「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    生命

    【宇宙】ハビタブルゾーンの系外巨大ガス惑星121個を特定 生命体がいる可能性も

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/06/09(土) 07:28:21.35 ID:rwz4qvKr0.net BE:323057825-PLT(12000)

    カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)とサザンクイーンズランド大学(USQ)の研究チームは、生命体の生存に適した環境にある衛星を保有している可能性のある太陽系外巨大ガス惑星121個を特定したと発表した。
    系外惑星本体ではなく、その周りを回る衛星における生命体の存在可能性を検討した研究として注目される。
    研究論文は「The Astrophysical Journal」に掲載された。

    2009年からアメリカ航空宇宙局(NASA)が運用しているケプラー宇宙望遠鏡は、これまでに数千個の太陽系外惑星を発見している。
    その中でも、ケプラー宇宙望遠鏡の主要な目的は、生命体の生存に適していると考えられる環境にある系外惑星の調査を行うことである。

    主星である恒星から惑星までの距離が近すぎず遠すぎず、極端な高温・低温にならないため惑星上で液体の水が存在できる領域は「ハビタブルゾーン」と呼ばれる。
    地球に似た岩石型惑星がハビタブルゾーンに存在している場合、そこには地球のように生命体が存在している可能性がある。

    生命体が存在?-ハビタブルゾーンの系外巨大ガス惑星121個を特定
    https://news.mynavi.jp/article/20180608-643776/




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528496901/


    ▼「【宇宙】ハビタブルゾーンの系外巨大ガス惑星121個を特定 生命体がいる可能性も」の続きを読む

    ノーベル賞候補者、地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」計画を提言

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/24(木) 18:23:00.38 ID:LcGk56NR0●.net BE:728890577-2BP(2000)

    0522egg-1

     生命の「卵」をばらまいて、地球の生命を宇宙に広めよう――高名な科学者の発言が話題を呼んでいる。いずれ人類が宇宙に植民地を築く足がかりとして、先遣隊として地球の生命を積み込んだ「ノアの卵舟(The Noah's Ark Egg)」を送り込もうというのだ。海外オカルトサイト「Mysterious Universe」が伝えている。

    ■ノアの卵舟とは?

     宇宙に生命の卵をばら撒こうと提言しているのは、高名な宇宙物理学者フリーマン・ダイソン氏である。今月9日、ダイソン氏は作家のニール・スティーヴンスン氏と米国シアトルで対談を行い、その中でノアの方舟のように地球の生命を積み込み、地球外の惑星に生命を芽吹かせる「卵」のアイデアを披露した。

     フリーマン・ダイソン氏は数学、物理学、量子力学など幅広いフィールドで活躍してノーベル賞候補の一角とされた一方で、恒星を人工の殻で覆ってエネルギーを利用する「ダイソン球」や彗星を覆う遺伝子改変植物「ダイソンツリー」、彗星や惑星の物質を餌に進む生きた宇宙船「アストロチキン」など、魅力的なアイデアを多数披露してきた奇才である。94歳という高齢ながら、現在も著作を発表したりトークショーに出演したりと精力的に活動している。

     では、今回提案された「ノアの卵舟」とはどのようなものなのか? ダイソン氏は、微生物から植物、動物まで地球上のさまざまな生物の種子や胚を詰め込んだ、直径数kmもの巨大なダチョウの卵のようなものと説明している。「卵」はロボットや人工知能などあらゆるテクノロジーを駆使して作られており、送り込まれた先の惑星で生命が栄えるようにプログラミングされている。

     ダイソン氏は実際に「卵」を作るにはあと100年はかかり、打ち上げまでには数百万ドルの費用がかかると見ているが、生きた人間を生存のための膨大な物資とともに1000人送り込むコストに比べれば遥かにやすいものだと話す。

    http://tocana.jp/2018/05/post_16964_entry_2.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527153780/


    ▼「ノーベル賞候補者、地球生命を宇宙全体にバラ撒く「ノアの卵舟」計画を提言」の続きを読む

    NASA、太陽系外の生命が存在しそうな惑星探す衛星打ち上げへ

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/04/16(月) 23:08:11.25 ID:XA9k9oTw0.net BE:416336462-PLT(12000)

    米航空宇宙局(NASA)は16日午後、太陽系の外にある惑星を探す人工衛星「TESS(テス)」を打ち上げる。
    比較的近距離にあり、生命が存在する可能性のある地球大の惑星を中心に調べ、太陽系外における惑星の探査拡大を目指す。

