「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    火星

    NASA、新型の火星探査機「インサイト」を打ち上げ 火星の内部を初調査へ

    1 : ガーディス ★ 2018/05/06(日) 07:18:58.43 ID:CAP_USER9.net

     米航空宇宙局(NASA)は、新型の火星探査機「インサイト」を5日、打ち上げた。火星で起きる地震や地中の温度を測り、火星の内部構造を初めて直接調べる。地球のような岩石惑星がどのように造られたかの解明につながると期待されている。

     米太平洋時間5日午前4時すぎ(日本時間午後8時すぎ)に、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から「アトラス5」ロケットで打ち上げられた。半年後の11月末に火星の赤道付近に着陸する予定だ。

     インサイトは乗用車ぐらいの大きさで、パラシュートとロケットの逆噴射を使い着陸する。ロボットアームを使って、火星表面に地震計を設置したり、地下5メートルの深さまで熱流量計を埋め込んだりする。地震の波の伝わり方や、地中の熱の量や伝わり方を調べ、内部の構造や成分のほか、火星の成り立ちなどを明らかにする。

     また同じロケットでブリーフケース大の小型衛星「マルコ」2機も打ち上げられた。地球以外の惑星で初めてとなる小型衛星の技術実験で、うまく軌道に投入できれば、インサイトの火星大気への突入や着陸時の通信を支援する。

     インサイトは当初、2016年の打ち上げ予定だったが、地震計の耐久性に問題が見つかり延期されていた。(ワシントン=香取啓介)



    http://www.asahi.com/sp/articles/ASL554G0TL55ULBJ002.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525558738/


    ▼「NASA、新型の火星探査機「インサイト」を打ち上げ 火星の内部を初調査へ」の続きを読む

    【宇宙】イーロン・マスク氏、火星ロケットを「来年」打ち上げ

    1 : ニライカナイφ ★ 2018/03/13(火) 21:35:17.45 ID:CAP_USER9.net

    ◆イーロン・マスク氏、火星ロケットを「来年」打ち上げ

    米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日までに、火星への有人飛行を目指して開発しているロケットについて、2019年前半に発射する準備を進めていることを明らかにした。
    マスク氏はテキサス州で開催のイベント「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」に出席し、質疑応答に答えた。

    マスク氏は「我々は現在、最初の宇宙船、もしくは惑星間宇宙船を建設中だ」と述べ、19年1〜6月の間に短距離の飛行ができるようになるかもしれないとの見通しを明らかにした。
    マスク氏は昨年、「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」の開発を進めていることを明らかにしていた。
    BFRを利用すれば、米ニューヨーク市から上海までおよそ30分で移動できるという。

    マスク氏はBFRについて22年の打ち上げを目指しており、最初は貨物を運ぶとしていた。
    BFRを使って人間や彼らの所有物を移送する計画で、最終的には自立的なコロニーを火星に構築することを目指している。

    マスク氏はまた、火星にコロニーを作ることは巨大な「起業機会」につながるだろうと語った。
    「火星には、鋳鉄工場からピザの販売店まで、あらゆるものが必要になる。火星には素晴らしいバーも必要だ・・・マーズ・バーが」と冗談まじりの発言もあった。

    マスク氏が率いるスペースXや電気自動車メーカーのテスラは、公表された予定を達成できないことでも知られている。
    スペースXは今年2月に「ファルコンヘビー」ロケットの打ち上げを成功させたが、当初は13年に登場する予定だった。

    マスク氏はSXSWの檀上で、こうした締め切り破りについて、おおよそ認める姿勢を示した。
    マスク氏は「歴史的に私の予定表は『楽観的だ』と人から言われる。ここではある程度まで『再調整』しようとしている」と述べた。



    https://www.cnn.co.jp/fringe/35116017.html

    【関連記事】
    【宇宙】スペースX、現存最大能力のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げに成功


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1520944517/


    ▼「【宇宙】イーロン・マスク氏、火星ロケットを「来年」打ち上げ」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星探査機キュオリシティが撮影した火星の風景を公開

    1 : しじみ ★ 2018/02/07(水) 04:02:39.26 ID:CAP_USER.net

    火星探査機「キュリオシティ」が撮影した画像から作成したパノラマ映像が発表された。

    これまで360度をワンショットで捉えた画像は公開されていたが、風景を見渡す臨場感たっぷりの映像が公開されたのはこれが初めて。
    見ていると、自分が火星の地表に立っている気にさせられる。

