「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    探査機

    【宇宙】土星探査機カッシーニが最後の任務へ 大気成分を採取

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502720071/

    1 : みつを ★ 2017/08/14(月) 23:14:31.02 ID:CAP_USER9.net

    http://www.bbc.com/japanese/40920970

    _95806435_04b192fc3e774d17cb99339c7ec6a51465d2edff

    _97295779_haze (1)

    米航空宇宙局(NASA)などが開発した土星探査機カッシーニは13日、土星の大気に接触する最後の任務を実施する。
    土星の複数の輪と大気の間を周回しているカッシーニは来月、土星の大気に突入して任務を終える予定。今回、5回にわたって大気の外側に触れることで、土星の構成に関するこれまでにない情報が得られると期待されている。

    カッシーニはまず、13日午前4時22分(日本時間午後2時22分)に土星の雲の上1600キロをかすめる。これにより、大気上層の外部にあるガスを採取できる。
    欧州宇宙機関(ESA)でカッシーニ計画を担当する科学者ニコラス・アルトベッリ「土星は太陽から吸収する以上のエネルギーを発散している。それはつまり、いくらかの重力エネルギーを失っているということだ。
    なので、上層部の水素とヘリウムの構成を正確に計測できれば、内部の全体構成を知るための枠組みができる」と語った。
    カッシーニは大気に触れることで推進力が落ちるため、高度を維持するためにエンジンを使う必要があるかもしれない。しかし担当の科学者たちは、接触による影響への対応は十分可能で、来月15日に予定される大気突入までの残る4回の接触では、さらに深く大気に触れられるかもしれないと考えている。

    カッシーニ計画では、まだ土星についていくつか大きな疑問を解明できていない。その一つが、土星の1日の長さについてだ。
    研究者たちは、土星の1日は約10時間半くらいだとは分かっているが、より正確な長さを知りたいと考えている。

    土星の磁場と自転軸の傾きのずれを見つけることによって計測できるはずだが、これまでは二つがほぼ完璧に並んでいる状態しか観測されていない。
    NASAのカッシーニ計画を担当するリンダ・スピルカー氏は、「我々が知るあらゆる磁場理論にもとづくと、ずれがなくてはならない」と話す。「磁場を作り出すには、土星内部で金属水素層内で流れを維持する必要があり、ずれがなければ磁場はなくなるだけだという理屈だ」。
    「ずれの発見を妨害しているものが何かあるのか、あるいは新しい理論が必要なのか。しかし、傾きがなければ、小さな揺らぎを見られなければ、1日の長さをより正確に知ることはできない」

    20年前に打ち上げられたカッシーニは燃料が尽きつつあり、ほどなく制御不能に陥る。


    ▼「【宇宙】土星探査機カッシーニが最後の任務へ 大気成分を採取」の続きを読む

    宇宙探査機ボイジャー運用40年目を迎える、今も太陽系外から交信続く

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502355062/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/08/10(木) 17:51:02.36 ID:CAP_USER9.net

    宇宙探査機ボイジャー1号・2号が運用40年目に入る。1977年9月5日に打ち上げられたボイジャー1号は、2012年に太陽系を脱出して以降、恒星間宇宙空間での飛行を続けている。同年8月20日に打ち上げられたボイジャー2号も今後数年で太陽系を脱するとみられるが、両機ともいまだ現役であり、地球に向けた観測データの送信を続けている。

    ボイジャー探査計画に携わったカリフォルニア工科大学の科学者Ed Stone氏は、「この先5年の間にも、われわれがまだ知らない新発見がボイジャーによってもたらされる可能性がある」とコメントしている。

    ボイジャー1号は現在、地球から209億kmほど離れた恒星間宇宙空間を飛行中。いまのところ太陽系の外の恒星間宇宙に進出した唯一の宇宙探査機であり、太陽系の惑星軌道面に対して(地球から見て)北方向に進路を取って進んでいる。

    (略)

    ボイジャー1号・2号は電源としてそれぞれ原子力電池を3個搭載し、プルトニウム238(半減期約88年)の崩壊熱を電気エネルギーに変換して用いている。ボイジャーの電力は毎年4ワットずつ減少していくので、限られた電力でいかに運用していくかがNASAの技術者の課題となっている。運用期間を最大限引き延ばすため、数十年前に作成されたコマンドとソフトウェアの説明文書を調べたり、退職した元技術者たちからのコンサルティングを受けたりといった技術の継承作業も必要になっているという。

