「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    【宇宙】ビゲロー・エアロスペース、月周辺に膨らむ宇宙ステーション「BEAM」2022年までに設置へ

    1 : パーカー ★ 2017/10/18(水) 20:53:19.72 ID:CAP_USER9.net

    国際宇宙ステーション(ISS)へと空気で膨らむ拡張モジュール「BEAM」を打ち上げ、さらなる運用期間の延長も予定されているビゲロー・エアロスペース。同社は膨張式の居住モジュールを月周回軌道へと2022年までに設置するという目標を発表しました。
     
    この膨張式の居住モジュールは「B330」と呼ばれるもので、月探査の拠点や実験スペースとしての利用が想定されています。以前の発表では、膨らませた状態での内部スペースは330立方メートルで、単独かつ自動での運用が可能だとされています。
     
    今回の発表では、B330はユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)の「ヴァルカン」ロケットで打ち上げられます。2019年に運用が始まるこのロケットで、まず2020年にB330を地球低軌道に打ち上げ1年間の実証実験を実施。この最中にはISSへの補給任務や宇宙飛行士の滞在が行われる予定です。
     
    次に2機のヴァルカンを打ち上げ、地球低軌道にロケット上段「ACES(Advanced Cryogenic Evolved Stage)」を設置。そして片側のACESからもう片方のACESへと燃料を全て移動させ、燃料が満タンになったACESからB330へと燃料が補給され、月へと旅立つのです。
     
    この計画はNASAによる有人月面探査にも大きく関わっており、さらに、ビゲロー・エアロスペース社長は将来の火星探査についても、膨張式拡張モジュールが役立つだろうと言及しています。

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6257850




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508327599/


    ▼「【宇宙】ビゲロー・エアロスペース、月周辺に膨らむ宇宙ステーション「BEAM」2022年までに設置へ」の続きを読む

    【宇宙】月の地下に長さ50キロの空洞、探査機「かぐや」で判明

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/10/18(水) 11:31:39.55 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000029-asahi-soci

    月の地下に、長さ約50キロに及ぶ長大な空洞があることが、日本の月探査機「かぐや」の観測データから判明した。過去の火山活動で生じたとみられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、発表した。

    空洞があるのは、月の表側にある「マリウス丘」と呼ばれる領域。かぐやが撮影した画像には、直径と深さがそれぞれ50メートルの縦穴が写っていた。

    電波を使って得た周辺の地下構造のデータを詳しく調べたところ、この縦穴から西に向かって、幅100メートルほどの空洞が約50キロにわたって続いていることがわかった。
    内部は崩壊しておらず、地層などに氷や水が存在する可能性もあるという。

    月では約10億年前まで大規模な火山活動があったと考えられている。火山活動で溶岩が流れ出ると、表面は冷えて固まるが、内部は熱いまま流れ続ける。その通り道が空洞として残ったとみられる。

    将来、月の有人探査でこの空洞を基地に利用できれば、宇宙放射線や厳しい温度環境の影響を和らげることができ、氷や水を燃料などに活用できる可能性がある。

    JAXA宇宙科学研究所の春山純一助教は「広がりが期待できる縦穴はほかにもある。
    将来的に基地を作るにも絶好の適地」と話している。

    論文は米地球物理学連合の専門誌ジオフィジカル・リサーチ・レターズ(電子版)に掲載された。

    月の空洞のイメージ




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508293899/


    ▼「【宇宙】月の地下に長さ50キロの空洞、探査機「かぐや」で判明」の続きを読む

    アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催

    1 : イセモル ★ 2017/10/06(金) 10:46:54.21 ID:CAP_USER9.net

    AS20171006000830_comm

    米トランプ政権は5日、宇宙政策に関する大統領の助言組織「国家宇宙評議会」を24年ぶりに開催した。議長を務めるペンス副大統領は「米国が再び宇宙開発をリードする。米国の宇宙飛行士を月に向かわせる」と話し、再び月探査へ重点を移す方針を明らかにした。民間企業と協力し、月の探査を足がかりに火星などより離れた天体への探査につなげるという。