    3億3700万ドル(約360憶円)が投じられた、洗濯機ほどの大きさのトランジット系外惑星探索衛星「TESS」は、16日午後6時32分(日本時間17日午前7時32分)、フロリダ州ケープカナベラルにあるNASAのケネディ宇宙センターで、米宇宙開発企業スペースXのロケット「ファルコン9」によって打ち上げられる。

    2年以上にわたる探査の主な目的は、恒星20万個超について、惑星が恒星の手前を通過する際に恒星が減光する「トランジット」という現象を観測し、惑星が存在するかを調べることだ。
    NASAは、TESSが太陽系の外にある惑星「系外惑星」を2万個ほど発見すると予測。
    地球大の惑星50個以上、地球の2倍に満たない大きさの惑星を最大で500個発見できるとみている。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

    img_6c7c7b60667cb84ddb033b0a8316201d229280

    http://www.afpbb.com/articles/-/3171333



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523887691/


    ▼「NASA、太陽系外の生命が存在しそうな惑星探す衛星打ち上げへ」の続きを読む

    日本の金星探査機「あかつき」、金星に生命が存在する可能性を示す兆候を見つける

    1 : 野良ハムスター ★ 2018/04/03(火) 01:07:29.10 ID:CAP_USER.net

    金星探査機「あかつき」が、金星の厚い濃硫酸の雲に微生物が存在する可能性を示す兆候を発見した。Astrobiology誌に掲載された記事の中で述べられている。

    2040625

    米ウィスコンシン大学マディソン校の学者たちは、金星の生命をあまりにも過酷な条件が支配している表面で捜すべきではないと指摘している(表面には事実上、水が存在せず、表面の上の大気は二酸化炭素と硫酸で構成され、温度は462度と非常に高温)。

    潜在的に生命は非常に高いところに存在する可能性がある。学者らによると、上層大気の雲の中に生命が存在するための最大限好都合な条件が存在する可能性がある。

    金星の雲の温度は約60度とわりと穏やかで、そこには水、そして生命のための潜在的な「食べ物」が存在することがわかった。

    地球でも似たような環境、あるいはより厳しい条件の中で微生物が存在している。例えば、イエローストーン国立公園の温泉だ。

    学者らは、自分たちの考えが、現在探査機と一緒に金星の雲を調査する小型無人機を打ち上げる計画を進めている米航空宇宙局(NASA)とロシアの「ロスコスモス」の関心を引くことに期待している。

    https://jp.sputniknews.com/science/201804024738422/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1522685249/


    ▼「日本の金星探査機「あかつき」、金星に生命が存在する可能性を示す兆候を見つける」の続きを読む

    11光年先に生命が存在するかもしれない地球に似た惑星を発見 しかも太陽系に接近中

    1 : プティフランスパン ★ 2017/11/15(水) 21:31:36.31 ID:CAP_USER9.net

    11光年先、地球に似た惑星=太陽系に接近中−生命存在か・国際チーム

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2017111501233&g=soc

    地球から11光年離れた赤色矮星(わいせい)「ロス128」(画像上の明るい星)と惑星の想像図。生命の存在が期待される(欧州南天天文台提供)

     おとめ座の方向に11光年離れた赤色矮星(わいせい)「ロス128」の周りで地球に似た惑星を発見したと、フランスのグルノーブル・アルプ大などの国際研究チームが15日発表した。
    太陽系外では4光年先の「プロキシマb」に次いで地球から2番目に近い惑星だが、太陽系に接近中のため、7万9000年後には最も近い惑星になるという。

     赤色矮星は宇宙に多数ある小さな恒星で、水素の核融合が穏やかなため暗い。ロス128は質量、大きさとも太陽の2割弱。
    発見された惑星「ロス128b」は赤色矮星の周りを1周約10日で回り、距離は太陽−地球間の20分の1、質量は地球の1.35倍で、温度は20度から零下60度と推定される。

     プロキシマbも赤色矮星の周りを約11日で周回するが、紫外線やX線が強烈で生命が存在するには厳しい。ロス128bは水が液体で存在するか不明だが、紫外線などは穏やかと考えられる。
     研究チームは南米チリにある欧州南天天文台の直径3.6メートルの望遠鏡でこの惑星を発見した。
    建設中の同39メートルの巨大望遠鏡ELTが2024年に観測を始めれば、大気中の酸素などを捉え、生命の存在可能性を明らかにできるという。



