「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    火星

    【模擬宇宙】8か月の火星模擬生活終了、「クルー」は果物や新鮮な空気を満喫

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505951248/

    1 : みつを ★ 2017/09/21(木) 08:47:28.60 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3143594

    【9月20日 AFP】米ハワイ州で17日、有人火星探査を想定した8か月の隔絶実験が終了し、6人の「クルー」が人里離れたドームの中から姿を現した。6人は狭い空間を共有し、ドライフードを食べつつ、互いの衝突を回避するよう努めて過ごした。

     NASAが支援し、ハワイ大学が実施した模擬実験「HI-SEAS(Hawaii Space Exploration Analog and Simulation)」は今回で5回目。宇宙の果てに長期間の探査に出る宇宙飛行士の間で確実に起きるいさかいや衝突の解決を助ける試みだ。

     ドームから現れた男性4人と女性2人の参加者らは、新鮮な果物や手料理、また顔に受ける新鮮な空気の感覚を満喫した。

     模擬実験のリーダーによると、対立は避けられないものだが、今回の参加者は全体として主要課題では上出来だったという。科学者らは、参加者同士の面と向かってのやり取りから感情的対立の兆候を監視し、ストレスを制御するバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)のヘッドセットを与えた。

     次回の8か月間の模擬実験は2018年1月に開始される予定。(c)AFP

    米ハワイ島のマウナ・ロア山に建てられた、有人火星探査を想定した模擬実験のドーム。ハワイ大学マノア校提供(2015年3月10日提供)。(c)AFP/University of Hawaii at Manoa/Neil Scheibelhut




    ▼「【模擬宇宙】8か月の火星模擬生活終了、「クルー」は果物や新鮮な空気を満喫」の続きを読む

    【JAXA】火星衛星フォボスに無人探査機着陸へ 2020年代に砂などを地球に持ち帰る計画

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506080001/

    1 : チンしたモヤシ ★ 2017/09/22(金) 20:33:21.90 ID:CAP_USER9.net

    火星衛星探査機のイメージ(JAXA提供)


    https://this.kiji.is/283908880387884129?c=110564226228225532

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、2020年代に計画する火星の衛星の無人探査で、二つある衛星のうち「フォボス」に探査機を着陸させ、砂などを地球に持ち帰ると発表した。開発中の次世代ロケット「H3」で24年度に打ち上げ、29年の地球帰還を目指す。

     砂や岩石の成分を調べて衛星の成り立ちを探るほか、表面に積もっているとされる火星からの飛来物質を分析し、火星の形成過程を解明する。

     フォボスはもう一つの衛星「ダイモス」よりも火星に近く、火星の物質がある可能性が高いという。約3年かけて複数回着陸し、砂などを採取する。ダイモスも上空から表面を観測する。


    ▼「【JAXA】火星衛星フォボスに無人探査機着陸へ 2020年代に砂などを地球に持ち帰る計画」の続きを読む

    火星に生命体はいるのか 総務省が「テラヘルツ波」使い調査

    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504560320/

    1 : 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:837857943-PLT(16930).net

    世界初の火星の酸素観測に向け、総務省が来年度から3年間、光と電波の中間の性質を持つ電磁波「テラヘルツ波」の研究開発を進める方針を固めたことが3日、分かった。水蒸気や酸素に反応し、放射されやすいテラヘルツ波が、火星から出ているかどうかを検知することで確認できるという。この応用で生命体の存在も調べられるといい、地球からの移住の可否の調査にも役立てたい考えだ。

    研究を進めるテラヘルツ波は、高度な技術開発が必要で世界的に実用化が進んでいない。総務省は火星の酸素観測の支援に向け、理化学研究所や情報通信研究機構(NICT)、民間企業などに研究を委託する。

    総務省関係者によると、テラヘルツ波を検知する小型センサー付きの人工衛星を火星上空に飛ばし、酸素や水の存在を確認。
    水や酸素が地上からどれぐらいの高さにあるのかなどのほか、テラヘルツ波を出す水蒸気や酸素からバクテリアを探索するという。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170904/mca1709040500005-n1.htm




    ▼「火星に生命体はいるのか 総務省が「テラヘルツ波」使い調査」の続きを読む

    【疑惑】NASA発表の「火星画像」はカナダのデヴォン島で撮影か?