    その映像は、米国カリフォルニア州にあるNASAジェット推進研究所が発表したもの。
    2012年に火星に到着した探査機キュリオシティが、2017年10月25日に撮影した16の画像を元に作られている。


    〈クレーター内の高台からの眺め〉
    撮影時のキュリオシティは直径154kmのクレーターの中にいたが、そこは高さ327mの高台だったので、クレーターの外の様子も写っている。


    山脈のように見えているのは、クレーターの外周の盛り上がり。大気が非常に薄いので、
    クレーターの外にある遥か彼方の山も見える。


    NASAの科学者Ashwin Vasavada氏によれば、「キュリオシティがこれまで探検した場所をパノラマで一望するのは、我々にとっても初めてのこと」であるそう。

    発表された映像には、キュリオシティの着地点や、その後の移動経路が線で示されている。


    通常、火星の地表面は赤っぽく映るが、この映像では色調が調整されている。
    火星の岩や石と同じものが地球上でどんな色に見えるかをシミューレートし、我々の感覚で捉えられる色に直してあるとのこと。

    探査機キュリオシティは機械の老化や損傷が進んでいるが、現在も任務を遂行している。
    海外メディアによれば、先週も大量の観測データがNASAに送られて来たそうだ。

    Curiosity at Martian Scenic Overlook
    https://youtu.be/U5nrrnAukwI


    https://irorio.jp/sophokles/20180204/437354/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517943759/


    ▼「【宇宙】NASA、火星探査機キュオリシティが撮影した火星の風景を公開」の続きを読む

    【宇宙】火星探査機「キュリオシティ」の新たな「自撮り」画像を公開

    1 : しじみ ★ 2018/01/26(金) 16:32:46.77 ID:CAP_USER.net

    米航空宇宙局(NASA)は24日、火星探査機「キュリオシティ」から届いた新たな「自撮り」画像を公開した。

    火星表面の土ぼこりを背景に、キュリオシティの「頭」が写っている。

    キュリオシティのソーシャル・メディア班がツイッターの公式アカウントに画像を投稿し、「ただいま!寂しかった?」とメッセージを書き込んだ。

    キュリオシティは2012年8月に火星に着陸。
    23カ月の間に生命のこん跡を探すという任務を8カ月のうちに完了し、その後も快調に稼働。
    探査任務は延長され、現在もサンプル採取や観測などの活動を続けている。

    NASAの新たな火星探査機「インサイト」は23日、太陽光パネルを展開するという重要な試験が成功した。
    順調にいけば今年5月5日に打ち上げ可能となり、11月末には火星に到達する。

    画像:2018年1月23日に公開されたキュリオシティの「自撮り」写真。
    火星表面の土ぼこりを背景にキュリオシティの「頭」が写っている


    画像:2016年1月19日の自撮り写真


    https://www.cnn.co.jp/fringe/35113772.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1516951966/


    ▼「【宇宙】火星探査機「キュリオシティ」の新たな「自撮り」画像を公開」の続きを読む

    【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開

    1 : ばーど ★ 2017/12/25(月) 15:42:39.13 ID:CAP_USER9.net

    米国のEVメーカー、テスラのイーロン・マスクCEOが率いる宇宙開発企業、「スペースX」。同社が、2018年に予定している初の打ち上げに使う新開発の大型ロケット「ファルコンヘビー」の画像が公開された。

    ファルコンヘビーは、スペースXが開発してきた宇宙旅行用の新型ロケット。全長は、およそ70m。初の打ち上げでは、火星の周回軌道に乗せることを目指す。

    マスクCEOは、ファルコンヘビーの内部も公開。自身が所有するEVスポーツカー、初代テスラ『ロードスター』を搭載し、打ち上げる計画という。テスト飛行では、通常荷重としてコンクリートや鉄の塊が積み込まれるが、「それでは退屈なので」、ロードスターを搭載する。

    マスクCEOは、「(私のロードスターは)火星の周回軌道を10億年、飛び続けるだろう」とコメントしている。

    no title

    no title

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=70494/?lid=myp_notice_prdnews



