新画像を公開

    1 : しじみ ★ 2018/09/28(金) 11:08:36.85 ID:CAP_USER.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、小惑星探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに投下された小型探査ロボット2台が撮影した新たな画像を公開した。表面は無数の岩や石に覆われ、ごつごつしている様子がはっきりと確認できる。

     また、2台は計13回、それぞれ10〜20メートルずつジャンプして移動したことも判明した。小型ロボは初代はやぶさでも小惑星に向けて投下されたが、着地に失敗していた。初代に続いて開発を担当したJAXAの吉光徹雄准教授は「2台ともがリュウグウの表面で動いたのは喜ばしい。日本の総合的な技術力で成功できた」と感謝した。

     はやぶさ2は小型ロボの観測したデータを分析し、来月下旬に予定している本体の着陸の運用計画に反映する。来月3日にはドイツとフランスの宇宙機関が開発した小型着陸機も投下する予定。

    ■小型探査ロボットが23日に撮影した小惑星リュウグウの表面の画像。上部の白いものは太陽光






    ■小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの高度64メートルから撮影した画像。左下は大きな岩の塊


    ■はやぶさ2が高度70メートルから撮影したリュウグウの表面。中央右側に探査機の影がくっきりと見える


    https://mainichi.jp/articles/20180928/k00/00m/040/040000c



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1538100516/


    ▼「【JAXA】はやぶさ2から送られてきた小惑星リュウグウの新画像を公開」の続きを読む

    【宇宙】小惑星「フナバシ」誕生 船橋の名が永遠に宇宙に

    1 : しじみ ★ 2018/08/31(金) 19:18:08.86 ID:CAP_USER.net

     地球に衝突する可能性のある天体の発見・監視活動をしているNPO法人「日本スペースガード協会」が2000年に発見した小惑星が、千葉県船橋市にちなんだ「Funabashi」と命名され、30日、同市役所で伝達式が行われた。

     同協会は1996年の発足以来、400個を超える小惑星を発見している。2015年に子供たちが小惑星を探すイベント「スペースガード探偵団in船橋」を開催した同市の天文教育を評価し、名前を決めたという。一昨年夏、天体の命名を取り扱っている国際天文学連合に「Funabashi」と命名することを申請し、7月11日付で認められた。

     小惑星は太陽の周りを約2・65年で公転している。直径は約2・4〜5・4キロと推定され、発見時は地球から1億3000万キロ離れた場所にあったという。

     同市によると、県内の地名にちなんで命名された小惑星としては「Chibaken(千葉県)」「Katsuura(勝浦)」が存在するという。

     伝達式では同市の松戸徹市長が協会幹部に、「船橋の名前が永遠に宇宙に残る。市民の大きな喜び」と感謝の言葉を述べていた。

    20180830-OYT1I50063-L

    20180830-OYT1I50064-L

    https://www.yomiuri.co.jp/science/20180830-OYT1T50132.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1535710688/


    ▼「【宇宙】小惑星「フナバシ」誕生 船橋の名が永遠に宇宙に」の続きを読む

    【宇宙】クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星が地球に接近中

    fb12394f6b23a7d21bc59206dddbc734_s

    1 : 野良ハムスター ★ 2018/08/26(日) 23:30:15.04 ID:CAP_USER.net

    クフ王のピラミッドの高さを超える直径の小惑星が地球に向かって接近しつつあることを、米航空宇宙局(NASA)のデータが物語っている。

    小惑星「2016 NF23」は、地球から0.05天文単位(750万キロ)未満の距離を通過するため、NASAによって「潜在的に危険」と分類されている。

    NASAによる評価では、小惑星の大きさは直径が70〜160メートル。学者らのデータによれば、小惑星は秒速9キロを超えるスピードで移動しており、29日には地球に最も近い距離に接近するという。

    https://jp.sputniknews.com/science/201808255264722/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1535293815/


    ▼「【宇宙】クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星が地球に接近中」の続きを読む

    探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうを上空1キロから撮影

    1 : サイカイへのショートカット ★ 2018/08/07(火) 22:38:49.42 ID:CAP_USER9.net

    上空1キロでりゅうぐう撮影
    はやぶさ2、表面は岩がち
    https://this.kiji.is/399550637395756129

    探査機「はやぶさ2」が上空約1キロから撮影した小惑星りゅうぐうの表面(JAXA、東京大など提供)


    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7日、探査機「はやぶさ2」が上空約1キロから撮影した小惑星りゅうぐうの画像を公開した。
    数メートルの岩が多数見えるが、この秋に予定する着陸はできるだけ平らなところで行う必要があるため、慎重に場所の選定を進める。

    探査機は6日、上空20キロから降下を開始。6キロに達した後は、小惑星の重力を計測するため自由落下を始めた。7日午前には851メートルまで接近し、その後上昇を始めた。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533649129/


    ▼「探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうを上空1キロから撮影」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る