    米国はアポロ計画で1969年に人類初の月面有人探査に成功。その後、地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)に人を送ってきたが、2011年のスペースシャトル退役以降は、自前の有人宇宙船を持たず、ロシアのソユーズに頼ってきた。ペンス氏は安全保障面での懸念を示し、「米国は宇宙での優位性を失っている。米国の繁栄と安全、国のアイデンティティーは宇宙でのリーダーシップにかかっている」と述べた。

    月の有人探査計画はブッシュ(子)政権時代に存在したが、10年にオバマ政権が予算不足で打ち切りを表明。代わりに30年代半ばの火星有人探査を打ち出していた。

    引用ここまで全文は下記よりお願いします
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASKB61FN6KB5UHBI03L.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507254414/


    ▼「アメリカ、再び月へ 「国家宇宙評議会」を24年ぶり開催」の続きを読む

    【宇宙】月軌道の宇宙ステーション建設、米ロが協力合意

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506568778/

    1 : 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/28(木) 12:19:38.76 ID:CAP_USER9.net

    no title

     米航空宇宙局(NASA)は27日、月軌道近くに新たな宇宙ステーションを建設する計画について、ロシアの宇宙機関ロスコスモスと協力することで合意したと発表した。オーストラリアで開催中の国際宇宙会議(IAC)で協定に署名した。

     新宇宙ステーションは、NASAが今年初めに打ち出した「ディープ・スペース・ゲートウェー」構想の一環。オバマ政権が打ち出した有人火星探査の前段階として、物資や燃料の補給など、月や火星探査の中継地点にする。AFP通信によると、将来各国が参加することを見越して、基地へのドッキングの仕組みなどの標準技術のすりあわせを行うという。

     現在、米ロは日欧などと地球を周回する国際宇宙ステーション(ISS)を運用しており、培った技術を新構想に生かしたい考えだ。

     ウクライナやシリア問題をめぐって米ロ関係は緊張しているが、ISSの運用など宇宙開発は数少ない協力分野になっている。(ワシントン=香取啓介)

    http://www.asahi.com/articles/ASK9W7F9BK9WUHBI03X.html



    ▼「【宇宙】月軌道の宇宙ステーション建設、米ロが協力合意」の続きを読む

    月の内部はやっぱり乾燥していると判明

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1503928741/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/08/28(月) 22:59:01.39 ID:CAP_USER.net

    表面がさびたように見える月の石に含まれる亜鉛の分析から、月の内部は湿っておらず乾燥しているとする結果が得られた。

    月の歴史や形成について知るうえで、水や揮発性物質などの量は重要な手掛かりを与えてくれる。「月が湿っているのか乾燥しているのかは、ささいなことに聞こえるかもしれませんが、実はとても重要な問題です」(米・スクリップス海洋研究所 James Dayさん)。

    Dayさんたちの研究チームは1972年にアポロ16号のミッションで月面から採取された、「Rusty Rock」と呼ばれる月の石の破片を分析した。

    Rusty Rockの表面は、さびたようになっているが、そのさびには軽い亜鉛の同位体が大量に含まれていることがわかった。これは高温だった月の形成期の間に蒸発した亜鉛が、月の温度が下がるにつれて月面に凝縮した結果できたものかもしれない。

    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9332_moonwater

    1972年4月に行われた「Rusty Rock」の採取の様子(提供:NASA)


    Rusty Rockの表面に見られる金属塩(さび)のクローズアップ(提供:NASA)


    【関連記事】
    【宇宙】月の内部には驚くほど大量の水が蓄えられている。米研究論文


    ▼「月の内部はやっぱり乾燥していると判明」の続きを読む

    【宇宙】月の内部には驚くほど大量の水が蓄えられている。米研究論文

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500952999/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/07/25(火) 12:23:19.23 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000017-jij_afp-sctch

    20170725-00000017-jij_afp-000-3-view

    乾燥して荒涼とした天体と長年考えられてきた月には、地中に驚くほど大量の水が蓄えられているとの研究論文が24日、発表された。地球から月探査にやって来た人々が、この水でのどの渇きを癒やす日が来るかもしれないと研究者は話している。

