「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    人気サイトヘッドライン

    流星群

    12月14日はふたご座流星群が見頃 月が沈む深夜がベスト

    1 : アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/11/27(火) 22:36:49.99 ID:CAP_USER9.net

    2018年のふたご座流星群の流れ星が最も多く流れる「極大時刻」は、12月14日21時(夜9時)ごろと予想されています。そこで、12月14日の宵から15日の明け方ごろにかけてが観察のチャンスです。ちょうど週末にあたり、多くの方にとって好都合でしょう。

    流れ星の観察は普通の星空観察と同じく、街明かりや月明かりの影響を大きく受けます。じっくり見ることができないという点では、星空観察以上に影響が大きいとも言えます。

    今年は12月15日が上弦で、流れ星が見ごろとなる14日の月は23時(深夜11時)ごろに沈みますので、この時刻以降とくに好条件で流れ星観察ができるでしょう。街明かりの影響も小さい場所で眺めれば、多くの流れ星が見られそうです。

    見晴らしが良く空が開けた場所であれば、14日深夜から15日明け方には1時間あたり30~50個程度の流れ星が見えると予想されています。月が沈む前の時間帯や街明かりがある場所、視界が一部遮られているといった場合、見える数は半分から3分の1ほどになります。ふたご座流星群の流れ星は明るいものも少なくないので、市街地でもいくつかは見える可能性があります。なお、流れ星の速度は中程度です。

    極大の前後の日や異なる時間帯の場合、見える流れ星の数はさらに減ってしまいますが、それでも普段の(活発な流星群のない)時と比べれば流れ星を目にできる可能性が高い時期です。寒い時期なので無理は禁物ですが、暖かい服装で少し長めに空を見上げて流れ星を待ってみましょう。ふたご座流星群の活発度は「ピークに向かって徐々に上昇し、ピーク後は短時間で下降する」という傾向があるので、月明かりの影響が小さいこともあり、ピーク前のほうがピーク後より見やすいかもしれません。

    14日深夜22時から15日未明4時まで、南の空を眺めた様子。場所の設定は東京(ステラナビゲータでシミュレーション)
    https://youtu.be/ebBzKA94SQI


    長すぎるので続きはソースで
    http://www.astroarts.co.jp/special/2018geminids/index-j.shtml



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543325809/


    ▼「12月14日はふたご座流星群が見頃 月が沈む深夜がベスト」の続きを読む

    オリオン座流星群が極大に 見ごろは全国的に晴れる21日深夜

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/20(土) 06:24:07.00 ID:d9zt0Lwe0●.net BE:121394521-2BP(3112)

    オリオン座流星群が10月21日に極大を迎え、21日までの深夜が見ごろとなる。

    母天体がハレー彗星の流星群のオリオン座流星群は、流れるスピードが速く、明るい流星や痕を残す流星が多いことが特徴。
    国立天文台によると、今年は空の暗い場所で観察すると、0時過ぎに1時間に5個程度の流星を見ることができるという。
    0時前や都市部の明るい空では1時間に1、2個見られる可能性があるとしている。

    月が沈む時間の関係で見ごろは、今日から21日までの深夜。日の出前まで方位を気にする必要はなく肉眼で観察することができる。
    ただ、19日時点の予報では20日まで曇りの地域も多く、全国的に晴れる21日が見ごろとなる。

    35e0b_1500_134e4e3e_f3b41187

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15467466/



    7 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/20(土) 06:50:07.75 ID:bRbdXmdI0.net

    久しぶりに押入れの変態望遠鏡でもだしますか



    6 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/20(土) 06:44:16.22 ID:XtO/042/0.net

    始めようか天体観測



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539984247/


    ▼「オリオン座流星群が極大に 見ごろは全国的に晴れる21日深夜」の続きを読む

    【ジャコビニ流星群】2018年10月9日 10月りゅう座流星群が極大

    1 : アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/10/07(日) 08:41:52.71 ID:CAP_USER9.net

    10月9日、10月りゅう座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響はないが、活動が低調なので、出現数は空の条件の良いところでも1時間に数個程度となりそうだ。



    10月9日、10月りゅう座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は午前9時ごろと日中なので、8日深夜から9日明け方が一番の見ごろとなる。

    1933年や1946年には1時間あたり数千個もの大出現を見せたこともあり、近年も1985年、1998年、2011年と13年周期でかなり活発な活動が見られているが、その周期に当たっていない今年は、活動は低調とみられている。新月で月明かりの影響がまったくないという点では好条件だが、それでも空の条件の良いところで1時間あたり数個程度の出現と予想される。対地速度が遅いので、ふわっとした印象を受けるだろう。

