「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    流れ星

    【人工流れ星プロジェクト】宇宙に大量のビー玉を放出して流れ星を作ろうという女さんが現れるwwwwww

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504314850/

    1 : 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:323057825-PLT(12000).net

    人工衛星から、ビー玉ほどの大きさの玉を宇宙空間に放出する。すると、地上からそれが「流れ星」にみえる。

    岡島礼奈さんは、「人工流れ星」をつくりだしてビジネスにつなげる、宇宙ベンチャー企業「ALE(エール)」を立ちあげた起業家だ。

    企業の名前は好きなビールの種類から。大学の研究者やアーティストらが仲間に加わる。2018年中に人工衛星を打ち上げ、2019年に広島県の瀬戸内海で初めてのショーを開く予定だ。

    岡島さんの話を聞こうと、8月6日、東京都中央区のクボタ東京本社に高校生29人が集まった。

    岡島さんの言葉を紹介します。

    私は人工の流れ星をつくるため、ベンチャー企業「ALE(エール)」(東京都)を創業しました。
    流れ星のもとになる粒を小型衛星に載せて、地上約500キロの軌道を周回させ、イベントなどでめざす場所の空に流れ星を出す事業です。

    空を舞台にいろいろな星を出現させることができる、科学とエンターテイメントを組み合わせた企業です。

    ビー玉ほどの玉を宇宙に投げる。人工流れ星を作る日本人女性がいた
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/31/bidamahodonotamawouchuninageru-jinkonagareboshiwotsukurunipponjinjoseigaita_a_23188648/


    【関連記事】
    【東京五輪】人工流星雨計画発動!


    2 : 名無しさん@涙目です。 2017/09/02(土) 10:14:49.15 ID:pqHns0dv0.net

    デブリを垂れ流すってか
    頭おかしい



    473 : 名無しさん@涙目です。 2017/09/02(土) 12:18:01.93 ID:P17vmkda0.net

    >>2
    ビー玉なんて実害ねーだろ



    533 : 名無しさん@涙目です。 2017/09/02(土) 12:46:01.56 ID:yZS0jDRF0.net

    >>2
    低軌道なんだからデブリになるわけないだろ
    漫画の知識で口を挟むな



    ▼「【人工流れ星プロジェクト】宇宙に大量のビー玉を放出して流れ星を作ろうという女さんが現れるwwwwww」の続きを読む

    全国各地で「火の球を見た」 明るい流れ星「火球」か

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486173471/

    1 : 孤高の旅人 ★ 2017/02/04(土) 10:57:51.14 ID:CAP_USER9.net

    各地で「火の球を見た」 明るい流れ星「火球」か
    テレビ朝日系(ANN)?2/4(土) 5:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170204-00000003-ann-soci
    20170204-00000003-ann-000-view

     3日夜、各地で「火の球を見た」という情報がネット上に投稿されました。専門家によりますと、「火球」と呼ばれる明るい流れ星とみられるということです。

     午後7時32分ごろ、確認できているだけで、千葉県から山口県までの広い範囲で明るく輝いた流れ星が見られました。専門家によりますと、火球と呼ばれる明るい流れ星とみられるということです。
     四日市市立博物館・天文係、加藤正之さん:「流れ星のなかでも明るいものを火球と呼ぶんですけど、それだと思われます。これだけ広い範囲というのは珍しいかもしれないですね」



    6 : 名無しさん@1周年 2017/02/04(土) 10:59:44.22 ID:zJ6aBC1o0.net

    見たかったな〜



    2 : 名無しさん@1周年 2017/02/04(土) 10:58:23.01 ID:xqe3CRao0.net

    流れ星やな



    3 : 名無しさん@1周年 2017/02/04(土) 10:58:55.52 ID:eItUliOp0.net

    311の前にも見られてたんだよな



    4 : 名無しさん@1周年 2017/02/04(土) 10:59:12.77 ID:DbDGTK4C0.net

    糸守



    ▼「全国各地で「火の球を見た」 明るい流れ星「火球」か」の続きを読む

    日本発「人工流れ星」計画 天然の流星より長く楽しめ、色も選べる

    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1466118566/

    1 : もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:09:26.16 ID:CAP_USER.net

    日本発「人工流れ星」計画、実現への道のりは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/061600220/
    01

     そう遠くない将来、夜空に人工の流れ星を楽しめるかもしれない。

     自然の流星群は、彗星が通った後に残されたちりの中を地球が通るときに起こる。宇宙に漂うちりは地球の大気圏に高速で突入する際に燃え上がり、明るい光の尾を作り出す。(参考記事:「古代の哺乳類絶滅は流星群が原因?」)

     それを人の手で思い通りに作り出そうとしているのが日本のベンチャー企業、ALE(エール)だ。計画では、人為的に流星群を作れる人工衛星を今後2年以内に打ち上げ、軌道に乗せる。衛星は地上500キロの高さを周回し、ビー玉ほどの大きさの金属の球体を高層大気に向かって放出する。

     粒子は時速約2万8千キロで空を疾走し、明るく輝きながら燃焼。それにより、色とりどりの軌跡を夜空に描くことができる。ちょうど、光の筋が何本も放たれる筒型花火のようなものだ。

     ALEの広報担当者によれば、同社が使う予定の粒子は自然の流星群の元になるちりよりも概して大きいため、燃焼時間が長くなり、大きさ・明るさも自然の流星を上回る。しかも、夜空を横切っていく速度が自然の流れ星より遅いため、燃焼時間はさらに延びるという。

     また、同社では粒子の材料となる金属の種類によってさまざまな色の流れ星を作ることも考えている。地上で花火を上げるのと同じ炎色反応を利用し、はるか上空に虹さながらの眺めを生み出そうというのだ。

     深紅の流れ星が見たければ、ストロンチウム製の粒子を放つ。あるいは海の泡のような、緑色の筋を夜空に走らせたければ、銅製の流れ星にすればいい。(参考記事:「夜光雲の発生、流星の燃えかすが促進」)

     Sky Canvasと名付けられたこのプロジェクトに、エンターテインメントとしての価値があるのは間違いない。同社CEOの岡島礼奈氏がこのプロジェクトを思いついたのは15年前、しし座流星群に見入った後のことだ。一部では、2020年の東京オリンピック開会式でALEが人工流星群を披露するとも報じられているが、同社は今のところ五輪には関わっていないと発表している。

    続きはソースで



    7 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:28:01.33 ID:DgVmDlgB.net

    願い事が捗るな



    8 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 08:32:02.28 ID:hHsQUQvI.net

    ゴミを撒き散らすだけよ。
    やめてほしい。
    将来は散骨ビジネスでもやろうとしているのでは?



    49 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 16:39:14.24 ID:iC0fiJvN.net

    >>8
    毎日20トン程度は宇宙から塵が降ってきてるから気にならないレベル



    ▼「日本発「人工流れ星」計画 天然の流星より長く楽しめ、色も選べる」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る