「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    牛カツや豚カツはあって鳥カツがない風潮wwwwwwwwww


    restaurant-1690696_960_720

    1 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:41:28.202 ID:IzZBDY4Y0.net

    なんなんだよ



    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1530762088/


    2 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:41:46.177 ID:NfAq14Kwa.net

    チキンカツ「」



    3 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:41:48.249 ID:o5z/71gya.net

    チキンカツ



    7 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:42:28.179 ID:IzZBDY4Y0.net

    >>2
    >>3
    チキンカツは別物定期



    11 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:43:18.948 ID:wF3R8qukr.net

    >>7
    えええ



    5 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:42:19.768 ID:Ju1uvq9o0.net

    ササミ「」



    6 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/05(木) 12:42:25.216 ID:TSXzLmDxr.net

    チキンカツ



    ▼「牛カツや豚カツはあって鳥カツがない風潮wwwwwwwwww」の続きを読む

    人類滅亡後の地球は「牛」に支配されることが判明

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/27(金) 19:00:27.54 ID:slJlzAdZ0●.net BE:167354206-2BP(2000)

    cowsur_01

     意識高い系ニュース「Big Think」(21日付)によると、米・ニューメキシコ大学の生物学者フェリサ・スミス教授率いる研究チームの分析により、「ウシ」が人類滅亡後の地球で繁栄することが判明したという。

     人間が他の動物よりも優先的に扱い、その肉・乳・皮のために家畜化してきたのが「ウシ」である。現在、15億頭ほどのウシが地球上にいるとされているが、これは犬と猫を合わせた数(それぞれ5億匹ほど)よりも多いそうだ。この調子でいくと、人類亡き後、地球で大多数を占める大型哺乳動物はウシになるというわけだ。

     今年亡くなったスティーブン・ホーキング博士が警告しているように、温暖化などの地球環境の急激な変化により、人類が地球に住むことができるのは残り100年ほどであり、それまでに地球外惑星に移住する必要があるとされる。この時には、1日に24〜100種類の動物が絶滅するようになるとのことだが、ウシは個体数が多いため、そう簡単には絶滅しないと研究者らは考えているようだ。人間がいなくなった地球で、彼らは草を食べながら、気温上昇とともに徐々に北に移動し、遂に生存できなくなるほど気温が上昇するまで短い覇権を楽しむという。

     恒温動物は寒冷な地域では体長が大きく、温暖な地域では逆に小さくなるとするベルクマンの法則に従うと、もしかしたら気温が上昇するにつれ、ウシたちがどんどん小型化し、やがて手乗りサイズのウシが生まれてくるかもしれない。

    http://tocana.jp/2018/04/post_16729_entry.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1524823227/


    ▼「人類滅亡後の地球は「牛」に支配されることが判明」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る