「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    激辛

    激辛ペヤング&激辛カレーペヤングとかいうヤキソバ食う

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1501473072/
    no title

    1 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:51:12 ID:Fxe

    食ったことないんだがやばいんか?



    2 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:51:40 ID:1WO

    ゴキブリ入ってるやつ?



    3 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:52:07 ID:Fxe

    >>2
    そうそれ



    4 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:52:09 ID:fQW

    激辛はやばかった
    ソースだけが辛くて?は特にいつもの?



    5 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:52:26 ID:Fxe

    >>4
    どんくらい辛いん?
    のたうち回る?



    8 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:53:20 ID:pym

    >>5
    とにかくヒリヒリするのたうち回りはしない



    6 : 名無しさん@おーぷん 2017/07/31(月)12:53:10 ID:YZU

    激辛は市販のカップ麺トップの辛さだしカレーも辛かったような
    まあうまいやろ



    ▼「激辛ペヤング&激辛カレーペヤングとかいうヤキソバ食う」の続きを読む

    マジで辛い ペヤング「激辛」の復活にファンが大騒ぎ

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438786077/

    1 : フロントネックロック(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 23:47:57.66 ID:ngX1ujgU0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    異物混入問題で製造休止となったカップ焼きそば「ペヤング」が復活してから、およそ2か月。今度は「激辛」が帰ってきた。

    まるか食品(群馬県)は2015年8月3日、関東地方のコンビニエンスストアで「ペヤング 激辛やきそば」の先行販売を開始した。

    「ようやく...(涙)」「久々最高すぎた」
    「激辛」は2012年2月のデビュー当時から大きな話題を呼んだ商品だった。インパクトのある真っ赤なパッケージには「辛さレベルMAX!!」の文字。さらに「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください」と、なんとも「危険」な香りが漂う注意書きまである。

    挑戦した人々が「舌の感覚なくなった」「人生一やばい」といった感想をネット上に続々と投稿すると、激辛マニアも唸る商品として一気に注目を集めた。

    まるか食品は異物混入騒動による約半年間の販売自粛を経て、15年6月にパッケージを一新した「ペヤング ソースやきそば」を発売したが、シリーズ商品の再登場は果たされていなかった。

    そのため、待ちわびていたファンたちは大騒ぎだ。

    「ペヤング超激辛が復活してた!!ようやく...(涙)」
    「相も変わら無い激辛っぷりに感動する」
    「久々の激辛ペヤング最高すぎた」
    「激辛ペヤング辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い辛い」
    などと、久しぶりに「激辛」を手にした興奮をネット上で伝えている。

    http://www.j-cast.com/2015/08/05242063.html




    ▼「マジで辛い ペヤング「激辛」の復活にファンが大騒ぎ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る