「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    人気サイトヘッドライン

    真っ赤すぎる月が観測される

    1 : 豆次郎 ★ 2019/06/20(木) 02:12:28.53 ID:q73EXyoC9.net

    https://twitter.com/hoshihakase/status/1141330631382560770?s=21




    3 : 名無しさん@1周年 2019/06/20(木) 02:14:47.68 ID:o6tloQdC0.net

    今夜は高く昇ってからも赤いんだって
    目撃談がツイッターや地震板で続々出てるよ



    6 : 名無しさん@1周年 2019/06/20(木) 02:17:57.52 ID:Et/+jYJV0.net

    6月はだいたい赤くね?



    7 : 名無しさん@1周年 2019/06/20(木) 02:18:54.49 ID:PQfNfLIQO.net

    やべえなこりゃ



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1560964348/


    ▼「真っ赤すぎる月が観測される」の続きを読む

    NASA、有人月面着陸に最大3兆3千億円必要と試算

    83d7fcc82917398563d9f94a5e5bf5f9_s

    1 : みつを ★ 2019/06/16(日) 20:46:39.45 ID:BuHwwIde9.net

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35138528.html

    有人月面着陸に最大3兆3千億円必要 NASAが試算

     米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官は、米国人宇宙飛行士を半世紀ぶりに月面に再度着陸させる「アルテミス」計画の事業費に触れ、今後5年間で推定200億~300億ドル(約2兆1800億~約3兆2700億円)の追加支出が必要との試算を発表した。

     NASA予算に毎年平均で40億~60億ドルが余分に必要となる。年間のNASA予算は約200億ドルとみられる。

     200億~300億ドルの必要経費は当初予想されていた額より少ないが、最終的な金額とは位置付けられていない。

     米国が月面着陸などを成功させた最後のアポロ計画に費やした経費は250億ドル。現在のドル価値では約1500億ドル相当ともされる。



    3 : 名無しさん@1周年 2019/06/16(日) 20:47:10.07 ID:yADdmzJp0.net

    そんなもんか



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1560685599/


    ▼「NASA、有人月面着陸に最大3兆3千億円必要と試算」の続きを読む

    月の裏側に200兆トンもある超巨大な金属塊が眠っていると判明

    moon-1527501_640

    1 : 一般国民 ★ 2019/06/14(金) 03:35:05.85 ID:CAP_USER.net

    200兆トンもある超巨大な金属塊が月の裏側に眠っているという報告
    https://gigazine.net/news/20190613-mass-on-moon/

     ASAが測定した月の重力分布をベイラー大学の研究チームが分析したところ、月のクレーターの地下深くに異常な重力源があることが判明。

     さらに詳細な分析を行った結果、研究チームはクレーターの地下に少なくとも200兆トン以上の質量をもつ超巨大な物体が存在する可能性が高いと発表しました。

     ベイラー大学の惑星地球物理学教授のピーター・ジェイムズ博士は「ハワイ島(約1万400km2)の5倍の大きさをもつ金属塊を地中に埋めたようなものと想像してください」と例えています。

     研究チームによると、この巨大な金属塊の正体は月内部にあるマグマが結晶化して酸化したものか、あるいは約40億年前に月へ衝突した小惑星の残骸かもしれないとのこと。

     実際にコンピューターで衝突をシミュレーションした結果、小惑星の鉄やニッケルでできた核が衝突して月の地下深くにめり込み、その後月のマントルに押し上げられて地殻近くまで浮き上がってきた可能性が高いとわかったそうです。


    9 : ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/06/14(金) 04:15:29.70 ID:EQjtLCYO.net

    これ以上調べるな。知らないことが良いこともある。



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1560450905/


    ▼「月の裏側に200兆トンもある超巨大な金属塊が眠っていると判明」の続きを読む

    【宇宙】ロシア、2030年に有人月着陸を目指していることが判明

    kahl-68145_640

    1 : ニライカナイφ ★ 2019/05/30(木) 23:37:11.85 ID:KMMz9y4F9.net

    NASAが2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表したのに続き、ロシアで宇宙開発全般を取り仕切る国営企業・ロスコスモスの最高責任者であるドミトリー・ロゴジン氏が、ロシアも2030年に宇宙飛行士を月へ送り込むことを計画していると発表しました。

    ロゴジン氏の資料に寄れば、ロシアによる宇宙開発計画のスケジュールは以下のような感じ。

    2021年7月:無人月着陸船・ルナ25号(ルナグローブランダー)打ち上げ
    2022年:有人宇宙船・フィディラーツィヤの地球低軌道での飛行試験
    2023年:フィディラーツィヤ、国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて打ち上げ
    2024年:フィディラーツィヤのクルー、ISSへ移動
    2024年:月周回軌道から月探査
    2025年:ルナ28号(ルナグルント)、月からのサンプル回収に向けて打ち上げ
    2026年~2028年:フィディラーツィヤ、深宇宙で無人飛行試験
    2027年:ルナ28号、月の土を持って地球に帰還
    2029年:月軌道へ有人飛行
    2029年:月着陸船・自律型月面車・月基地モジュールの試験
    2030年:有人での月着陸