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514184159/


    ▼「【宇宙】スペースX、火星の周回軌道に投入予定の真っ赤なEVスポーツカー「テスラ・ロードスター」を公開」の続きを読む

    【NASA】トンガ沖に出現した「フンガトンガ・フンガハアパイ島」が、火星での生命探査の手掛かりになる可能性が明らかに

    1 : プティフランスパン ★ 2017/12/14(木) 12:20:17.36 ID:CAP_USER9.net

    トンガ沖に出現した新島、火星での生命探査の手掛かりに? NASA
    http://www.afpbb.com/articles/-/3155322?act=all



    2014年12月の海底火山噴火によりトンガ沖に出現したフンガトンガ・フンガハアパイ島。米航空宇宙局(NASA)公開(2017年6月5日撮影、同年12月13日公開)。(c)AFP/NASA

    【12月13日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は13日、3年前に海底火山の噴火により南太平洋の島国トンガの沖合に出現した島が、火星において生命現象がどう展開し得たのかを探る手掛かりを与えるかもしれないとの見方を明らかにした。

     フンガトンガ・フンガハアパイ(Hunga Tonga Hunga Ha'apai)と呼ばれる島は2014〜15年にかけて、トンガの首都ヌクアロファの北東沖およそ65キロの海底から出現。
    科学者らは当初、数か月で消滅すると考えていたが、NASAによれば、火山爆発の際に温かい海水と火山灰が混じってコンクリートのような地質になったとみられ、新島は予想以上に持ちこたえたという。

     ただ、出現時の島は幅1キロ、長さ2キロ、高さ100メートルほどだったものの、現在はかなり浸食が進んでおり、6〜30年ほどで消滅するものとみられている。

     NASAのゴダード宇宙飛行センターのジム・ガービン氏は、火星には海に囲まれた状態で出現したとみられる同様の島が多数あったと指摘。
    新たな島の誕生は生命の循環を研究する貴重な機会だと述べた。

     またガービン氏は「火山活動による熱と湿った環境が結びつくゆえ、そうした場所は過去に存在した生命の証拠を探す上で最も重要かもしれない」
    「フンガトンガ・フンガハアパイ島で生命がどうやって足場を築くのかを調べることは、生命の証拠を火星のどこで探すべきか、科学者が正確に見定める助けになり得る」と語った。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1513221617/


    ▼「【NASA】トンガ沖に出現した「フンガトンガ・フンガハアパイ島」が、火星での生命探査の手掛かりになる可能性が明らかに」の続きを読む

    NASAの模擬「火星の土」でミミズの繁殖に成功

    1 : ハンバーグタイカレー ★ 2017/12/01(金) 18:51:23.07 ID:CAP_USER9.net

     2013年からこの研究を続けるバーメリンク氏は、火星の土に似せて作られたNASAの模擬土を使って実験を行っている。その土のなかにできたミミズのコロニーで、最近2匹の子ミミズが誕生した。

     今回の成果は、ミミズが火星の土壌を再現した土で生きられるというだけでなく、繁殖も可能だということを意味している。地球上ではミミズは農業に欠かせない存在だが、研究者は、いつの日か他の世界でも同じことが可能になるかもしれないと期待している。

    「ミミズは土の上にある有機物を食べ、細かく砕き、排泄します。すると、細菌がそれをさらに分解します。ミミズがいなければ、土の栄養は底をついてしまいます」と、バーメリンク氏は説明する。

     研究はごく初期の段階にあり、まだ火星の環境を完全に再現することもできていない。ミミズの排泄物を栄養に変えてくれる細菌は、バーメリンク氏の研究室では特に何もしなくても自然に現れたが、火星ではそうはいかない。

     また、この実験では土に豚糞のたい肥を加えて窒素の量を増やしていたが、火星では人糞を滅菌して使わなければならないだろうという。

     火星で作物を育てることが本当に可能なのかを確かめるには、火星にできるだけ近い環境を再現する必要がある。そのためには、より正確な土のサンプルが必要だ。

    全文はURL先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171201-00010000-nknatiogeo-sctch
    ミミズと模擬土でルッコラ栽培中