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510749096/


    ▼「11光年先に生命が存在するかもしれない地球に似た惑星を発見 しかも太陽系に接近中」の続きを読む

    生命維持に必要な遺伝子を一つも持たない「常識外れ」の細菌が発見される

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500650741/

    1 : trick ★ 2017/07/22(土) 00:25:41.68 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000132-asahi-soci

     どうやって生命を維持しているのか分からない「常識外れ」の細菌を、海洋研究開発機構などのチームが発見した。細菌は、太古の地球に似た環境で生息しており、生命の起源解明につながる可能性があるという。英科学誌に21日、掲載された。

     同機構の鈴木志野・特任主任研究員らは、米カリフォルニア州で、地表に現れたマントル由来の岩石に湧く泉で、どのような生物がいるか調べたところ、27種の微生物の遺伝子が見つかった。周辺は強アルカリ性で、約40億年前の地球に似た過酷な環境という。

     そのうち、岩石に付着した細菌では、酸素を使った呼吸など生命維持に必要とされるエネルギーを得るための遺伝子を一つも持っていなかった。

     この細菌が生きる仕組みは不明だが、岩石から電子を直接得たり、未知の遺伝子が働いたりするなどが考えられるという。細菌の全遺伝子数は約400で、ほかの生物の細胞に依存するものを除き、全生物で最も少なく、研究チームは「常識外れの細菌」としている。鈴木さんは「想像もしない仕組みの生物の存在に驚いた。未知のエネルギー源の解明につなげたい」と話した。(竹野内崇宏)

    発見された細菌の一種を光らせたもの。緑の点一つ一つが細菌を示している(海洋研究開発機構提供)




    ▼「生命維持に必要な遺伝子を一つも持たない「常識外れ」の細菌が発見される」の続きを読む

    【宇宙】火星の水和塩鉱物が細菌を殺傷することが明らかに 生命発見の期待を大きく打ち砕く結果

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499423135/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/07/07(金) 19:25:35.36 ID:CAP_USER9.net

    img_6d223715e37cf8c2adb4e04af6612360193401

    火星上に存在する水和塩鉱物が細菌を殺傷することを明らかにした研究結果が6日、発表された。
    火星の少なくとも表面での生命発見の期待を大きく打ち砕く結果だという。

    英エディンバラ大学 物理学・天文学科のジェニファー・ワズワース氏とチャールズ・コッケル氏のチームが発表した研究報告によると、「過塩素酸塩」として知られるこの化合物は、地球上での室内実験で、単純な生命体の枯草菌(学名:Bacillus subtilis)の培養菌体を殺傷したという。

    室温で安定する過塩素酸塩は、高温で活性化する。だが火星は非常に寒冷だ。
    研究チームは今回の最新研究で、過塩素酸塩が熱のない火星の表面に近い条件下でも、紫外線によって活性化される可能性があることを明らかにした。

    過塩素酸塩は数分以内に細菌を殺傷した。
    この実験結果は、火星が「これまで考えられていた以上に生命の生息には適さない」惑星であることを示唆していると、研究チームは指摘する。

    ワズワース氏は、AFPの取材に「火星上で生命を探す場合には、この結果を考慮に入れ、このような条件にさらされないと考えられる地下生命体を探す試みを検討する必要がある」と語った。
    過塩素酸塩は、地球上では自然に生成されるものと人工的に作られたものがあるが、火星上ではより豊富に存在する。
    米航空宇宙局(NASA)の着陸探査機フェニックス・マーズ・ランダーが2008年に火星で過塩素酸塩を初めて検出した。

    紫外線が存在する条件下で過塩素酸塩が枯草菌を殺傷したという事実は必ずしも、その他のすべての生命体が同様に死滅することを意味するわけではないと、ワズワース氏は指摘。
    これを確認するためには、さらに実験を重ねる必要があると考えられる。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3134829?pid=0 


    ▼「【宇宙】火星の水和塩鉱物が細菌を殺傷することが明らかに 生命発見の期待を大きく打ち砕く結果」の続きを読む

    【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497927533/

    1 : イセモル ★ 2017/06/20(火) 11:58:53.15 ID:CAP_USER9.net

    img_1eb5d4fab2733ddf9242689e2aab00b2246570

    米航空宇宙局(NASA)は19日、地球サイズの岩石惑星を新たに10個発見したと発表した。これらの惑星は水が液体で存在し、生命を維持できる可能性があるという。

    地球がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)を走査観測するために2009年に打ち上げられたケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡を用いて、太陽系の外にある惑星(系外惑星)を探すミッションを実施しているチームは今回、同望遠鏡で検出された系外惑星の候補天体219個の調査結果を公表した。

