「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    【中国】月面で綿花の発芽に成功

    1 : みつを ★ 2019/01/15(火) 16:28:15.92 ID:FrzhW87g9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778451000.html

    月面で綿花の発芽に成功 探査機の実験で 中国メディア
    K10011778451_1901151545_1901151608_01_02

    月の裏側で探査を行っている中国の月面探査機「嫦娥4号」で植物の生育実験が行われ、中国メディアは、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功した、と伝えました。

    中国の無人の月面探査機「嫦娥4号」は今月3日世界で初めて月の裏側に着陸し、搭載していた探査車の「玉兎2号」を月面に降ろして地質の構造や資源の有無などを調査しています。

    また探査機の中では地球から持ち込んだ植物の種の生育実験が行われ、国営の中国中央テレビは15日、月で初めて綿花の種を発芽させるのに成功したと伝えました。

    月は昼と夜の寒暖の差が激しく植物が育つのが難しいため、実験は温度を一定に保つ特殊な容器の中で行われ、中国中央テレビの画像には綿花の種から緑色の芽が出ているのが写っています。

    またこの容器の中にはカイコの卵やじゃがいもの種も入っていて、ふ化したカイコが排出した二酸化炭素で植物が光合成を行う「小さな生態系」を作る実験も行われているということです。 



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547537295/


    ▼「【中国】月面で綿花の発芽に成功」の続きを読む

    【宇宙】史上初、中国探査機が月の裏側に着陸成功 月面からの画像を送信

    1 : ばーど ★ 2019/01/03(木) 17:42:54.54 ID:CAP_USER9.net

    https://twitter.com/XHNews/status/1080693793052024832








    中国探査機、月裏側に着陸 - 共同通信 | This Kiji
    【北京共同】中国国営の中央テレビによると、中国の無人探査機「嫦娥4号」が3日、世界で初めて月の裏側への軟着陸に成功した。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1546504974/


    ▼「【宇宙】史上初、中国探査機が月の裏側に着陸成功 月面からの画像を送信」の続きを読む

    【宇宙】中国無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」、月の裏側着陸へ軌道進入に成功

    1 : しじみ ★ 2018/12/30(日) 19:05:46.23 ID:CAP_USER.net

    中国国営新華社通信は30日、世界で初めて月の裏側への着陸を目指す無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が30日、予定していた月面軌道への進入に成功したと報じた。1月にも着陸を試みる模様だが、報道は着陸時期には触れていない。

     嫦娥4号は12月8日、運搬ロケットに搭載して四川省から打ち上げられた。新華社通信は、宇宙開発を担う国家航天局などの話として、嫦娥4号が12日に初めて月面軌道に乗り、30日朝、「月の裏側に着陸する準備のため」に別の軌道に進入したと伝えた。この軌道は月面から約15~100キロ・メートルを通っているという。

    ■嫦娥四号成功发射 开启人类首次月球背面软着陆探测之旅 |
    Chang’e 4 launches China’s bid to be first ...
    https://youtu.be/G1sANzRj4Ks


    https://www.yomiuri.co.jp/science/20181230-OYT1T50068.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1546164346/


    ▼「【宇宙】中国無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」、月の裏側着陸へ軌道進入に成功」の続きを読む

    「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、アメリカで観測へ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/12/29(土) 14:21:49.53 ID:p8zDETQP0●.net BE:201615239-2BP(2000)

    米国で来年1月21日、皆既月食が観測される。月が通常よりも大きく見える「スーパームーン」、皆既月食の際に月が赤く見える「ブラッドムーン」、1月最初の満月である「ウルフムーン」が組み合わさり、「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」となる。

    NASAによれば、21日の皆既月食では月が地球に最接近し、普段よりも大きく明るく見える。この現象はしばしば「スーパームーン」と呼ばれる。

    皆既月食は「ブラッドムーン」と呼ばれることが多い。太陽、地球、月が一直線に並んだ際、地球の大気を通過した太陽光で月が赤く見えるためだ。
    月食が起きるのは満月の時のみで、1月の最初の満月は「ウルフムーン」として知られていることから、多くの人はこのイベントを「スーパー・ブラッド・ウルフムーン・エクリプス」と呼んでいる。

    北米と南米では東部標準時間の午前0時12分ごろ、このショーを観測できる。欧州とアフリカの西部でも観測できる見通しだ。

    oraa-00000006-super-169

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35130793.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1546060909/