    論文の共同執筆者で、米ブラウン大学(Brown University)博士課程修了研究者のリ・シュアイ(Shuai Li)氏は、AFPの取材に「今回の研究では、周回探査機の観測データを用いて、月の内部の水を示す痕跡を月全体で確認した」と語った。
    「こうした水は、未来の月探査のための原位置資源として利用される可能性がある」のだという。リ氏は現在、米ハワイ大学(University of Hawaii)の所属。

    月は「完全乾燥」の状態にあるという科学者らの認識が変わったのは約10年前。
    米航空宇宙局(NASA)の有人月探査ミッション「アポロ(Apollo)計画」で地球に持ち帰られた小さなガラス粒子に、生命の必須要素の水が含まれる科学的証拠が発見されてからだと、リ氏は指摘する。

    ブラウン大のチームによる今回の研究は、月の表面全体に分布する多数の火山性堆積物に、周囲の領域に比べて「異常なほど大量の閉じ込められた水」が含まれることを明らかにしている。

    研究チームによると、月の表面下からのマグマの爆発的噴火によって形成されたガラス粒子で構成されると考えられる古代の堆積物で水が発見されたことは、月のマントルが驚くほど水に富んでいるとする説を大きく後押しするという。

    月をめぐっては、太陽系の歴史の初期に火星くらいの大きさの天体が地球に衝突し、その際に飛び散った破片から形成されたと考えられている。しかし、水の形成に必要な水素が、この衝突で発生した熱を切り抜けることは不可能だと科学者らは推測していた。それでも「月の内部に水が存在する証拠が増えていることは、水が何らかの方法でこれを切り抜けたか、もしくは衝突直後の、月がまだ完全には固まっていない時期に、小惑星や彗星(すいせい)によって水が持ち込まれたことを示唆している」と、リ氏は話す。


    ▼「【宇宙】月の内部には驚くほど大量の水が蓄えられている。米研究論文」の続きを読む

    【7月25日】水星が月齢2の細い月によって隠される「水星食」が起こります

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500858646/

    1 : 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2017/07/24(月) 10:10:46.87 ID:CAP_USER9.net

    月が水星の手前を通り過ぎるようすを観察しよう!
    2017年7月
    https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/07-topics02.html


    7月25日に、水星が月齢2の細い月によって隠される「水星食」が起こります。この現象は、日の入りのころ、南西諸島の一部を除く日本全国で西の低空に見られます。
    5日後に水星が太陽から見かけ上もっとも離れる「東方最大離角」を迎える好条件です。

    水星は月の暗い部分に潜入し、細く明るい縁から出現します。(月の向こう側に隠されることを「潜入」、月の向こう側から現れることを「出現」と呼びます。)
    潜入時はまだ空が明るく、観察は難しいでしょう。一方、出現のころには空が暗くなり、観察できるでしょう。ただし出現の時刻には、どの地域においても月と水星の高度がとても低くなります。
    西の低空が開けた場所で、出現のようすを双眼鏡などで観察してみましょう。出現の瞬間を見逃さないよう、少し早めから観察を始めると良いでしょう。

    各地での潜入・出現の時刻は以下の通りです。

    場所 潜入開始 潜入終了 出現開始  出現終了
    那覇 19時26.6分 19時27.4分 19時46.6分 19時47.3分
    福岡 19時00.8分 19時01.1分 19時50.5分 19時50.8分
    京都 18時57.4分 18時57.7分 19時50.3分 19時50.5分
    東京 18時56.0分 18時56.2分 19時49.7分 19時49.9分
    仙台 18時50.6分 18時50.9分 19時46.8分 19時47.0分
    札幌 18時41.4分 18時41.6分 19時40.4分 19時40.6分

    ※詳細は記事をご覧下さい。



    ▼「【7月25日】水星が月齢2の細い月によって隠される「水星食」が起こります」の続きを読む

    【宇宙】ゲームボーイで木星と月の撮影に成功

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1499553705/

    1 : きゅう ★@\(^o^)/ 2017/07/09(日) 07:41:45.54 ID:CAP_USER.net

    オランダ・ライデン大学の学生アレクサンダー・ピエトロウさんが、ゲームボーイのソフトについているデジタルカメラを用いて、木星と月の2ビットのモノクロ写真の撮影に成功した。ピエトロウさんが自身のブログで語っている。

