「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    生還

    【ブラジル】14歳少年、狂犬病から生還

    th_Rabid_dog

    1 : みつを ★ 2018/01/11(木) 18:09:09.38 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3158170?cx_position=18

    【1月11日 時事通信社】ブラジル北部のアマゾナス州は9日、バルセロス市在住の14歳の少年が狂犬病から生還したと発表した。発病した人の生存は極めてまれで、ブラジルでは2例目。

     少年は、兄と妹が狂犬病で死亡した直後の昨年12月2日、手のしびれを訴えて入院。狂犬病を発病したコウモリにかまれたとみられ、医師団は患者を昏睡(こんすい)状態にして抗ウイルス剤を投与する「ミルウォーキー・プロトコル」で治療に当たった。

     父親は、記者会見で「息子はまだ弱っているが、最悪の状況は脱した」と説明。医師団は「症状をすぐに把握し、迅速に入院させたことが良かった」と述べた。

     犬やコウモリなど哺乳類から人に感染する狂犬病は、発病するとほぼ確実に死亡。世界では毎年約5万人が命を落としている。(c)時事通信社

    狂犬病 - Wikipedia
    試験的な治療法の成功症例を除くと、ワクチン接種を受けずに発病した場合はほとんど確実に死に至り、確立した治療法はない。2004年10月以前までで記録に残っている生存者はわずか5人のみで、いずれも発病する前にワクチン接種を受けていた。2004年10月、アメリカ合衆国ウィスコンシン州において15歳の少女が狂犬病の発病後に回復した症例がある。これは発病後に回復した6番目の症例であり、ワクチン接種無しで回復した最初の生存例でもある。この際に行われた治療はミルウォーキー・プロトコルと呼ばれ、実際に数人が生存しており、治療法として期待されているが、回復に至らず死亡した事例も多く(生存率は1割程)、また生存したとしても後遺症が残るのが現状であり、研究途上である。
    「最も致死率が高い病気」としてエイズと共に、ギネス世界記録に記録されている。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1515661749/


    6 : 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 18:11:36.07 ID:JgPzVof40.net

    コウモリ怖っ



    2 : 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 18:09:38.66 ID:VAM4p3m50.net

    よし!早速この少年からワクチンを!



    8 : 名無しさん@1周年 2018/01/11(木) 18:12:15.02 ID:aGKOYA3E0.net

    犬の力を取り込んだ



    ▼「【ブラジル】14歳少年、狂犬病から生還」の続きを読む

    津波で3週間も漂流して生還した奇跡の犬「バン」 復興事業の車両にはねられ死亡

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446422804

    1 : ニーリフト(庭)@\(^o^)/ 2015/11/02(月) 09:06:44.03 ID:Dcnf500z0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典

    東日本大震災の津波で海に流され、3週間後に救助された気仙沼市の「漂流犬」が死んでいたことが分かった。復興事業関連の車両にはねられたとみられる。数奇な運命をたどった愛犬に、飼い主は「心の支えになってくれた」と感謝している。

    001_size4

    震災当時2歳の雌犬「バン」は、同市本吉町の団体職員小野寺賀代さん(57)が飼っていた。自宅が被災し、バンの行方も分からなくなった。
    2011年4月1日、海上保安庁のヘリコプターが気仙沼沖で漂流する住宅の屋根に犬を発見。首輪などからバンと確認され、小野寺さんと再会すると、盛んに頬をなめたり尻尾を振ったりしたという。

    自宅の修繕などに取り掛かり、「共働きでバンの世話をするのも大変だったが、前向きになれた」と小野寺さん。生活再建の道を一緒に歩んでいた。
    昨年1月、深夜に「ドン」と大きな音が聞こえた。自宅が面した国道45号は昼夜を問わず、復興事業の大型トラックや重機が往来していた。胸騒ぎを覚え、急いで外に出ると、バンが無残な姿で息絶えていた。

    悲しみから1年がたったことし初め、シバイヌを飼い始めた。小野寺さんは「バンに2度出合えたことに感謝し、心の中に思い出として大切にしまっておきたい」と目を潤ませる。

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151102_13013.html



    ▼「津波で3週間も漂流して生還した奇跡の犬「バン」 復興事業の車両にはねられ死亡」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る