「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    微生物

    微生物は宇宙船のクリーンルームで「洗浄剤を栄養源にして生存」していることが判明

    1 : しじみ ★ 2018/06/06(水) 16:22:25.54 ID:CAP_USER.net

    カリフォルニア州立工科大学ポモナ校の研究チームは、宇宙船を建造する際にクリーンルームを使っても微生物による汚染を防ぎきれていない理由を解明したと発表した。
    今回得られた知見が新たな汚染予防策につながることが期待されている。研究論文は「Astrobiology」に掲載された。

    アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙船建造用クリーンルームでは、宇宙船の微生物汚染を最小化するためのさまざまな防御策が講じられている。
    地球外生命探査機などが地球由来の微生物に汚染されてしまうと偽の陽性反応が出てしまうため、微生物汚染対策は非常に重要な課題となっている。

    しかしながら厳重な洗浄プロセスを経ても、クリーンルームには少量ながら依然として多様な種類の微生物が残存していることが分子遺伝学的解析から明らかになっている。
    またクリーンルームで建造された宇宙船にも、細菌、古細菌、菌類などからなる微生物叢(微生物の集合体)が存在している。

    宇宙船の微生物叢はクリーンルーム環境をどうやって生き延びているのかを解明するため、今回の研究では、火星探査機マーズ・オデッセイおよびフェニックスから見つかり分離されたアシネトバクター属の細菌の分析を行った。
    アシネトバクターは宇宙船の微生物叢における主要な細菌のひとつである。

    分析の結果、栄養分が非常に少ない環境下であっても、テストされた菌株のほとんどが成長できることがわかった。
    また、これらの菌株は、宇宙船建造中に使われる洗浄剤も生物分解していることがわかったという。

    菌株がエチルアルコールを単一炭素源として成長すること、また酸化ストレスに対して耐性をもっていることも示された。
    酸化ストレスは火星に似た乾燥環境および高い放射線環境とも関連するものであるため、菌株が酸化ストレス耐性をもっていることは特に重要であるとしている。

    これらの菌株はエチルアルコール以外の洗浄剤として一般的に使われているイソプロピル・アルコールおよびKleenol 30に対しても生物分解能力をもっていた。
    こうした洗浄剤が微生物のエネルギー源になりうるということである。

    今回の研究からは、地球外生命探査を目的とするミッションでは、従来よりもいっそう厳しい洗浄手順が必要になるだろうということがわかる。
    また、洗浄剤については、種類の異なるものをローテーションしながら使う必要があると考えられている。

    「Astrobiology」の研究論文
    https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/ast.2017.1814



    https://news.mynavi.jp/article/20180606-642567/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1528269745/


    ▼「微生物は宇宙船のクリーンルームで「洗浄剤を栄養源にして生存」していることが判明」の続きを読む

    メキシコの洞窟内で推定年齢5万歳の微生物を発見 結晶に閉じ込められた状態で生き続ける

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487572690/

    1 : 野良ハムスター ◆Hamster4N.uI 野良ハムスター ★ 2017/02/20(月) 15:38:10.91 ID:CAP_USER9.net

    メキシコの洞窟で、巨大な結晶の中に閉じ込められた状態の微生物が発見された。

    結晶内に閉じ込められたのは数万年前と考えられるが、微生物は休眠状態での生命活動を維持していた。

    NASAはその年齢を5万歳と推定している。

    微生物は、鉄や硫黄、その他の化学物質を食べて生きているとみられ、新種の可能性が高い。









    http://news.nationalgeographic.com/2017/02/crystal-caves-mine-microbes-mexico-boston-aaas-aliens-science/
    http://news.nationalgeographic.com/2017/02/crystal-caves-mine-microbes-mexico-boston-aaas-aliens-science/



    2 : 名無しさん@1周年 2017/02/20(月) 15:39:20.87 ID:b5bWQiSX0.net

    ひさしぶりだねー



    3 : 名無しさん@1周年 2017/02/20(月) 15:39:28.42 ID:AFrV8OQ/0.net

    5万25歳だ



    ▼「メキシコの洞窟内で推定年齢5万歳の微生物を発見 結晶に閉じ込められた状態で生き続ける」の続きを読む

    一滴の海水に含まれる微生物wwwwwwww

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1474500133/

    1 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 08:22:13.44 ID:UnJZlJq4r.net





    4 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 08:23:14.07 ID:SHZipyWt0.net

