「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    怪物

    【宇宙】小型の恒星に、理論上存在しないはずの「怪物級」巨大惑星 600光年先に発見

    1 : ばーど ★ 2017/11/01(水) 17:29:01.80 ID:CAP_USER9.net

    img_41dac707cd528f4c54134f025db3385a101922

     地球のはるか遠方にある小型の暗い恒星を公転している「怪物級」の巨大惑星を発見したとの研究結果が10月31日、発表された。理論上存在するはずのない惑星の発見は、天文学者らに大きな驚きを与えた。

     見つかった惑星は、半径と質量が太陽の半分ほどの恒星の周りを公転している。これほど小型の恒星の周囲では、木星のような巨大惑星が形成されることはないというのが長年の定説だったが、今回のガス状巨大惑星の存在はこの説を揺るがすものだ。

     今回、巨大惑星の存在を明らかにしたのは、南米チリのアタカマ砂漠を拠点とする太陽系外惑星探査プロジェクト「次世代トランジットサーベイ(NGTS)」だ。

     NGTSプロジェクトは、主星を「NGTS-1」、巨大惑星を「NGTS-1b」と命名した。これらの天体は、地球から「はと座」の方向に約600光年の距離にある。

     英ウォーリック大学のダニエル・ベイリス氏は、AFPの取材に「NGTS-1bは半径が主星の4分の1ほどあり、主星との比較で見ると非常に大きい。それに比べて木星の半径は太陽の10分の1ほどしかない」と語った。

     研究チームは、この巨大惑星の重力の影響で主星がどの程度「揺らぎ」を起こしているかを測定した。

     その結果、NGTS-1bが主星に非常に近い軌道を公転していることが分かった。軌道距離は地球と太陽の間の距離のわずか3%で、公転周期は2.6日。これは「NGTS-1bの1年の長さが地球の2日半に相当する」とされた。

     このことは、予想外の巨大ガス状惑星がさらに多く見つかる可能性があることを意味していると、研究チームは指摘した。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3148869



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509524941/


    ▼「【宇宙】小型の恒星に、理論上存在しないはずの「怪物級」巨大惑星 600光年先に発見 」の続きを読む

    ヒトガタとかいう深海の怪物

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1439648202

    ningen

    1 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:16:42 ID:rnV

    かっこいい



    2 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:17:08 ID:mPX

    都市伝説だからね



    5 : 名無しさん@おーぷん 2015/08/15(土)23:18:12 ID:rnV

    >>2
    オカ板の可能性、ネットの可能性を示したモンスターだよねー

    南極のニンゲン - Wikipedia
    南極のニンゲン(なんきょくのニンゲン)は、巨大掲示板サイト2ちゃんねるのオカルト板で創造された、未確認生物の都市伝説。海中にすむ生物で南極に出現するものをニンゲン、北極に出現するものをヒトガタと呼ぶ。


    ▼「ヒトガタとかいう深海の怪物」の続きを読む

    【アメリカ】体長2mの新種の怪物が確認される、生け捕りに100万ドルの懸賞金

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439220292/

    1 : クロイツラス(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 00:24:52.55 ID:Ji5UqnYz0.net BE:508312455-PLT(12002) ポイント特典

     トカゲ男は本当にいるのか? 目撃情報が相次いでいる米サウスカロライナ州ビショップビルで、新たな証拠画像が公開された。

     米ABCテレビ電子版などによると、2日午前に住民の女性が同地の教会の周辺で目撃。携帯電話で撮影し、同局に電子メールで画像を投稿した。「神に誓って、これは作り物じゃない。興奮してるわ!」と書き添えてあった。
    身長は約210センチで、トカゲが立って走っているように見える。胸回りの筋肉が発達し、手足の爪が長い。
    「スケープ・オレ」と呼ばれる湿地で生息しているとされる。

     今年5月に撮影された目撃映像も、同局に投稿された。同湿地の近くで撮影され、約30メートル先でトカゲ男が動いているように見える。撮影した男性は「教会の目撃情報を聞いて、僕も投稿しようと思った。頭がおかしいと思われるかもしれないので、映像の存在は秘密にしていた」と話した。

     初めての目撃情報は、1988年夏。男性が夜中に同湿地近くの道路脇に車を止め、タイヤを交換。その後、指が3本しかない怪物が車の屋根に飛び乗り、男性は車を蛇行させて、怪物を振り落としたという。その後も車の被害報告が続いたため、地元のラジオ局が、トカゲ男を生け捕りした者に100万ドル(約1億2500万円)の懸賞金を出すと発表した。

    http://www.nikkansports.com/general/column/strange/news/1520059.html

    (ABCNews4 )



    ▼「【アメリカ】体長2mの新種の怪物が確認される、生け捕りに100万ドルの懸賞金」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る