    ボイジャーに搭載された観測機器は、2030年までに最終的に停止すると予想されている。観測停止後も飛行は続き、時速4万8280kmの速さで宇宙空間を移動し続けることになる。両機には地球の音楽や映像、メッセージなどを収録した「ゴールデンレコード」も納められている。いつか人類が滅亡した後、これらのタイムカプセルが地球文明の最後の痕跡になる日が来るのかもしれない。







    http://news.mynavi.jp/news/2017/08/09/118/



    ▼「宇宙探査機ボイジャー運用40年目を迎える、今も太陽系外から交信続く」の続きを読む

    【宇宙】木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499921886/

    1 : trick ★ 2017/07/13(木) 13:58:06.24 ID:CAP_USER9.net

    木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK7F2Q7DK7FUHBI006.html
    ワシントン=小林哲2017年7月13日13時30分


     米航空宇宙局(NASA)は12日、探査機ジュノーが撮影した、木星の赤い目玉のような巨大な渦「大赤斑」の最新画像を公表した。ジュノーは昨年7月に木星の周回軌道に入り、2018年2月まで探査を続ける。

     NASAによると、ジュノーは10日、木星まで約3500キロまで最接近。その後、大赤斑の約9千キロ上空を通過した際に搭載している観測用カメラで撮影するなどした。今年9月初旬にも再び近づいて観測する。

     大赤斑は、木星の赤道よりやや南側にある濃い赤褐色の大気の渦。幅は約1万6千キロあり、地球がすっぽり入るほど大きい。過去の文献などから350年以上前から存在しているとみられるが、詳しい発生の仕組みなどはわかっていない。最近の観測で、徐々に縮んでいることがわかってきたという。

     NASAは、ジュノーから送られてきた画像の生データを専用サイトで公表。研究者や愛好家らが見やすく処理した画像を次々に掲載している。NASAは今後、より詳細な画像などの分析結果を発表していくという。(ワシントン=小林哲)



    ▼「【宇宙】木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開」の続きを読む

    火星探査機MROが火星探査車「キュリオシティ」の撮影に成功

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498205830/

    1 : あずささん ★ 2017/06/23(金) 17:17:10.95 ID:CAP_USER9.net

    火星探査機「マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)」が、岩だらけの山腹を移動中の火星探査車「キュリオシティ」をとらえた画像が公開された。

    火星周回探査機「マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)」の高解像度カメラ「HiRISE」は約3か月に1度のペースで探査車「キュリオシティ」の撮影を行い、砂丘の移動や浸食など周囲の環境の変化を観測している。

    今回公開された画像は6月5日にMROがキュリオシティから270km離れたところから撮影したもので、岩や砂を背景に、約3m四方のキュリオシティの姿が明るい青い点として見えている。

    撮影当時、キュリオシティはシャープ山のふもとにある砂丘と、上のほうにある尾根「Vera Rubin Ridge(ベラ・ルービン・リッジ)」との間を移動中だった。ベラ・ルービン・リッジには周回軌道上からの観測によって赤鉄鉱が見つかっており、キュリオシティはそれを調べる予定だ。

    MROは2006年から火星を周回している。またキュリオシティは今年8月で火星着陸5年を迎える。

    ソース/AstroArts
    http://www.astroarts.com/article/hl/a/9201_mro_curiosity

    画像(中央の紫色がキュリオシティ)




    ▼「火星探査機MROが火星探査車「キュリオシティ」の撮影に成功」の続きを読む

    【宇宙】太陽に最接近予定 NASAが探査機打ち上げへ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496304083/

    1 : ばーど ★ 2017/06/01(木) 17:01:23.19 ID:CAP_USER9.net

    20170601-155103-1-0003

    NASA(=アメリカ航空宇宙局)は先月31日、来年7月に、太陽にこれまでで最も近づく探査機を打ち上げる計画を発表した。

    NASAの発表によると、探査機は来年7月にアメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、太陽の表面からこれまでで最も近い約620万キロの距離まで近づく予定。