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504243366/

    1 : 経理の智子 ★ 2017/09/01(金) 14:22:46.43 ID:CAP_USER9.net

    ■火星の写真は北極海の無人島で撮影されていた!?

    近年、NASAはカナダのデヴォン島という島で無人火星探査車両ローバーの走行テストを行っている。デヴォン島は世界最大の無人島であり、手つかずの自然が多く残されている。走行環境が火星と類似する点が多いのだろう。百聞は一見に如かず。早速、デヴォン島の写真をご覧いただこう。

    ●デヴォン島


    ●火星


    もうとっくにお察しだろうが、NASAが発表している火星の写真の多くが、このデヴォン島で撮影されたのではないかとの疑惑が浮上しているのだ。

    ●デヴォン島にローバー


    さて、次の写真をご覧いただきたい。

    ●火星にネズミ(クビワレミング)


    NASAによる火星の地表を撮影したものとされる写真だが、ネズミらしきものが写り込んでいる。この写真も、舞台が火星ではなく地球、もっといえばデヴォン島であると考えれば説明がつきやすい。これは当該地域に生息するクビワレミングではないかといわれているのだ。


    NASAが1997年にデヴォン島に研究ベースを建設して以来、毎夏100名に及ぶスタッフが任務についている。その主なミッションの一つとして火星探査車両ローバーのテスト走行が挙げられるが、火星のフェイク写真の撮影もその任務の一つだとしたら…?

    ●火星に人影


    最後に、これもNASAによる火星の写真だが、紹介したい。火星の地表で“無人”火星探査車両ローバーのカメラのアングルを調整していると思しき人の影。しかも、風による頭髪の揺らぎが見受けられる。どうやら宇宙服を着用していないようだ。

    http://tocana.jp/2017/09/post_14316_entry.html



    ▼「【疑惑】NASA発表の「火星画像」はカナダのデヴォン島で撮影か?」の続きを読む

    【NASA】火星探査車「オポチュニティ」が撮影した火星のパノラマ画像を公開

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1501253958/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 23:59:18.27 ID:CAP_USER.net

    「オポチュニティ」が撮影した「ねん挫した足首のパノラマ」

    NASAの火星探査車「オポチュニティ」がクレーター内部にある谷の上端の入り口地点で撮影した、パノラマ画像が公開された。

    【2017年7月28日 NASA JPL】
    火星探査車「オポチュニティ」は2004年3月に火星に着陸し、これまでに44.97kmに及ぶ距離を走破してきた。そのオポチュニティがとらえた最新のパノラマ画像が公開された。

    画像の両端にはエンデバー・クレーターの西側の縁の一部が、中央にはクレーターのすぐ外の地形が見えている。
    また、クレーターの縁の頂上には広いくぼみが見られ、クレーターの縁を越えてクレーター内部へ流れた水や氷、風の通り道のような役目を果たしていたかもしれないと考えられている。
    「小石の並ぶ複数の水路のようなものや、放水路だったと推測されるものが『パーサヴィアランス谷(Perseverance Valley)』の頂上に見られます。水や氷や風がこの地形に関わった可能性が考えられます」(オポチュニティ主任研究員 Ray Arvidsonさん)。

    パノラマ画像はオポチュニティの「Pancam」によって、今年6月に2週間設けられた運転停止期間中に撮影されたものだ。
    この間、探査車の左前輪の不具合について調査と対応が行われた。車輪が30度以上も外を向いてしまっていたことから、この画像は研究チームの間で「ねん挫した足首のパノラマ」と呼ばれている。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9280_mars

    火星のパノラマ画像の一部。オポチュニティの車輪の跡もはっきり見える


    「オポチュニティ」が2017年6月にとらえた火星のパノラマ画像。クリックで拡大(提供:NASA/JPL-Caltech/Cornell/Arizona State Univ.、以下同)




