1 : 名無しさん@おーぷん 20/07/31(金)13:06:49 ID:wzp


 知的・精神障害がある男性(当時36歳)が自治会の役員らに障害者であることを記した書面を書くよう強要され、自殺したとして、男性の両親が自治会と役員らに計2500万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

 両親によると、男性は「おかねのけいさんはできません」などと障害の影響についても詳しく書かされ、他の住民にも見せると告げられた翌日に自殺していた。31日に第1回口頭弁論があり、役員らは争う姿勢を示した。


2 : 名無しさん@おーぷん 20/07/31(金)13:07:14 ID:fZo

ひえっ



3 : 名無しさん@おーぷん 20/07/31(金)13:09:47 ID:ejW

怖すぎる



▼「【大阪】障害を持つ男性、自治会に「障害者です」と書面に書くよう強要されて自殺」の続きを読む