    その際、約1400℃の高熱に耐えられるよう、厚さ11センチに及ぶ炭素繊維で防護するという。
    太陽の表面は約5500℃にもかかわらず、まわりを取り巻く大気のコロナのほうがはるかに高温の100万℃を超えることが謎とされていて、NASAは今回の探査で解明したいとしている。

    http://www.news24.jp/articles/2017/06/01/10363081.html



    ▼「【宇宙】太陽に最接近予定 NASAが探査機打ち上げへ」の続きを読む

    【NASA】土星探査機カッシーニの土星と環の間ダイブ動画を公開

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494404370/

    1 : あずささん ★ 2017/05/10(水) 17:19:30.37 ID:CAP_USER9.net

    土星探査機「カッシーニ」が4月26日に、初めて土星本体と環の間をダイブするように飛行した際にとらえた動画が公開された。

    土星探査機「カッシーニ」は先月末より、最終ミッション「グランドフィナーレ」を実施している。土星本体と環の間に広がる約2000kmの隙間を22回潜り抜けるという計画の第1回目が4月26日に行われ、その際にとらえた1時間分の観測画像から作られた動画が公開された。

    動画の最初に見えるのは土星の北極の渦だ。そこからカッシーニは南下し、六角形模様の端を通り過ぎて進んでいく。飛行高度は土星雲頂から約7万2400kmから6700km、1ピクセルあたりのサイズは8.7kmから810mとなる。画像が回転していくのは、機体を守るために探査機の進行方向に皿型のアンテナを向けるように姿勢を変更したためである。

    「六角形の外側の境界や極域の渦の中心である台風の目の壁に、シャープな端が多く見られることに驚きました。異なる緯度において端同士が混ざることがないのは、何かのメカニズムが働いているのでしょう」(カッシーニ画像チーム 佐柳邦男さん)。

    「初ダイブの画像は素晴らしいものでしたが、私たちのカメラのセッティングは保守的でした。6月29日にやってくる同様の機会には、さらに良い映像が撮れるようにアップデートを行う計画です」(カッシーニ撮像チーム Andrew Ingersollさん)。

    ソース/AstroArts
    http://www.astroarts.com/article/hl/a/9105_cassini

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=9LBLCgCYy0I



    ▼「【NASA】土星探査機カッシーニの土星と環の間ダイブ動画を公開」の続きを読む

    初めて土星の輪をくぐった探査機「カッシーニ」、雲の渦などの画像を送信

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493367698/

    1 : あずささん ★ 2017/04/28(金) 17:21:38.39 ID:CAP_USER9.net

    27日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の土星無人探査機「カッシーニ」が27日、土星の輪をくぐり、これまでで最も近い位置から撮影した土星の画像を地球に送信した。

    画像には、渦巻く雲や大型ハリケーン、奇妙な六角形の渦状気流などが映されている。

    13年間土星探査を行ってきたカッシーニは、現在最終ミッションに入っている。26日に、これまでに宇宙船が到達していない、土星本体と、最も近い輪の間をくぐった。これを皮切りに、合わせて22回、土星の雲のてっぺんと輪の間の未知の領域を探査するという。

    最後の輪くぐりは9月15日。土星の大気圏に突入して燃え尽きる予定。

    ソース/ロイター
    http://jp.reuters.com/article/cassini-idJPKBN17U0Y2

    画像




    ▼「初めて土星の輪をくぐった探査機「カッシーニ」、雲の渦などの画像を送信」の続きを読む

    【宇宙】土星探査機カッシーニ、最終ミッションで輪の内側から接近観測へ 第1回突入は26日午後6時

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493178974/

    1 : ばーど ★ 2017/04/26(水) 12:56:14.84 ID:CAP_USER9.net

    【4月26日 AFP】26日、米航空宇宙局(NASA)の無人探査機カッシーニ(Cassini)は、土星とその輪の間を通過する。
    この大胆な探査飛行により、太陽系第6惑星である土星をまったく新しい視点から観測できることへの期待が高まっている。

    NASAによると、最も内側の輪と土星の間に突入する探査は計22回計画されており、その第1回目の突入は米フロリダ(Florida)州の現地時間26日午前5時(日本時間26日午後6時)に予定されているという。