    新たに発見された候補天体のうちの10個は、地球の太陽公転軌道と同様の距離で主星を周回しており、液体の水が存在し、生命を維持できる可能性のある「ハビタブルゾーン(生命生存可能領域)」内に位置している。

    ケプラー宇宙望遠鏡はこれまでに系外惑星候補を4034個発見しており、うち2335個は他の望遠鏡で実際の惑星であることが確認されている。

    ハビタブルゾーン内にある地球サイズの惑星は、今回新たに10個発見されたことで、銀河系全体で計50個となった。

    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3132651



    ▼「【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も」の続きを読む

    真空の宇宙空間で生き延びる細菌がいることが判明!宇宙から最初の生命が来たという説の裏付けか?

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495503363/

    iss-548328_640

    1 : イセモル ★ 2017/05/23(火) 10:36:03.05 ID:CAP_USER9.net

     真空の宇宙空間で強い紫外線や放射線に1年間さらされても生き延びる細菌がいることが、国際宇宙ステーション(ISS)での山岸明彦・東京薬科大教授(生物学)らの実験で分かった。塊の状態なら生存率がより高まるという。千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で24日に発表する。

     地球の最初の生命は、地球で誕生したとする説と、他の天体からやってきたとする説がある。山岸教授らは2015〜16年、生物が宇宙空間を移動できるかどうかを複数の実験で検証する「たんぽぽ計画」を、地上約400キロを飛行するISSで実施した。

     たんぽぽ計画の一環で、「世界で最も放射線に強い細菌」として知られる「デイノコッカス・ラディオデュランス」など4種類の細菌を「バイオフィルム」と呼ばれる塊にして、アルミパネル(縦10センチ、横10センチ、幅2センチ)3枚にあけられた直径1.5ミリの穴の中に入れ、15年5月からISSの外壁に設置して宇宙空間にさらした。3枚のうち1枚を約1年後に取り外し、地球に持ち帰って調べたところ、4種類のうち3種類が生きていた。

    これまで、微生物は紫外線を遮断すれば宇宙空間でも生きていけることが欧州宇宙機関の実験で分かっていた。今回は紫外線をさえぎらなくても、細菌の塊の厚さが0.5ミリ以上あれば、「デイノコッカス・ラディオデュランス」で約10%、他の2種類でも5〜10%生き残ったという。

    山岸教授は「これまで、隕石(いんせき)の中に入った状態なら、宇宙から地球に生物が移動できると考えられてきたが、隕石の中でなくても、塊の状態なら移動できることが分かった。宇宙から最初の生命が来たという説の裏付けの一つになる」と話している。【斎藤広子】

    https://mainichi.jp/articles/20170523/k00/00e/040/153000c



    ▼「真空の宇宙空間で生き延びる細菌がいることが判明!宇宙から最初の生命が来たという説の裏付けか?」の続きを読む

    【NASA】水、生命、海が存在するかもしれない惑星7つ発見

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487798718/

    1 : 頭突き(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/02/23(木) 06:25:18.56 ID:DgKHjY6q0●.net BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典

    39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性

    読売新聞 2/23(木) 3:04配信

    no title

     【ワシントン=三井誠】地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、米国や欧州などの国際チームが発表した。

     すべての惑星の表面に液体の水が存在する可能性があり、一部には海があるかもしれない。一つの恒星の周りに、生命が存在しうる惑星が7個も見つかったのは初めてという。論文は23日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

     この恒星「トラピスト1」は、小さくて暗い「矮星(わいせい)」と呼ばれるタイプに分類され、木星よりも直径が約2割大きいだけで、明るさは太陽の1000分の1以下。

    研究チームは昨年5月にこの恒星を3個の惑星が回っていると発表したが、今回は米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡などを使って詳細に観測した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050009-yom-sci



    4 : メンマ(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/23(木) 06:26:47.43 ID:3dluufZF0.net

    微妙だな



    8 : メンマ(長屋)@\(^o^)/ [EE] 2017/02/23(木) 06:29:02.96 ID:LKAahGgo0.net

    だからなんやねん(´・ω・`)



    9 : 急所攻撃(茸)@\(^o^)/ [US] 2017/02/23(木) 06:29:20.08 ID:JDr1bBxT0.net

    何かしら生命体は存在してそう
    でも地球からじゃ行けそうもない星だ



    ▼「【NASA】水、生命、海が存在するかもしれない惑星7つ発見」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る