「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    【人類再び月へ】NASA、2028年に再び月に人類を送る計画発表

    1 : みつを ★ 2019/02/16(土) 05:03:39.50 ID:eVl18ZVi9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190216/k10011817021000.html

    NASA 2028年に再び月に人類 送る計画

    NASA=アメリカ航空宇宙局は14日、民間企業と連携して、およそ半世紀ぶりとなる2028年に、人類を再び月面に送る計画を発表しました。

    NASAはおととし、トランプ大統領が宇宙飛行士を再び月に送ることなどを盛り込んだ新たな宇宙政策に関する文書に署名したことを受けて、民間企業の参入を促しながら、宇宙開発を加速させています。

    ブランデンスタイン長官は、月面には膨大な量の水が氷の状態で存在しているとして、それを飲み水にしたり、水素を作り出してロケットの燃料にしたりして、月での滞在を可能にしたいとしています。

    ことしは1969年に人類が初めて月面に降り立ってから、ちょうど50年で、ブランデンスタイン長官は「今回は足跡と旗を残して帰ってくることではなく、そこにとどまることが目的だ。国際的、商業的なパートナーと持続可能な方法で月を目指す」と述べています。

    astronaut-1082335_640



    4 : 名無しさん@1周年 2019/02/16(土) 05:08:14.80 ID:YKC7Hf/u0.net

    滞在が目的つってもなあ

    とどまってどうすんだ?



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1550261019/


    ▼「【人類再び月へ】NASA、2028年に再び月に人類を送る計画発表」の続きを読む

    月の裏側で剛力彩芽のミイラが発見される

    1 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:23:06.21 ID:wcUwXAfqa.net

    ソース
    4ykucdp



    2 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:23:23.13 ID:DGwtDdeJ0.net

    やりたい放題か



    10 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:25:38.86 ID:2aCL3Dmo0.net

    これは信頼できるソース



    11 : 風吹けば名無し 2019/02/04(月) 13:25:52.03 ID:ogy3Q1Gtd.net

    どうやって見つけたんやろ



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1549254186/


    ▼「月の裏側で剛力彩芽のミイラが発見される」の続きを読む

    【動画】皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される

    1 : しじみ ★ 2019/01/23(水) 15:33:44.45 ID:CAP_USER.net

    ■動画
    Impact on the Moon during the Jan.21 lunar eclipse - YouTube
    https://youtu.be/FNvfBCu-jjI


    アメリカや欧州などで現地時間の20日夜から21日未明にかけて皆既月食が観測されました。この皆既月食は赤く染まって見えるため「スーパーブラッドウルフムーン」と呼ばれて話題になりましたが、その最中にいん石が月にぶつかり、多くの人に観測されています。

    皆既月食の様子はストリーミング配信され、世界中の多くの人が見ていました。以下はMIDAS(Moon Impacts Detection and Analysis System)の研究チームによって捉えられた映像。


    月の表面、矢印で示されている部分は、ムービーでずっと暗い状態でしたが……


    世界時の午前4時41分38秒、ムービーでいうと開始から5秒あたりでチカッと光がともります。


    光が瞬いたのはわずかな時間でしたが、これを発見した人が「月にいん石が衝突したのではないか?」と海外掲示板のredditにスレッドを立てます。そしてスペインにあるウエルバ大学の研究者・Jose M. Madiedo氏がこの現象をいん石の衝突であると確認したとのこと。これまではその明るさから観測が難しかったそうです。 

    Madiedo氏らはまだいん石のサイズを正式に計算していませんが、だいたいアメリカンフットボールぐらいの大きさで、重さは2kgほどだったとみています。

    https://gigazine.net/news/20190123-meteorite-total-lunar-eclipse/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1548225224/


    ▼「【動画】皆既月食中の月にいん石が衝突、その様子が世界に配信される」の続きを読む

    NASA、月探査で中国との連携を公表

    1 : 次郎丸 ★ 2019/01/20(日) 23:17:14.65 ID:N2chWH8E9.net

    米航空宇宙局(NASA)は18日、月探査の取り組みで中国国家航天局と連携していることを公表した。

     NASAのトーマス・ザブーケン科学局長はこの日ツイッターに、
    「NASAは必要な承認を連邦議会から得た上で、中国の無人探査機『嫦娥4号』による月着陸の痕跡を米国の宇宙船の装置で観測できるか、中国側と協議してきた」と投稿した。