    ピエトロウさんはライデン天文台にある6インチのフラウンホーファー望遠鏡に「ポケットカメラ」を装着。装着には、スマートフォンを望遠鏡などに付けるアダプタ「Gosky Universal Cell Phone Adapter」を使用した。ピエトロウさんによると、最大の難関は、雲のない空を待つことで、数週間待つことになったという。

    ピエトロウさんは、「このカメラで天体写真を撮ることは可能だろうかと考えた。ネットを検索して、誰もこれを試していないことに驚いた」と書いた。

    「ポケットカメラ」は1998年に発売。CMOSセンサ搭載で128x128ピクセルの液晶。画素数は128x112ピクセルだ。1999年、世界最小のデジタルカメラとしてギネスブックに登録された。

    https://twitter.com/chema_conil/status/883228009339248640/photo/1
    DEHbCIWXcAEM64z

    https://twitter.com/karl8k/status/883280940709146624/photo/1
    DEILU_AXgAQvzZz

    https://jp.sputniknews.com/science/201707083857422/



    ▼「【宇宙】ゲームボーイで木星と月の撮影に成功」の続きを読む

    月探査衛星に隕石が激突「弾丸を上回る秒速7キロ」とNASAが発表

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1496051704/

    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/29(月) 18:55:04.16 ID:CAP_USER.net

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20394.html

     地球から約38万キロ離れた月上空を周回中の探査衛星に、隕石が猛スピードでぶつかっていた事実が明らかになった。米航空宇宙局(NASA)の研究チームは、「探査機に隕石が衝突するのは極めて珍しい」として、観測機器は無事だと発表した。

     隕石が衝突したのは、NASAが2009年に打ち上げた月周回無人探査機ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)に搭載されている3つの観測カメラのうちのひとつ。

     月探査プロジェクトを率いるアリゾナ州立大学のマーク・ロビンソン教授によると、2014年10月13日にLROから送られてきた画像に突然、横揺れのような乱れが発生。

     コンピューターを使ったシミュレーションで画像の乱れを再現した結果、わずか0.8ミリ程度の針の先ほどの小さな隕石が、秒速7キロの速さで観測カメラを冷却するためのラジエーター装置に激突したのが原因だと結論づけた。

     ロビンソン教授によると、LROのカメラは1日のうち約10%しか稼働しておらず、この短い観測時間中に隕石がぶつかるのは極めて珍しいと話している。


    ぶつかったときの衝撃を物語る画像の乱れ


    豆粒隕石がぶつかったものと同型の観測カメラ



    ▼「月探査衛星に隕石が激突「弾丸を上回る秒速7キロ」とNASAが発表」の続きを読む

    アポロ11号で月の砂などを採取した袋、7月に競売へ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495528058/

    1 : あずささん ★ 2017/05/23(火) 17:27:38.82 ID:CAP_USER9.net

    1969年に月面着陸したアポロ11号に搭載され、月の物質を初めて地球に輸送した四角形の白い袋が7月、サザビーズで競売にかけられる。最大400万ドル(約4.4億円)の価格が付く可能性があるとみられている。

    「LUNAR SAMPLE RETURN」(月のサンプルリターン)とのラベルが付けられた袋は、初の月面歩行を果たしたニール・アームストロング飛行士が使用したもの。月面で「静かの海」と呼ばれる領域の岩石や砂(ムーンダスト)を採取する際に使用した。

    競売は、月面着陸48周年に合わせ、7月20日に実施。米航空宇宙局(NASA)の担当者は19日の電話インタビューで、このミッション関連物品の合法的な売却は今回が初めてと述べた。

    月面ミッション関連の物品販売は法律で規制されているが、一部は闇市場に出回っているとみられている。

    ダウンロード

    ソース/ロイター
    http://jp.reuters.com/article/apollo-idJPKBN18J0HK



    ▼「アポロ11号で月の砂などを採取した袋、7月に競売へ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る