    この流星群は、以前は「ジャコビニ流星群」とも呼ばれていた。その名の通り、母天体は、先月太陽や地球と最接近し7等前後まで明るくなったジャコビニ・チンナー彗星(21P)だ。彗星は現在も8等前後で冬の大三角あたりに見えるので、こちらにも注目してみよう。

    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10159_ph181009



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538869312/


    ▼「【ジャコビニ流星群】2018年10月9日 10月りゅう座流星群が極大」の続きを読む

    【宇宙】ペルセウス座流星群、12日夜から13日早朝にかけて見頃…天気が良ければ1時間あたり40個

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/08/10(金) 03:33:03.23 ID:CAP_USER9.net

    ◆ペルセウス座流星群、12日夜に1時間で40個

    3大流星群の一つで、夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日早朝にかけて見頃を迎える。
    国立天文台によると、天気が良ければ、最も多い時で1時間あたり約40個の流星を観察できるという。

    流星は12日午後9時過ぎから見えやすくなる。
    流星が現れる起点となる「放射点」は北東の空にあり、日本で見える流星の数は、13日の夜明け前に最も多くなる。
    11日や13日の夜も、1時間あたり約20個の流星を観察できるという。

    国立天文台の縣あがた秀彦・普及室長は「今年は月明かりの影響がほとんどないため観察しやすい。
    流星はどの方角にも現れるため、空を広く見渡すのがポイント」と話している。
    国立天文台では、インターネットを通じて流星の見えた数などを報告してもらう企画を行う。

    radiant-s

    https://www.yomiuri.co.jp/science/20180809-OYT1T50068.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533839583/


    ▼「【宇宙】ペルセウス座流星群、12日夜から13日早朝にかけて見頃…天気が良ければ1時間あたり40個」の続きを読む

    今夜4月22日は「こと座流星群」が見頃 月明かりなく好条件

    1 : ばーど ★ 2018/04/22(日) 07:30:59.00 ID:CAP_USER9.net

    今夜はこと座流星群を見よう!(ウェザーニューズ)


    今夜からあす未明にかけて、「こと座流星群」が見ごろを迎える。今年は月明かりの影響を受けにくいので、観測には絶好のチャンスだ!

    「春の流星」と呼ばれること座流星群は、ふだんの年の流星数は1時間あたりに10程度見られるくらいだが、ときおり突発的に増えることがある。

    国内では1945年に1時間あたり90個近く見られたという記録があるが、海外では1922年、1946年、1982年とバラバラで規則性がないため、天文ファンの間では「今年はもしかして?」と心待ちにする人も多いとか。

    今年は、こと座の放射点が空高く昇る22日午後11時ごろから出現のピークを迎え、翌朝までが観測にはおすすめだ。

    気になるのはお天気だが、民間の気象会社「ウェザーニューズ」によると、22日夜は高気圧がだんだんと東に離れ、西から低気圧が近づいてくるので、広いエリアで雲が薄く広がりやすいものの、今年は月明かりの影響を受けず、観測が期待できる。

    各地の天気を見ると、低気圧に近い九州北部は厚い雲に覆われ、残念ながら観測には難しいが、低気圧の影響が少ない沖縄や北海道は最高の条件。そのほかのエリアでは雲が広がると星空が見えにくくなるが、低気圧が接近するタイミングが遅れれば、観測エリアが広がるので、当日の天気予報も参考にしてほしい。

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24469.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524349859/


    ▼「今夜4月22日は「こと座流星群」が見頃 月明かりなく好条件」の続きを読む

    【宇宙】新年は天体ショーラッシュ 今夜は「しぶんぎ座流星群」が見頃 4日明け方に極大

    1 : 自治郎 ★ 2018/01/02(火) 21:51:11.35 ID:CAP_USER9.net

     一年で最も大きく見える満月「スーパームーン」が2日未明に観測され、正月の夜空に浮かんだ月の光が大阪の町並みを優しく照らした。

     スーパームーンは、満月を迎えた月が地球に最接近した地点で見かけの大きさが最大となる現象。地球から最も離れた時に観察できる満月と比べて約30%明るく見えるという。

     国立天文台によると、今月4日未明には三大流星群のひとつ「しぶんぎ座流星群」が見頃を迎え、31日には皆既月食が確認できるといい、新年早々から冬空を幻想的に演出する天体ショー“ラッシュ”が楽しめそうだ。
    http://www.sankei.com/west/news/180102/wst1801020040-n1.html

    スーパームーン


    2018年1月4日 しぶんぎ座流星群が極大 - アストロアーツ
    9930_chart

    1月4日の明け方、しぶんぎ座流星群の活動が極大となる。月明かりの影響が大きく、空の条件が良いところでも4日未明に1時間あたり10個程度の流れ星になりそうだ。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514897471/


    ▼「【宇宙】新年は天体ショーラッシュ 今夜は「しぶんぎ座流星群」が見頃 4日明け方に極大」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る