    ▼「「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」、アメリカで観測へ」の続きを読む

    【中国】世界初、月の裏側へ着陸目指す無人探査機の打ち上げ成功

    1 : みつを ★ 2018/12/08(土) 05:10:27.76 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181208/k10011739471000.html

    世界初 月の裏側へ 無人探査機の打ち上げ成功 中国
    K10011739471_1812081100_1812081102_01_03

    中国国営の新華社通信は、日本時間の8日午前3時半前、世界で初めて、月の裏側への着陸を目指す無人の探査機「嫦娥4号」を中国が打ち上げ、打ち上げは成功したと伝えました。

    地球からは見ることができない月の裏側は、地球と直接、通信することができないため、難易度が高く、成功すれば宇宙開発の大国・アメリカとロシアに先駆けての探査となります。

    月の表面には、太陽の光が常に当たらない場所があり、そうした場所には人類が宇宙空間で長期間滞在するために必要な水が氷の状態で蓄えられていると考えられていて、今回の探査で氷の存在などが直接確認されるのかも注目されています。

    中国の月の探査計画は宇宙開発の重要な柱として2003年にスタートし、3つの段階に分けて進められています。

    「第1段階」は、「月の周回軌道から月の地形などを調べる」というもので、2007年と2010年にそれぞれ探査衛星を打ち上げ、月の立体画像を撮影しました。

    「第2段階」は、「無人探査機を月面に着陸させて地質構造や資源などを調べる」というもので、2013年に、無人の探査車両を使って月面を調査しました。今回の「嫦娥4号」もこの「第2段階」の1つです。

    そして「第3段階」は、「月の表面から岩石などのサンプルを地球に持ち帰る」というもので、再来年・2020年ごろまでに無人探査機を2回打ち上げる計画です。このほか、中国は月の有人探査や月面基地の建設にも意欲を示しています。

    一方、中国は宇宙空間の利用を平和目的だと強調していますが、宇宙開発の計画には、軍が深く関わっていて、国際社会からは、宇宙空間の軍事利用が盛んになるという懸念の声も出ています。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1544213427/


    ▼「【中国】世界初、月の裏側へ着陸目指す無人探査機の打ち上げ成功」の続きを読む

    【宇宙】小さな月の石3個で9700万円! 競売でアメリカ人コレクターが落札

    1 : 空中戦艦バルログ ★ 2018/12/02(日) 03:23:47.79 ID:CAP_USER9.net

    1970年に旧ソビエトの無人探査機が月から持ち帰った直径1ミリほどの石3個がアメリカで競売にかけられ、合わせて約9700万円で落札されました。

    落札されたのは、旧ソビエトが月の探査に取り組んだ「ルナ計画」で、1970年に無人探査機が月から持ち帰った直径1ミリから2ミリほどの石3個です。

    これらの石は、旧ソビエトで月の探査計画などを指揮し「宇宙開発の父」と呼ばれたセルゲイ・コロリョフ氏が亡くなったあと、その功績をたたえてコロリョフ氏の妻に贈られましたが、1993年にオークションにかけられ、アメリカ人のコレクターが競り落としていました。

    このほど、25年ぶりにこれらの石がニューヨークで競売にかけられ、別のアメリカ人のコレクターが合わせて85万5000ドル(日本円9700万円余り)で落札しました。

    オークション会社によりますと、個人が所有していると確認されている月の石は、世界でこの3個だけで、当初から高額での落札が予想されていたということです。

    no title

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181201/k10011730411000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543688627/


    ▼「【宇宙】小さな月の石3個で9700万円! 競売でアメリカ人コレクターが落札」の続きを読む

    2040年に1泊4億円の月リゾートホテルオープン? 清水建設が構想語る

    1 : スヌスムムリク ★ 2018/11/13(火) 23:21:44.13 ID:CAP_USER9.net

    月や月の近傍空間、さらに火星へ向かう宇宙開発は発展が見込まれる「未来市場」と言われ、世界中の動きが活発化している。
    宇宙開発の市場規模は2016年で約35兆円。2040年には300兆円ともいわれる。



    ■超富裕層向けホテルは水1リットルが9万1000円

    2040年、月に1000人が暮らし、年間1万人の旅行者が訪れる時代。旅行者が訪れるなら、当然ホテルが必要になる。

    居住ワーキンググループのリーダーである清水建設フロンティア開発室の鵜山尚大氏の発表によると、月の赤道近くに作られたリゾートホテルの宿泊プランは1泊4億円で2泊から。
    ホテル周辺のアトラクション利用料は1日1億円。イベント開催費は30億円から。宿泊可能日数は年間144日(月の昼の期間のみ)。宿泊可能人数は1日50人で従業員は10人。月2回のイベント開催を見込む。

