「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    気象衛星

    韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障 政府関係者「日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」

    1 : fusianasan 2018/02/13(火) 13:13:24.32 0.net

    20180213111435-1

    韓国の天気予報に活用されてきた衛星が2日間作動していないことが分かった。韓国日刊紙の東亜日報は13日、「韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』が2日以上作動してないことが明らかになった」とし「障害で一日以上作動してないことが明らかになった」とし「障害で一日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来初めてであり、日本側の衛星映像を活用している」と伝えた。

    東亜日報の報道によると、11日午前5時44分ごろ「千里眼1号」のメインコンピューターが突然故障し、現在まで復旧していないという。韓国航空宇宙研究院は衛星に搭載された補助コンピューターで原因を把握中だ。ある関係者は「電子装備が長期間にわたり宇宙放射線を浴びたうえ、老朽化して問題が発生したようだ」と話した。

    「千里眼1号」から映像を受けて天気予報に活用してきた韓国気象庁は日本の衛星映像を受信して天気予報をしている。特に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間であるため天気予報の重要性は大きい。ある政府関係者は「よりによって平昌五輪が開かれる重要な時期に故障し、日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」と話したと、東亜日報が伝えた。

    http://japanese.joins.com/article/586/238586.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1518495204/


    ▼「韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障 政府関係者「日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」」の続きを読む

    【宇宙】気象衛星ひまわり9号が静止軌道に 来年3月から8号のバックアップ衛星として運用

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1478962503/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 23:55:03.52 ID:CAP_USER.net

    ひまわり9号が静止軌道に、8号のバックアップ衛星

    気象庁は11日、2日に打ち上げられた気象衛星ひまわり9号が東経140度の赤道上空約3万6000キロにある静止軌道に乗ったと発表した。
    今後、性能の確認試験を行い、来年3月から8号のバックアップ衛星として運用される。
     
    気象庁によると、ひまわり9号は現在運用中の8号と性能の同じ同型機で、2機による安定した観測体制が確立された。
    太陽電池パネルやアンテナも無事に展開できているという。
     
    ひまわり9号は2022年から8号と交代して気象観測を行う予定。

    himawari89_overview

    ▽引用元:産経ニュース 2016.11.11 23:53
    http://www.sankei.com/life/news/161111/lif1611110037-n1.html 



    3 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 00:06:22.00 ID:73QGw4wL.net

    二つの衛星による撮影で、3D映像化するんじゃないのか



    15 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/11/13(日) 03:53:13.91 ID:AoErh66y.net

    >>3
    そう思うよな
    立体視が可能になるんじゃね



    ▼「【宇宙】気象衛星ひまわり9号が静止軌道に 来年3月から8号のバックアップ衛星として運用」の続きを読む

    【宇宙】米国の気象衛星が軌道上で分解、宇宙ゴミが発生か - 米軍発表

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1448615749/

    1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ sageteoff 2015/11/27(金) 18:15:49.50 ID:CAP_USER.net

    鳥嶋真也  [2015/11/26]
    米戦略軍の統合宇宙運用センター(JSpOC)は11月25日(現地時間)、米海洋気象庁(NOAA)の気象衛星「NOAA-16」が軌道上で分解したと発表した。
    詳しい状況はまだ不明だが、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)が発生したことが確認されている。

    JSpOCによると、分解したのは日本時間11月25日17時16分(協定世界時同日8時16分)とされる。
    JSpOCは世界各地に設けられたレーダーや望遠鏡で、地球の周回軌道上にある大小さまざまな物体の監視を行っている。

    現時点で、分解の原因は明らかになっていない。考えられる原因として、他の人工衛星やデブリとの衝突や、衛星内の燃料やバッテリーの爆発などが挙げられる。

    また、発生したデブリの数や軌道も明らかになっていないが、26日朝の段階でJSpOCは「現時点では、NOAA-16の破片が他の衛星に危険を及ぼすことはない」と発表している。

    ただ、NOAA-16が周回していた高度約850km、軌道傾斜角98度の太陽同期軌道は、地球の大気がほとんどないため、デブリの軌道にもよるが、おおむね年単位で軌道に留まり続けることになると見られる。また、摂動などの影響で軌道も変わるため、いずれ他の衛星などと衝突する可能性がないわけではない。

    NOAA-16はロッキード・マーティンが開発した気象衛星で、2000年に打ち上げられた。設計寿命は2年とされていたが、その予定をはるかに超えて運用が続けられ、2005年には同じ年の5月に打ち上げられた「NOAA-18」に気象観測ミッションを引き継ぎ、以降は予備機として運用されていた。しかし、2014年6月5日に衛星が故障し、復旧の見込みが立たなかったため、6月9日に運用を終了していた。



    NOAA-16の想像図 (C)NOAA


    打ち上げ前のNOAA-16 (C)NASA

    【同型機はバッテリーの爆発でデブリ化】
    NOAA-16は「タイロスN」という衛星バスを使用して造られているが、このバスを使う衛星の一部には、設計上の欠陥により、配線を留めているハーネスが外れ、配線がバッテリーに触れて短絡(ショート)を起こし、バッテリーが過充電状態となって爆発する可能性があることがわかっている。

    実際に過去には、「NOAA-6」、「NOAA-7」、「NOAA-8」でバッテリーの爆発が原因と見られる故障が起き、少数ながらデブリが発生したことも確認されている。

    また、米国防総省の気象衛星「DMSP」のうち、同じタイロスNバスを使っている「DMSP F11」が2004年に、「DMSP F13」が2015年に、バッテリーの爆発が原因と見られる事故によってデブリが発生している。そのため、今回のNOAA-16も同じ原因である可能性がある。

    http://news.mynavi.jp/news/2015/11/26/478/?rt=top

    参考
    ・Space-Track.Org
     https://www.space-track.org/
    ・JSpOC(@JointSpaceOps)さん | Twitter
     https://twitter.com/JointSpaceOps
    ・POES
     http://poes.gsfc.nasa.gov/noaa-heritage.html
    ・NOAA retires NOAA-16 polar satellite
     http://www.noaanews.noaa.gov/stories2014/20140609_goes16.html



    ▼「【宇宙】米国の気象衛星が軌道上で分解、宇宙ゴミが発生か - 米軍発表」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る