    突入後は通信の再開を待つのみとなる。探査機と地球との通信は約1日間途絶えるが、その間に土星の科学的観測が行われる。

    カッシーニが今回の突入探査を乗り切ることができれば、早ければ同27日午前3時5分(日本時間27日午後4時5分)には地球との無線通信を再開できる見通し。
    「画像や他の観測データは、通信の確立後速やかに送信され始めるはず」と、NASAは述べている。

    1997年に打ち上げられ、2004年に土星の周回軌道に入った全長6.7メートルの探査機カッシーニは、近く燃料が底をつき、9月15日に土星表面に突入して燃え尽きる予定となっている。

    土星探査機カッシーニ。26日に土星とその最も内側の輪の間を通過する。想像図


    配信 2017年04月26日 09:49 

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3126400



    ▼「【宇宙】土星探査機カッシーニ、最終ミッションで輪の内側から接近観測へ 第1回突入は26日午後6時」の続きを読む

    【宇宙】火星の2つの衛星に探査機 日仏で挑戦へ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491822941/

    1 : 自治郎 ★ 2017/04/10(月) 20:15:41.75 ID:CAP_USER9.net

    火星や太陽系の成り立ちに迫ろうと、火星の周りを回る2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」に探査機を送り込み、表面にある物質を採取して地球に持ち帰ろうという世界でも初めてのプロジェクトに、日本とフランスが協力して挑戦することになりました。

    火星の周りを回る2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」は、火星とどのような関係で生まれたのか解明されておらず、表面にある物質の成分を調べれば、火星や太陽系の成り立ちを探るヒントを得られるのではないかと考えられています。

    このため、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、「フォボス」と「ダイモス」に探査機を送り込み、表面にある物質を採取して地球に持ち帰ろうという世界でも初めてのプロジェクトに、フランスと協力して挑戦することになりました。

    10日は、東京で署名式が行われ、JAXAの奥村理事長とフランス国立宇宙研究センターのル・ガル総裁が文書を交わしました。

    日本は、これまでに探査機「はやぶさ」で小惑星の表面から物質を持ち帰ることに成功しているほか、フランスはアメリカと共同で火星の探査に成功しています。

    日本とフランスでは、今後、それぞれの技術を組み合わせて新たな探査機の開発を進め、7年後の2024年の打ち上げを目指すということです。

    JAXAの奥村直樹理事長は記者会見で、「火星の衛星の物質を調べることで、水の起源や生命の起源につながるヒントが得られるかもしれず、ぜひ、このプロジェクトを成功させたい」と述べました。

    4月10日 20時10分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010943591000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

    画像




    ▼「【宇宙】火星の2つの衛星に探査機 日仏で挑戦へ」の続きを読む

    【宇宙】NASA、土星探査機カッシーニ引退へ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491405818/

    1 : 自治郎 ★ 2017/04/06(木) 00:23:38.49 ID:CAP_USER9.net

    K10010937521_1704051103_1704051107_01_02

    土星の輪の鮮明な映像を撮影するなどの成果を上げてきた探査機「カッシーニ」の最後の任務について、アメリカのNASA=航空宇宙局は、今月下旬以降、土星に接近させて観測を行ったあと、ことし9月、土星の大気圏に突入させるという計画を発表しました。

    カッシーニは、NASAとヨーロッパ宇宙機関によって開発され、1997年に打ち上げられた土星探査機で、2004年に土星の軌道に入り、土星の輪の鮮明な映像を撮影したほか、衛星の1つで水蒸気と氷が噴き出す様子を初めて観測するなどの成果を上げてきました。

    カッシーニは、まもなく燃料がなくなることから引退することになり、NASAは4日、カッシーニの最後の任務について記者会見を開いて説明しました。

    それによりますと、カッシーニは、今月26日に土星とその輪の間に初めて入ることにしていて、輪の詳しい仕組みを調べるということです。さらに土星の大気の状態を調べたり、巨大な台風やオーロラなどを観測したりする予定だとしています。その後、ことし9月15日には土星の大気圏に突入させて破壊し、20年に及ぶ任務を終えるということです。

    NASAの担当者は、「最後の任務で多くの新しいことが観測されるのは楽しみだが、長く観測を続けてきたカッシーニがなくなるのは寂しさを感じる」と話していました。

    4月5日 18時18分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937521000.html



    ▼「【宇宙】NASA、土星探査機カッシーニ引退へ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る