     ザブーケン氏の投稿は、中国の月探査計画で副責任者を務めている呉艷華氏が14日に公表した内容を裏付けるもの。
    呉氏は、NASAが米国の衛星で収集した情報を共有する一方、中国は米国側に緯度や経度、着陸時間について「良いタイミングで」伝えたことを明らかにしていた。

     当初はNASAの無人月探査機「ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)」が、今月3日の嫦娥4号による歴史的な月着陸を観測することを期待し、NASAはLROの予定軌道経路について中国側に知らせたものの、位置とタイミングが合わないことが判明。
    「さまざまな理由により(嫦娥4号の)着陸時にLROの軌道をベストの位置に調整することはできなかった」という。

     それでもLROは1月31日、嫦娥4号の着陸地点上を通過する際に画像を撮影する予定となっている。

    001

    http://www.afpbb.com/articles/-/3207255?act=all



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547993834/


    ■注目記事

    2 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:17:35.40 ID:jebcgZyZ0.net

    ロシアとだってやったんだし



    9 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:20:40.16 ID:zNkbJUz50.net

    連携っていうか、”監視”だろw
    中国が何しでかすか不明だから見せろってことw



    11 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:21:03.72 ID:oOSezRvD0.net

    いやな予感が…



    15 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:21:50.79 ID:2H+OVOAx0.net

    かつて米ソが競ったような宇宙開発競争が、こんどは中米で行なわれるのか。
    胸熱だな。



    16 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:22:03.09 ID:Hs8D5dv20.net

    ついに、宇宙開発で一歩先を行く中国を無視できなくなった



    18 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:22:56.24 ID:OSKK6KEG0.net

    中国の月面裏着陸はガチだったと認めた様なもんだな



    25 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:24:38.12 ID:/i//5FKZ0.net

    月まで赤くなるのか



    30 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:26:53.96 ID:pw9igU9t0.net

    宇宙開発はどんどんやるべきなんだよな
    危険だし金かかるしであまりやりたがる国がないけど
    はやくスペースコロニーの1基でも建造してくれよ



    31 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:27:51.13 ID:EZt0yHIf0.net

    あらあら



    33 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:29:19.08 ID:Hs8D5dv20.net

    この分だと5Gも中国だな



    36 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:33:32.30 ID:tcbxN/fg0.net

    脅威度判定だろ



    38 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:34:42.75 ID:2H+OVOAx0.net

    宇宙開発が前進するなら、どこの国が主導でも構わない。



    40 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:35:44.63 ID:zLuRL9n80.net

    アメリカも分別がねーんだな。見損なったわ。



    44 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:40:51.10 ID:EeGOQM7B0.net

    我々もロシアと連携しようぜ。



    46 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:45:04.69 ID:90QIfMPP0.net

    本当に着陸したのか、チェックする気だろうな



    47 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:47:10.01 ID:OtPNYcRw0.net

    これ、記事を読む限りNASAの探査機で中国の探査機の着陸事実を確かめるために着陸場所や日時を教えてもらったというだけの話でしょ。 



    50 : 名無しさん@1周年 2019/01/20(日) 23:57:00.28 ID:ROGvSIxX0.net

    表に着陸してから裏面ならわかるが
    いきなり裏やるとこがなあw
    画像出てないから多少ムチャクチャでもわからん
    という算段だろ



    68 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 03:54:41.54 ID:Y+oVpxG20.net

    >>50
    2013年に嫦娥3号で表に着陸して月面車を起動させてる
    今回は嫦娥4号と中継衛星を通した人類初の裏着陸ミッション



    52 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 00:03:21.46 ID:AVND5As10.net

    あーこれは、NASAもう駄目かもしれんね



    60 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 00:51:37.56 ID:4yu8R76v0.net

    >>52
    有人打ち上げをロシアに頼ってる時点でプライドなんてとっくに無いだろ
    スペースXのロケット映像で外人がUSAうるさいのは、NASAが情け無いことの裏返し



    58 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 00:30:20.44 ID:SAeP7iDe0.net