    冷戦期にアメリカとソビエト連邦が宇宙開発競争を繰り広げたことがあり、ソ連は1961年4月にガガーリンを乗せたボストーク3KA-2で世界初の有人宇宙飛行を成功させていますが、有人月面着陸では1969年7月のアメリカ・アポロ11号が先行。
    ソ連は月到達を諦め、その後、ロシアでも月面到達はいまだ成し遂げていません。

    https://gigazine.net/news/20190530-russia-space-mission/



    5 : 名無しさん@1周年 2019/05/30(木) 23:38:47.38 ID:JZRr3EON0.net

    ロシアとアメリカでまた競争が始まるのか 



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1559227031/


    ▼「【宇宙】ロシア、2030年に有人月着陸を目指していることが判明」の続きを読む

    NASA、2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表

    moon-1933750_640

    1 : ニライカナイφ ★ 2019/05/15(水) 19:37:30.62 ID:HrcwyUvu9.net

    2019年5月14日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は「2024年までに有人月面着陸を成功させる」というアルテミス計画をTwitter上で発表しました。
    アルテミス計画では男女2人が月面へ送られ、成功すれば「女性の宇宙飛行士として人類史上初の月面着陸」という偉業も達成される見込み。
    また、NASAはアルテミス計画を実現させるために、連邦議会に対して追加予算も申請しました。

    ギリシャ神話に登場する狩猟と貞潔の女神であり、月の女神でもあるアルテミスは、芸術・芸能の男神であるアポロンとは双子の関係です。
    アポロンは1960年代にアメリカで実施されたアポロ計画の由来であり、それを踏まえて「人類史上初めて女性が月に降り立つことを目指す計画」にアルテミスの名がつけられているというわけです。
    なお、記事作成時点でNASAが開発中の有人飛行用の宇宙船「オリオン」は、アルテミスの恋人だった狩人オリオンから名付けられています。

    アルテミス計画で送られるのは男女2人で、もし成功すれば、月面に到達した宇宙飛行士として女性は史上初、男性は13人目という記録になります。
    冷戦時の宇宙開発競争の中で進められたアポロ計画は月面着陸そのものが1つの大きなゴールとなっていましたが、アルテミス計画における月面着陸はあくまでも有人火星探査の実現に向けた1歩であるとNASAは計画しています。

    ※全文はソースで 
    https://gigazine.net/news/20190515-nasa-artemis-project/



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557916650/


    ▼「NASA、2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」を発表」の続きを読む

    【宇宙】月、縮んでいることが判明

    moon-1527501_640

    1 : シャチ ★ 2019/05/14(火) 17:57:33.51 ID:b4CxQJSn9.net

     月は徐々に縮んでおり、その結果、月面に「しわ」ができたり、地震が起きたりしている──米航空宇宙局(NASA)の無人月探査機「ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)」が撮影した画像1万2000点以上を解析した調査結果が13日、発表された。

     調査で判明したことによると、北極近くに位置するクレーター「氷の海」は移動しており、亀裂が発生しているという。氷の海は多くの広大なクレーターの一つで、地質学的な観点から活動がないと長らく考えられてきた。

     地球とは異なり、月にはプレート運動がない。代わりに45億年前に誕生してから徐々に冷却していることで起きる地殻活動が存在する。これにより、まるでブドウがしなびてレーズンになるように月面に「しわ」が生じている。

     月の地殻はもろいため、内側で収縮が起こるとその力で表面が崩れる。すると、地層の一部が隣接する地層の上へと押し上げられる衝上断層という現象が起きる。その結果、過去数億年の間に月は50メートルほど「痩せた」のだという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000029-jij_afp-sctch



    5 : 名無しさん@1周年 2019/05/14(火) 17:58:30.56 ID:mjGhbXua0.net

    てことは、いずれ消滅するな



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557824253/


    ▼「【宇宙】月、縮んでいることが判明」の続きを読む

    【宇宙】アメリカ、宇宙飛行士を5年以内に再び月に送ると宣言

    1 : 記憶たどり。 ★ 2019/03/27(水) 14:51:12.15 ID:TCF+ugWz9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190327/k10011862571000.html

    アメリカのペンス副大統領は、アメリカの宇宙飛行士を再び月に送る計画について、中国などに遅れを取るわけにはいかないとして、時期を前倒しし、今後5年以内の実現を目指す方針を発表しました。

