気になる出来事とみんなの反応をまとめたサイト「コノユビニュース」です

    人気サイトヘッドライン

    残骸

    【米軍】行方不明のステルス機F35、残骸発見


    1 :

     米サウスカロライナ州で、操縦士が緊急脱出した後に行方不明になっていたステルス戦闘機F35の残骸が発見された。米軍が18日、発表した。1機8000万ドル(約118億円)もする戦闘機の行方不明「事件」をめぐっては、インターネット上で嘲笑の的ともなっていた。

     当局のXへの投稿によると、残骸が見つかったのはチャールストン統合基地の北に位置する同州ウィリアムズバーグ郡。

     同機は17日、操縦士が詳細不明の理由で緊急脱出した後、消息を絶った。基地はソーシャルメディアで「情報があれば通報を」と呼び掛けていた。

     機種はF35ライトニングIIで、レーダーに探知されにくいステルス性の高さが特徴。ウクライナや同盟国から強い関心が寄せられている。



    ◆関連




    12 :

    緊急脱出した地点から離れた場所で見つかったとしたら、
    そこまでパイロットなしで飛んで行ったことになる。



    104 :

    >>12
    自動操縦で飛んでったから見付からなくて困り果ててた訳でして



    ▼「【米軍】行方不明のステルス機F35、残骸発見」の続きを読む

    【定期】中国の大型ロケット残骸、無制御で落下へ

    china-g957aee738_640

    1 :

    米国の調査研究機関「エアロスペース・コーポレーション」によると、中国が10月31日に打ち上げた大型ロケットの残骸が日本時間4日午後8時20分の前後3時間に大気圏に再突入する見通しだ。同機関はロケットの主要部分(約22・5トン)が無制御のまま大気圏に再突入し、残骸の一部が燃え尽きずに地表に落下する恐れがあると説明している。

    ロケットは中国独自の宇宙ステーション建設用に開発された「長征5号B」(全長約54メートル)で、実験棟「夢天」を搭載して打ち上げられた。

    中国が2020年5月に同型のロケットを打ち上げた際には、残骸の一部が西アフリカ・コートジボワールの民家に落下したとロイター通信などが報じていた。




    2 :

    俺が引き受ける!



    5 :

    ミットはめて待ってる



    ▼「【定期】中国の大型ロケット残骸、無制御で落下へ」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      はじめまして。まとめブログ「コノユビニュース」です。 botじゃないです。連絡はDMで。よろしくお願いします🙇🙇🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      楽天市場
      逆アクセスランキング
        スポンサーリンク
        最新コメント
        カテゴリー
        アーカイブ
        アクセスカウンタ
        • 今日:
        • 昨日:
        • 累計:

        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサーリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