    未だにあんなもんを信じる奴とかいるのか



    57 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 00:28:51.97 ID:SHlcnbkc0.net

    さすがに着陸してるだろ
    考え過ぎなんだよ 捏造捏造って



    67 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 03:50:12.89 ID:I2G0oki30.net

    実はアメリカのアポロが捏造なので・・・



    78 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 09:35:26.55 ID:PFFIpMxk0.net

    ロシアならともかく、中国と組んだら終わりだな



    72 : 名無しさん@1周年 2019/01/21(月) 07:31:32.16 ID:8Z0mXrG00.net

    気をつけNASAい



    ■オススメの記事

    【中国】月面で綿花の発芽に成功

    1 : みつを ★ 2019/01/15(火) 16:28:15.92 ID:FrzhW87g9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778451000.html

    月面で綿花の発芽に成功 探査機の実験で 中国メディア
    K10011778451_1901151545_1901151608_01_02

    月の裏側で探査を行っている中国の月面探査機「嫦娥4号」で植物の生育実験が行われ、中国メディアは、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功した、と伝えました。

    中国の無人の月面探査機「嫦娥4号」は今月3日世界で初めて月の裏側に着陸し、搭載していた探査車の「玉兎2号」を月面に降ろして地質の構造や資源の有無などを調査しています。

    また探査機の中では地球から持ち込んだ植物の種の生育実験が行われ、国営の中国中央テレビは15日、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功したと伝えました。

    月は昼と夜の寒暖の差が激しく植物が育つのが難しいため、実験は温度を一定に保つ特殊な容器の中で行われ、中国中央テレビの画像には綿花の種から緑色の芽が出ているのが写っています。

    またこの容器の中にはカイコの卵やじゃがいもの種も入っていて、ふ化したカイコが排出した二酸化炭素で植物が光合成を行う「小さな生態系」を作る実験も行われているということです。 



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547537295/


    ▼「【中国】月面で綿花の発芽に成功」の続きを読む

    【宇宙】史上初、中国探査機が月の裏側に着陸成功 月面からの画像を送信

    1 : ばーど ★ 2019/01/03(木) 17:42:54.54 ID:CAP_USER9.net

    https://twitter.com/XHNews/status/1080693793052024832








    中国探査機、月裏側に着陸 - 共同通信 | This Kiji
    【北京共同】中国国営の中央テレビによると、中国の無人探査機「嫦娥4号」が3日、世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功した。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1546504974/


    ▼「【宇宙】史上初、中国探査機が月の裏側に着陸成功 月面からの画像を送信」の続きを読む

    【宇宙】中国無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」、月の裏側着陸へ軌道進入に成功

    1 : しじみ ★ 2018/12/30(日) 19:05:46.23 ID:CAP_USER.net

    中国国営新華社通信は30日、世界で初めて月の裏側への着陸を目指す無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が30日、予定していた月面軌道への進入に成功したと報じた。1月にも着陸を試みる模様だが、報道は着陸時期には触れていない。

     嫦娥4号は12月8日、運搬ロケットに搭載して四川省から打ち上げられた。新華社通信は、宇宙開発を担う国家航天局などの話として、嫦娥4号が12日に初めて月面軌道に乗り、30日朝、「月の裏側に着陸する準備のため」に別の軌道に進入したと伝えた。この軌道は月面から約15~100キロ・メートルを通っているという。

    ■嫦娥四号成功发射 开启人类首次月球背面软着陆探测之旅 |
    Chang’e 4 launches China’s bid to be first ...
    https://youtu.be/G1sANzRj4Ks


    https://www.yomiuri.co.jp/science/20181230-OYT1T50068.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1546164346/


    ▼「【宇宙】中国無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」、月の裏側着陸へ軌道進入に成功」の続きを読む

    「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、アメリカで観測へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/12/29(土) 14:21:49.53 ID:p8zDETQP0●.net BE:201615239-2BP(2000)

    米国で来年1月21日、皆既月食が観測される。月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」、皆既月食の際に月が赤く見える「ブラッドムーン」、1月最初の満月である「ウルフムーン」が組み合わさり、「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」となる。

