1 : すらいむ ★ 2018/06/04(月) 17:27:12.24 ID:CAP_USER9.net

毛髪の“もと”大量に作る技術を開発 理化学研究所

「脱毛症」などの治療に応用するため髪の毛を作り出す「毛包(もうほう)」という器官を人工的に大量に作る技術を理化学研究所などの研究グループが開発し、来月から動物で安全性を確かめる試験を始めることになりました。

 薄毛などの脱毛症に悩む人は全国に2500万人以上いると推計されていますが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理化学研究所などでは毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り移植する治療法の開発に取り組んでいます。

K10011464261_1806041744_1806041748_01_03

no title

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180604/k10011464261000.html



http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528100832/


▼「理研が毛髪の“もと”毛包を大量に作る技術を開発 早ければ再来年にも実用化か」の続きを読む