    ▼「【NASA】火星探査車「オポチュニティ」が撮影した火星のパノラマ画像を公開」の続きを読む

    【宇宙】火星の水和塩鉱物が細菌を殺傷することが明らかに 生命発見の期待を大きく打ち砕く結果

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499423135/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/07/07(金) 19:25:35.36 ID:CAP_USER9.net

    img_6d223715e37cf8c2adb4e04af6612360193401

    火星上に存在する水和塩鉱物が細菌を殺傷することを明らかにした研究結果が6日、発表された。
    火星の少なくとも表面での生命発見の期待を大きく打ち砕く結果だという。

    英エディンバラ大学 物理学・天文学科のジェニファー・ワズワース氏とチャールズ・コッケル氏のチームが発表した研究報告によると、「過塩素酸塩」として知られるこの化合物は、地球上での室内実験で、単純な生命体の枯草菌(学名:Bacillus subtilis)の培養菌体を殺傷したという。

    室温で安定する過塩素酸塩は、高温で活性化する。だが火星は非常に寒冷だ。
    研究チームは今回の最新研究で、過塩素酸塩が熱のない火星の表面に近い条件下でも、紫外線によって活性化される可能性があることを明らかにした。

    過塩素酸塩は数分以内に細菌を殺傷した。
    この実験結果は、火星が「これまで考えられていた以上に生命の生息には適さない」惑星であることを示唆していると、研究チームは指摘する。

    ワズワース氏は、AFPの取材に「火星上で生命を探す場合には、この結果を考慮に入れ、このような条件にさらされないと考えられる地下生命体を探す試みを検討する必要がある」と語った。
    過塩素酸塩は、地球上では自然に生成されるものと人工的に作られたものがあるが、火星上ではより豊富に存在する。
    米航空宇宙局(NASA)の着陸探査機フェニックス・マーズ・ランダーが2008年に火星で過塩素酸塩を初めて検出した。

    紫外線が存在する条件下で過塩素酸塩が枯草菌を殺傷したという事実は必ずしも、その他のすべての生命体が同様に死滅することを意味するわけではないと、ワズワース氏は指摘。
    これを確認するためには、さらに実験を重ねる必要があると考えられる。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3134829?pid=0 


    ▼「【宇宙】火星の水和塩鉱物が細菌を殺傷することが明らかに 生命発見の期待を大きく打ち砕く結果」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星に原子炉を建設

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499245447/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/07/05(水) 18:04:07.87 ID:CAP_USER9.net

    NASAは今年9月、火星での使用を見込んだ原子炉のテストに入る。英紙インデペンデントが報じた。

    小型原子炉は「Kilopower」プロジェクトの一環で作られる。標準的な装置の発電量は10キロワット。高さは2メートル以下。

    8人の宇宙飛行士の住む火星基地のためにはこのような原子炉が4台必要だと見られる。同装置は、太陽光がない場合にエネルギーを供給するためのもの。NASAがパートナー2社と共同で行っている同プロジェクトには1100万ドルの予算が充てられた。



    この、ピアノと同じくらいのサイズの原子炉の安全稼動の鍵は、この原子炉で主に用いられるのが、温度上昇に耐え切れない、ジルコニウム水素化物であることだ。であるから、もし原子炉が予定外の動きをしたならば、ジルコニウム水素化物は臨海値まで熱せられ、ジルコニウムと水素に分裂する。その後、ウラン分裂は自然な形で終了する。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201707053844446/



    ▼「【宇宙】NASA、火星に原子炉を建設」の続きを読む

    火星探査機MROが火星探査車「キュリオシティ」の撮影に成功

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498205830/

    1 : あずささん ★ 2017/06/23(金) 17:17:10.95 ID:CAP_USER9.net

    火星探査機「マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)」が、岩だらけの山腹を移動中の火星探査車「キュリオシティ」をとらえた画像が公開された。