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1512121883/


    ▼「NASAの模擬「火星の土」でミミズの繁殖に成功」の続きを読む

    イーロン・マスク「なぜ火星平面協会は存在しないんだ?」地球平面協会「火星は球形だからです」

    1 : 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:416336462-PLT(12000).net

    250px-Mars_Valles_Marineris

    「地球平面協会」はイーロン・マスク氏がツイートで尋ねた「なぜ『火星平面協会』は存在しないのか」という問いに答えた。

    「ハロー、イーロン。質問を寄せてくださり感謝します。火星は地球と異なり、観測すると球形をしていますからです。あなたの今日一日がよい日でありますように!」

    「地球平面協会」のこのウィットに富んだ回答へのマスク氏からの答えはまだ公開されていない。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201712014331333/



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1512085862/


    7 : 名無しさん@涙目です。 2017/12/01(金) 08:54:20.74 ID:fHJmKxEL0.net

    変なダウンローダーにある変な日本語のアメリカンジョークみたいだな



    6 : 名無しさん@涙目です。 2017/12/01(金) 08:54:07.29 ID:5/wxPspk0.net

    地球平面協会ってのは、何でこんな日本にまで届くような発信力があるんだ?
    金はどこから出てるんだ?



    26 : 名無しさん@涙目です。 2017/12/01(金) 09:15:41.77 ID:+yIOIjAf0.net

    空飛ぶスパゲッティモンスター教にしてもだけど
    ありえんと思う馬鹿馬鹿しい事を全力でやる姿勢
    好き



    ▼「イーロン・マスク「なぜ火星平面協会は存在しないんだ?」地球平面協会「火星は球形だからです」」の続きを読む

    【宇宙】火星の暖かい季節に出現する黒っぽい筋、水の流れではなく砂の流れだったもよう

    1 : ガラケー記者 ★ 2017/11/21(火) 16:09:55.55 ID:CAP_USER9.net

     火星のクレーターなどの斜面で暖かい季節に出現する黒っぽい筋は水の流れではなく、砂の流れだと米地質調査所などの研究チームが21日、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス電子版に発表した。

     ただ、水を含む物質が探査機で検出された所もあり、季節的な出現に少量の水が関与している可能性があるという。
     斜面の黒っぽい筋は、米探査機マーズ・リコネサンス・オービターの観測で2011年以降、赤道付近から南北の中緯度地域にかけて多数見つかっている。

    0171121at26_p

    http://www.jiji.com/sp/article?k=2017112100702&g=int



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511248195/


    ▼「【宇宙】火星の暖かい季節に出現する黒っぽい筋、水の流れではなく砂の流れだったもよう」の続きを読む

    【模擬宇宙】8か月の火星模擬生活終了、「クルー」は果物や新鮮な空気を満喫

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505951248/

    1 : みつを ★ 2017/09/21(木) 08:47:28.60 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3143594

    【9月20日 AFP】米ハワイ州で17日、有人火星探査を想定した8か月の隔絶実験が終了し、6人の「クルー」が人里離れたドームの中から姿を現した。6人は狭い空間を共有し、ドライフードを食べつつ、互いの衝突を回避するよう努めて過ごした。

     NASAが支援し、ハワイ大学が実施した模擬実験「HI-SEAS(Hawaii Space Exploration Analog and Simulation)」は今回で5回目。宇宙の果てに長期間の探査に出る宇宙飛行士の間で確実に起きるいさかいや衝突の解決を助ける試みだ。

     ドームから現れた男性4人と女性2人の参加者らは、新鮮な果物や手料理、また顔に受ける新鮮な空気の感覚を満喫した。

     模擬実験のリーダーによると、対立は避けられないものだが、今回の参加者は全体として主要課題では上出来だったという。科学者らは、参加者同士の面と向かってのやり取りから感情的対立の兆候を監視し、ストレスを制御するバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)のヘッドセットを与えた。

     次回の8か月間の模擬実験は2018年1月に開始される予定。(c)AFP

    米ハワイ島のマウナ・ロア山に建てられた、有人火星探査を想定した模擬実験のドーム。ハワイ大学マノア校提供(2015年3月10日提供)。(c)AFP/University of Hawaii at Manoa/Neil Scheibelhut




    ▼「【模擬宇宙】8か月の火星模擬生活終了、「クルー」は果物や新鮮な空気を満喫」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る