    ペンス副大統領は26日、南部アラバマ州で開いた国家宇宙会議で演説し、「われわれは現在、宇宙開発競争の真っただ中だ」と強調しました。そのうえで「中国は月の裏側に無人探査機を着陸させた初めての国となり、月で戦略的優位に立とうとする野心を明らかにした」と述べ、中国への警戒感をあらわにしました。

    そして「アメリカは20世紀だけでなく21世紀でも月に人類を送る最初の国になる」と述べ、今後5年以内にアメリカの宇宙飛行士を再び月に送る方針を発表しました。



    8 : 名無しさん@1周年 2019/03/27(水) 14:56:24.14 ID:pXT9Cwtt0.net

    ソ連がなくなったら
    大金かかる宇宙開発もやめた

    やっぱライバルて大事なんだよ



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553665872/


    ▼「【宇宙】アメリカ、宇宙飛行士を5年以内に再び月に送ると宣言」の続きを読む

    【人類再び月へ】NASA、2028年に再び月に人類を送る計画発表

    1 : みつを ★ 2019/02/16(土) 05:03:39.50 ID:eVl18ZVi9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190216/k10011817021000.html

    NASA 2028年に再び月に人類 送る計画

    NASA=アメリカ航空宇宙局は14日、民間企業と連携して、およそ半世紀ぶりとなる2028年に、人類を再び月面に送る計画を発表しました。

    NASAはおととし、トランプ大統領が宇宙飛行士を再び月に送ることなどを盛り込んだ新たな宇宙政策に関する文書に署名したことを受けて、民間企業の参入を促しながら、宇宙開発を加速させています。

    ブランデンスタイン長官は、月面には膨大な量の水が氷の状態で存在しているとして、それを飲み水にしたり、水素を作り出してロケットの燃料にしたりして、月での滞在を可能にしたいとしています。

    ことしは1969年に人類が初めて月面に降り立ってから、ちょうど50年で、ブランデンスタイン長官は「今回は足跡と旗を残して帰ってくることではなく、そこにとどまることが目的だ。国際的、商業的なパートナーと持続可能な方法で月を目指す」と述べています。

    astronaut-1082335_640



    4 : 名無しさん@1周年 2019/02/16(土) 05:08:14.80 ID:YKC7Hf/u0.net

    滞在が目的つってもなあ

    とどまってどうすんだ?



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550261019/


    ▼「【人類再び月へ】NASA、2028年に再び月に人類を送る計画発表」の続きを読む

    月の裏側で剛力彩芽のミイラが発見される

    1 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:23:06.21 ID:wcUwXAfqa.net

    ソース
    4ykucdp



    2 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:23:23.13 ID:DGwtDdeJ0.net

    やりたい放題か



    10 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:25:38.86 ID:2aCL3Dmo0.net

    これは信頼できるソース



    11 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:25:52.03 ID:ogy3Q1Gtd.net

    どうやって見つけたんやろ



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549254186/


    ▼「月の裏側で剛力彩芽のミイラが発見される」の続きを読む

    【動画】皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される

    1 : しじみ ★ 2019/01/23(水) 15:33:44.45 ID:CAP_USER.net

    ■動画
    Impact on the Moon during the Jan.21 lunar eclipse - YouTube
    https://youtu.be/FNvfBCu-jjI


    アメリカや欧州などで現地時間の20日夜から21日未明にかけて皆既月食が観測されました。この皆既月食は赤く染まって見えるため「スーパーブラッドウルフムーン」と呼ばれて話題になりましたが、その最中にいん石が月にぶつかり、多くの人に観測されています。

    皆既月食の様子はストリーミング配信され、世界中の多くの人が見ていました。以下はMIDAS(Moon Impacts Detection and Analysis System)の研究チームによって捉えられた映像。


    月の表面、矢印で示されている部分は、ムービーでずっと暗い状態でしたが……


    世界時の午前4時41分38秒、ムービーでいうと開始から5秒あたりでチカッと光がともります。


    光が瞬いたのはわずかな時間でしたが、これを発見した人が「月にいん石が衝突したのではないか?」と海外掲示板のredditにスレッドを立てます。そしてスペインにあるウエルバ大学の研究者・Jose M. Madiedo氏がこの現象をいん石の衝突であると確認したとのこと。これまではその明るさから観測が難しかったそうです。 

    Madiedo氏らはまだいん石のサイズを正式に計算していませんが、だいたいアメリカンフットボールぐらいの大きさで、重さは2kgほどだったとみています。

    https://gigazine.net/news/20190123-meteorite-total-lunar-eclipse/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1548225224/


    ▼「【動画】皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!

      最新コメント
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:

      おーぷん2ちゃんねる

      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る