    火星周回探査機「マーズ・リコナサンス・オービター(MRO)」の高解像度カメラ「HiRISE」は約3か月に1度のペースで探査車「キュリオシティ」の撮影を行い、砂丘の移動や浸食など周囲の環境の変化を観測している。

    今回公開された画像は6月5日にMROがキュリオシティから270km離れたところから撮影したもので、岩や砂を背景に、約3m四方のキュリオシティの姿が明るい青い点として見えている。

    撮影当時、キュリオシティはシャープ山のふもとにある砂丘と、上のほうにある尾根「Vera Rubin Ridge(ベラ・ルービン・リッジ)」との間を移動中だった。ベラ・ルービン・リッジには周回軌道上からの観測によって赤鉄鉱が見つかっており、キュリオシティはそれを調べる予定だ。

    MROは2006年から火星を周回している。またキュリオシティは今年8月で火星着陸5年を迎える。

    ソース/AstroArts
    http://www.astroarts.com/article/hl/a/9201_mro_curiosity

    画像(中央の紫色がキュリオシティ)




    ▼「火星探査機MROが火星探査車「キュリオシティ」の撮影に成功」の続きを読む

    NASA、カッコイイ火星探査車を公開

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497265814/

    1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/06/12(月) 20:10:14.37 ID:s7R/AzBL0.net BE:323057825-PLT(12000) ?PLT(12000)

    NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

    このコンセプトモデルは、NASAの技術者のアドバイスのもと、フロリダ州に本拠を置くカスタムカーメーカーのパーカー・ブラザーズ・コンセプト社が製作した。
    5月上旬に搬入されてすでに展示されていたが、大々的に公開されるのは今回のイベントが初めてだ。

    重量は6000ポンド(約2725kg)あり、高さは11フィート(約3.3m)。ボディはカーボンファイバーとアルミ製で、ホイールは50インチと巨大。
    ソーラーパネルから得た電力を700Vのバッテリーに蓄え、モーターを駆動するEVで、砂丘や岩石、クレーターなどの上を、16〜24km/hで移動する。
    路面状況が良ければ、最高110km/h以上で走行することも可能。観測車両でもあるし、研究室として利用することもできる。乗車定員は4名。

    NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露
    https://resemom.jp/article/2017/06/12/38601.html






    ▼「NASA、カッコイイ火星探査車を公開」の続きを読む

    【宇宙】火星の2つの衛星に探査機 日仏で挑戦へ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491822941/

    1 : 自治郎 ★ 2017/04/10(月) 20:15:41.75 ID:CAP_USER9.net

    火星や太陽系の成り立ちに迫ろうと、火星の周りを回る2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」に探査機を送り込み、表面にある物質を採取して地球に持ち帰ろうという世界でも初めてのプロジェクトに、日本とフランスが協力して挑戦することになりました。

    火星の周りを回る2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」は、火星とどのような関係で生まれたのか解明されておらず、表面にある物質の成分を調べれば、火星や太陽系の成り立ちを探るヒントを得られるのではないかと考えられています。

    このため、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、「フォボス」と「ダイモス」に探査機を送り込み、表面にある物質を採取して地球に持ち帰ろうという世界でも初めてのプロジェクトに、フランスと協力して挑戦することになりました。

    10日は、東京で署名式が行われ、JAXAの奥村理事長とフランス国立宇宙研究センターのル・ガル総裁が文書を交わしました。

    日本は、これまでに探査機「はやぶさ」で小惑星の表面から物質を持ち帰ることに成功しているほか、フランスはアメリカと共同で火星の探査に成功しています。

    日本とフランスでは、今後、それぞれの技術を組み合わせて新たな探査機の開発を進め、7年後の2024年の打ち上げを目指すということです。

    JAXAの奥村直樹理事長は記者会見で、「火星の衛星の物質を調べることで、水の起源や生命の起源につながるヒントが得られるかもしれず、ぜひ、このプロジェクトを成功させたい」と述べました。

    4月10日 20時10分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010943591000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001

    画像




    ▼「【宇宙】火星の2つの衛星に探査機 日仏で挑戦へ」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る