「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    血液

    【速報】水分とりまくるダイエット、ガチで凄い

    bottle-2553215_960_720


    1 : 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 09:30:12.25 ID:OE2RLNZW0.net

    1日4L飲む
    水分を消費するのにエネルギー使うけど、水やお茶はほぼ0カロリーなので痩せる

    めちゃくちゃ簡単なダイエット方法



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1523061012/


    2 : 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 09:30:49.43 ID:Lbz3QDiEd.net

    なお水中毒



    8 : 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 09:31:56.52 ID:OE2RLNZW0.net

    >>2-3
    4L程度ならならんやろ
    ワイはならんかった



    12 : 風吹けば名無し 2018/04/07(土) 09:33:07.50 ID:utOg3l960.net

    >>8
    低血糖になるで



    ▼「【速報】水分とりまくるダイエット、ガチで凄い」の続きを読む

    ロシア、人間の血液から電気を取り出す方法を開発

    1 : 2018/02/23(金) 23:47:22.57 ID:ntZrEdgO0.net BE:416336462-PLT(12000)

    ロシア・クルチャトフ研究所の研究チームが、人間の血に含まれるグルコースから電気を手に入れる方法を開発した。

    これにより心臓ペースメーカーのバッテリー交換を省略し、余分な外科手術を避けられると期待される。ロシア紙イズベスチヤが報じた。

    この新たな機器は人体の組織と完全に適合する素材から出来ている上、小さいサイズにも関わらず15〜40マイクロワットの電流を途切れず提供できる。
    この出力は現代のペースメーカーが機能するには十分である。
    新技術はまず動物で実験される。実験が成功した場合、新技術を臨床実践に導入するためには約10年かかる。

    2124025

    https://jp.sputniknews.com/science/201802234609303/



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519397242/


    5 : 名無しさん@涙目です。 2018/02/23(金) 23:48:27.05 ID:mXTGiyR80.net

    マトリックスの人間電池待ったなしだな



    7 : 名無しさん@涙目です。 2018/02/23(金) 23:49:37.03 ID:bwZme0Rr0.net

    効率化すればマトリックスみたいに人間集めて発電できるのか



    6 : 名無しさん@涙目です。 2018/02/23(金) 23:49:35.32 ID:ie9xPEug0.net

    鉄郎はネジじゃなくて電池になるのね



    ▼「ロシア、人間の血液から電気を取り出す方法を開発」の続きを読む

    新薬「竜の血」の開発に期待 コモドドラゴンの血液から強い抗菌作用発見

    lif1710190016-p1

    1 : 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:886559449-PLT(22000).net

    「竜の血」に治癒効果 コモドドラゴンの血液成分から強い抗菌作用発見 新薬開発へ期待

     ドラゴンの血が傷を癒やす−。伝説のような研究成果が4月、発表された。インドネシアのコモド島などに生息する世界最大級のトカゲ、コモドドラゴン(コモドオオトカゲ)の血液成分を参考に作った物質から、強い抗菌作用と、傷の治癒を早める効果が見つかった。近年では抗生物質が効かない耐性菌が増えており、新薬の開発に期待がかかる。

     米ジョージ・メイソン大の研究者らのチームが専門誌(電子版)に発表した論文によると、チームはコモドドラゴンが自身の唾液に含まれる細菌に感染しない点に着目。コモドドラゴンの血液中の抗菌ペプチド(アミノ酸化合物)を参考に別のペプチド「DRGN−1」を人工的に作製し、多くの抗生物質に耐性を持つ多剤耐性菌として知られる緑膿菌や黄色ブドウ球菌に使用すると、菌の活動を抑える抗菌活性が現れるほか、細菌が自身を守る膜「バイオフィルム」を壊して増殖を強く抑制した。

     さらに、これらの菌を感染させたマウスの傷口に塗布すると、傷の治りを早める効果もあったとしている。

    http://www.sankei.com/life/news/171019/lif1710190016-n1.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1508383527/


    8 : 名無しさん@涙目です。 2017/10/19(木) 12:28:45.35 ID:iJjksrxC0.net

    ドラゴンとかかっこつけてるけど
    しょせんトカゲだろ



    4 : 名無しさん@涙目です。 2017/10/19(木) 12:26:37.73 ID:On5P9Qlg0.net

    竜騎士の誕生



    ▼「新薬「竜の血」の開発に期待 コモドドラゴンの血液から強い抗菌作用発見」の続きを読む

    血液型で分かれて戦争したらどうなる???

    元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1496260229
    war-469503_960_720

    1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 04:50:29.469 ID:GVtU9nfx0.net

    予想して欲しいq



    2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 04:51:29.156 ID:ZKL16OhM0.net

    綿密な計画
    A型圧勝だろwwwwww



    3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 04:51:54.543 ID:8CMUib7Ba.net

    一つの血液型が勝利して
    んで次は肌の色で戦争になって最終的には滅ぶんじゃね?人類



    4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 04:52:18.055 ID:gGeXQBxkd.net

    天才的なB型に勝てるやついんの?



    ▼「血液型で分かれて戦争したらどうなる???」の続きを読む

    誰にでも輸血できる血液 どんな血液もRhマイナスのO型にできる技術をカナダの研究者が発明

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436764253/

    0202

    1 : テキサスクローバーホールド(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 14:10:53.29 ID:wO3x0Bx30.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    街角や駅前で良く行われている献血。自分の血液が将来、誰かの命を助けることになるので
    積極的に行っていきたいものです。

    カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究者たちにより、あらゆる型の血液をO型に変換する技術が開発されました。

    人口のたったの6%しか持っていないと言われている特殊な血液であるRhマイナスのO型の血液。
    これは実はとてもマルチな血液なのです。なぜならどんな血液型を持つ人にも輸血ができるからです。

    自分とは違う型の血液を輸血してしまうと、免疫反応を引き起こしてしまい死亡してしまうこともあります。
    研究者たちはある酵素を作り出し、この酵素が免疫反応の原因となる物質を取り除くことを発見したのです。

    この技術はまだ試作段階で、他にもいくつかの課題があるため、実際に実現に至るには少なくとも後5年はかかるのではないかと言われています。

    まだまだ先の話になりそうですが、将来どんな血液でもRhマイナスのO型に変換できれば、もっと多くの命を救うことができるようになります。

    そんな医療の発展に感謝して、研究者たちを背後から応援していきたいものですね。

    http://news.ameba.jp/20150713-173/



    ▼「誰にでも輸血できる血液 どんな血液もRhマイナスのO型にできる技術をカナダの研究者が発明」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る