    あーもう無理やわ



    5 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 08:23:19.52 ID:dHVoWBI30.net

    余裕で消化できるやん



    3 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 08:22:58.48 ID:2XdyMfpDr.net

    意外と少ないな



    ▼「一滴の海水に含まれる微生物wwwwwwww」の続きを読む

    電気エネルギーで生きる「電気合成」微生物の存在を初めて特定 光合成や化学合成に続く第3の合成

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1443162303/

    1 : brown_cat ★ ageteoff 2015/09/25(金) 15:25:03.25 ID:???*.net

    2015年09月25日 14時58分00秒
    まるでSFのような電気エネルギーで生きる「電気合成」微生物の存在を初めて特定、光合成や化学合成に続く第3の合成



    電気エネルギーを直接利用して生きる微生物を初めて特定し、その代謝反応の検出に成功したことを東京大学 理化学研究所の共同研究チームが発表しました。
    二酸化炭素から栄養分を作り出す方法としては、太陽光をエネルギーとして二酸化炭素からデンプンを合成する「光合成」、そして太陽光が届かない環境で水素や硫黄などの化学物質のエネルギーを利用する「化学合成」の2つが知られていたわけですが、今回の発見によって新たに「電気合成」可能な微生物が存在することが確認され、その代謝メカニズムの一端が明らかとなっています。

    電気で生きる微生物を初めて特定 | 理化学研究所
    http://www.riken.jp/pr/press/2015/20150925_1/

    KAKEN - 深海熱水海底発電と電気合成微生物群集の存在証明(24244091)
    https://kaken.nii.ac.jp/d/p/24244091.ja.html

    生体機能触媒研究チーム | 理化学研究所
    http://www.riken.jp/research/labs/csrs/biofunct_catal/

    まず今回の発見の前段階として、2010年に太陽光が届かない深海熱水環境に、「電気を非常によく通す岩石」が豊富に存在するということが発見されており、この電気を流す岩石が触媒となって、海底下から噴き出る熱水と接触することで「電流が生じる」ということも発見されていた、というのがあります。
    この前提より、「海底に生息する生物の一部は光と化学物質に代わる第3のエネルギーとして電気を利用して生きているのではないか?」という仮説が立てられ、今回の発見のもとになる研究が行われたわけです。

    研究の結果、鉄イオンをエネルギーとして利用する鉄酸化細菌の一種であるAcidithiobacillus ferrooxidans(A.ferrooxidans)を、鉄イオンを含まず、「電気のみがエネルギー源」となる環境で細胞の培養を行った結果、細胞の増殖を確認。なんと、細胞が体外の電極から電子を引き抜くことでNADHを作り出し、ルビスコタンパク質を介して二酸化炭素から有機物を合成する能力を持つことを突き止めた、というわけです。

    これが電気エネルギーを利用して栄養分を作り出す微生物であるA.ferrooxidansの顕微鏡像。電気エネルギーを使って二酸化炭素を有機物に作り変える「電気合成」を実現。



    しかもこの鉄酸化細菌の一種であるは、わずか0.3V程度の小さな電位差を1V以上にまで高める能力を持ち、非常に微弱な電気エネルギーを利用できるようにしていることも突き止めています。

    これはどういうことかというと、0.3Vでは二酸化炭素から有機物を作り出すことはできないものの、外膜から内膜にかけて広がる分岐型の電子輸送経路を「昇圧回路」として用いることで1.14Vまで高め、電位差を利用して生きる「電気合成生物」であることが明らかとなった、ということになります。

    以下の図が電気合成の現時点で判明している代謝回路。細胞内に存在する分岐型電子伝達系を昇圧回路として利用することにより、わずか0.3Vの電位差を1.14Vまで高め、二酸化炭素から有機物を作り出すという仕組み。



    今回の研究結果によって、電気をエネルギー源として利用して、増殖できる微生物の存在が明らかとなり、同時に、電気が光と化学物質に続く地球上の食物連鎖を支える第3のエネルギーであることを示しており、深海底には電気に依存した生命圏である「電気生態系」があるのではないか、ということにつながっており、重要な知見になると期待されています。

    なお、極めて微小な電力で生きる「電気合成微生物」の存在によって、微小電力の利用という観点からも新たな知見を提供するものとされています。

    http://gigazine.net/news/20150925-electrolithoautotrophs/



    ▼「電気エネルギーで生きる「電気合成」微生物の存在を初めて特定 光合成や化学合成に続く第3の合成」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る