1 : @Sunset Shimmer ★ 2015/05/24(日) 21:38:14.55 ID:ujFLoCbD*.net




毎日新聞 2015年05月24日 21時10分(最終更新 05月24日 21時15分)

河口湖の水位の低下で歩いて行けるようになった「六角堂」。本来の湖底を歩く観光客=山梨県富士河口湖町で2015年5月24日午前10時56分撮影

 富士山のふもと、河口湖の水位が下がり、いつもは湖面に浮かんでいる「浮き島」が陸続きになっている。「新たな富士山の撮影スポット」と観光客らに人気だ。

 日蓮にちなむ「六角堂」がある浮島は湖岸から約120メートルの場所にあり、舟で行き来する。富士山が世界遺産登録された2013年春から秋にかけても同じように水位低下で地続きになったという。

 地元・山梨県富士河口湖町の担当者は「冬場の雪が少なかったからでは」と話すが、水位低下の原因は不明。「珍しい景観をぜひ味わって」と観光業者のPR熱はもりもりの様子だ。【小田切敏雄】

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20150525k0000m040089000c.html



▼「【山梨】 河口湖「浮き島」が陸続きに」の続きを読む