    NASAによれば、21日の皆既月食では月が地球に最接近し、普段よりも大きく明るく見える。この現象はしばしば「スーパームーン」と呼ばれる。

    皆既月食は「ブラッドムーン」と呼ばれることが多い。太陽、地球、月が一直線に並んだ際、地球の大気を通過した太陽光で月が赤く見えるためだ。
    月食が起きるのは満月の時のみで、1月の最初の満月は「ウルフムーン」として知られていることから、多くの人はこのイベントを「スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス」と呼んでいる。

    北米と南米では東部標準時間の午前0時12分ごろ、このショーを観測できる。欧州とアフリカの西部でも観測できる見通しだ。

    oraa-00000006-super-169

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35130793.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1546060909/


    ▼「「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、アメリカで観測へ」の続きを読む

    【中国】世界初、月の裏側へ着陸目指す無人探査機の打ち上げ成功

    1 : みつを ★ 2018/12/08(土) 05:10:27.76 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181208/k10011739471000.html

    世界初 月の裏側へ 無人探査機の打ち上げ成功 中国
    K10011739471_1812081100_1812081102_01_03

    中国国営の新華社通信は、日本時間の8日午前3時半前、世界で初めて、月の裏側への着陸を目指す無人の探査機「嫦娥4号」を中国が打ち上げ、打ち上げは成功したと伝えました。

    地球からは見ることができない月の裏側は、地球と直接、通信することができないため、難易度が高く、成功すれば宇宙開発の大国・アメリカとロシアに先駆けての探査となります。

    月の表面には、太陽の光が常に当たらない場所があり、そうした場所には人類が宇宙空間で長期間滞在するために必要な水が氷の状態で蓄えられていると考えられていて、今回の探査で氷の存在などが直接確認されるのかも注目されています。

    中国の月の探査計画は宇宙開発の重要な柱として2003年にスタートし、3つの段階に分けて進められています。

    「第1段階」は、「月の周回軌道から月の地形などを調べる」というもので、2007年と2010年にそれぞれ探査衛星を打ち上げ、月の立体画像を撮影しました。

    「第2段階」は、「無人探査機を月面に着陸させて地質構造や資源などを調べる」というもので、2013年に、無人の探査車両を使って月面を調査しました。今回の「嫦娥4号」もこの「第2段階」の1つです。

    そして「第3段階」は、「月の表面から岩石などのサンプルを地球に持ち帰る」というもので、再来年・2020年ごろまでに無人探査機を2回打ち上げる計画です。このほか、中国は月の有人探査や月面基地の建設にも意欲を示しています。

    一方、中国は宇宙空間の利用を平和目的だと強調していますが、宇宙開発の計画には、軍が深く関わっていて、国際社会からは、宇宙空間の軍事利用が盛んになるという懸念の声も出ています。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544213427/


    ▼「【中国】世界初、月の裏側へ着陸目指す無人探査機の打ち上げ成功」の続きを読む

    【宇宙】小さな月の石3個で9700万円! 競売でアメリカ人コレクターが落札

    1 : 空中戦艦バルログ ★ 2018/12/02(日) 03:23:47.79 ID:CAP_USER9.net

    1970年に旧ソビエトの無人探査機が月から持ち帰った直径1ミリほどの石3個がアメリカで競売にかけられ、合わせて約9700万円で落札されました。

    落札されたのは、旧ソビエトが月の探査に取り組んだ「ルナ計画」で、1970年に無人探査機が月から持ち帰った直径1ミリから2ミリほどの石3個です。

    これらの石は、旧ソビエトで月の探査計画などを指揮し「宇宙開発の父」と呼ばれたセルゲイ・コロリョフ氏が亡くなったあと、その功績をたたえてコロリョフ氏の妻に贈られましたが、1993年にオークションにかけられ、アメリカ人のコレクターが競り落としていました。

    このほど、25年ぶりにこれらの石がニューヨークで競売にかけられ、別のアメリカ人のコレクターが合わせて85万5000ドル(日本円9700万円余り)で落札しました。

    オークション会社によりますと、個人が所有していると確認されている月の石は、世界でこの3個だけで、当初から高額での落札が予想されていたということです。

    no title

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181201/k10011730411000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543688627/


    ▼「【宇宙】小さな月の石3個で9700万円! 競売でアメリカ人コレクターが落札」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る