    1泊4億円のホテルって、いったい誰が泊まるのだろう?ホテルのメインターゲットは資産50億円以上の超富裕層だ。英国企業の2018年のレポートによると、この層の人口は世界で12万9000人存在するという。

    ※続きはソース元で

    画像:月の水資源を利用すれば火星への燃料補給基地ができる(イメージ)



    サイト:清水建設の「宇宙ホテル構想」を紹介したページ
    https://www.shimz.co.jp/topics/dream/content04/
    img_index_01

    https://project.nikkeibp.co.jp/atcldgl/feature/101700015/110900005/ 


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542118904/


    ▼「2040年に1泊4億円の月リゾートホテルオープン? 清水建設が構想語る」の続きを読む

    【宇宙】月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字を確認、撮影に成功

    1 : フリーキック ★ 2018/11/06(火) 23:00:49.23 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/article/detail/15552862/

    8a1c3_1509_7cfa99c5_df093e37

    月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字が映っているように見える地形を、愛媛県の天体愛好家、竹尾昌さんが確認し、撮影に成功した。

     写真は3日付の米航空宇宙局(NASA)の「今日の天文写真」に選ばれた。

     「LOVE」が確認されたのは、今年3月24日に撮影した上弦の月の写真。NASAが公開した写真では、明暗の境界線付近のほぼ中央に「V」が、下部に「L」と裏返しの「E」があるのが見える。「O」は境界線付近のクレーターのうちの一つだ。光と影の条件がうまく合って、それぞれの地形で文字が浮かんで見える。

     それを知った日本の国立天文台の研究者が、NASAに情報提供したところ、選ばれた。竹尾さんは以前から天体観察イベントを主催するなどし、月表面のアルファベット探しを続けていた。NASAのサイトに写真が掲載されたことについて、「考えてもみなかったことで、非常に名誉です」と喜んでいる。

     写真はNASAのホームページ(https://apod.nasa.gov/apod/ap181103.html)から見ることが出来る。次に条件が整い、「LOVE」を見つけることができるのは11月15日だという。(小坪遊)



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541512849/


    ▼「【宇宙】月の表面にアルファベットの「LOVE」の4文字を確認、撮影に成功」の続きを読む

    【宇宙】月の宇宙基地、建設費最大4200億円 8年後の完成目指す

    month-673824_640

    1 : 鴎 ★ 2018/10/24(水) 08:53:16.11 ID:CAP_USER9.net

     米国が建設を計画している月上空の宇宙基地について、建設費が最大4200億円になるという試算を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)がまとめたことがわかった。23日に開かれた文部科学省の有識者会合でJAXAが明らかにした。

     JAXAによると、新たな基地の重さは国際宇宙ステーション(ISS)の約6分の1にあたる約70トンで、4人の宇宙飛行士が滞在できる。米航空宇宙局(NASA)は2026年頃の完成を目指し、日本も参加に向けた検討を進めている。

     JAXAがNASAからの情報などを基に試算した結果、基地の建設費は3100億円~4200億円になったという。JAXAはこの日の会合で、長期滞在に必要な水の再生や二酸化炭素の除去技術などで貢献し、日本人宇宙飛行士の月面探査の実現につなげたいとの考えを示した。ただ、日本が参加する場合の負担額は明言しなかった。

    https://www.yomiuri.co.jp/science/20181023-OYT1T50110.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1540338796/


    ▼「【宇宙】月の宇宙基地、建設費最大4200億円 8年後の完成目指す」の続きを読む

    月の隕石が6900万円で落札 重さは5・4キロ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/20(土) 17:09:34.26 ID:d9zt0Lwe0●.net BE:121394521-2BP(3112)

     ボストンのRRオークション社が出品していた月からの隕石が61万2500ドル(約6900万円)で落札された。

     この隕石は昨年にアフリカ北西部のモーリタニアで発見されたもので、破片状になった6つの石がパズルのように組み合わさった形となっている。

     AP通信によれば出品したのはベトナム・ハナム省の寺院の代表者で、6つの石の重さの合計は5・4キロ。そのサイズの大きさから貴重な隕石という評価を得ていた。

     なおRRオークション社の当初の予想落札価格は50万ドル(約5600万円)だった。

    20181020-00000136-spnannex-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000136-spnannex-soci



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1540022974/


    ▼「月の隕石が6900万円で落札 重さは5・4キロ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る