「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    観測

    【宇宙】太陽系外で月のような「衛星」を初観測

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/10/04(木) 09:41:41.84 ID:o4J+ZtgI0●.net BE:512899213-PLT(27000)

    K10011657641_1810040927_1810040931_01_02

    太陽系の外で月のような衛星を初めて観測したと見られると、アメリカの研究グループが発表しました。衛星ではなく惑星である可能性も残されていることから、研究グループではさらに観測を続けることにしています。

    アメリカのコロンビア大学の研究グループは、NASA=アメリカ航空宇宙局の宇宙望遠鏡を使って、太陽系の外で初めて衛星を観測したと見られるとする論文を3日、科学雑誌「サイエンス・アドバンシズ」に発表しました。
    研究グループで去年10月、地球から8000光年離れた「ケプラー1625」という星が発する光の強さを観測したところ、木星くらいの大きさの惑星が通過したおよそ3時間半後に光が弱まる様子を観測できたということです。
    惑星やその周りの衛星は、みずから光を出さないため、太陽系の外にあるものは直接観測できず、光を発する星の前を通るさいにわずかに光が弱まることで存在が確認できます。

    今回、光の弱まり方は惑星のものより小さく、惑星の重力の影響を受けていると見られることから、研究グループは観測したのは衛星ではないかとしています。
    観測した星の大きさは直径が地球の4倍程度と見られ、惑星や衛星の成り立ちを考えるのに役立つとしています。ただ、研究グループでは、衛星ではなく惑星である可能性も残されていることから、さらに観測を続け、衛星の発見だと確定させたいとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011657641000.html



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538613701/


    ▼「【宇宙】太陽系外で月のような「衛星」を初観測」の続きを読む

    【宇宙】最遠記録、90億光年先の恒星を「重力レンズ」を使って観測

    1 : 魔戒騎士黄金牙狼 ★ 2018/04/03(火) 01:35:22.00 ID:CAP_USER9.net

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040300024&g=soc
    0180402at50_p

     約90億光年も離れた恒星をハッブル宇宙望遠鏡で観測できたと、米カリフォルニア大や東京大、東北大などの国際研究チームが2日発表した。手前にある銀河団の強い重力がレンズの役割を果たし、最大で2000倍超も明るく見えた。

     単独の恒星はこれまで1億光年以内しか観測できなかったが、重力レンズ効果で大幅に記録を更新したという。論文は英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載される。

     この恒星は質量が太陽より大きく、熱く明るいが、通常は遠過ぎて観測できない。今回は手前の銀河団に強い重力を持つ「暗黒物質」が分布している上、恒星からの光が望遠鏡に届く経路付近に、太陽くらいの別の星が入り込んだため、一時的にレンズ効果が増強された。2016年5月に最も明るくなってから急に暗くなり、「イカロス」と呼ばれている。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1522686922/


    ▼「【宇宙】最遠記録、90億光年先の恒星を「重力レンズ」を使って観測」の続きを読む

    【宇宙】110億光年先の円盤銀河が楕円形に変化する様子を観測成功

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505249360/

    1 : 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/13(水) 05:49:20.13 ID:CAP_USER9.net

     平らな円盤の形をした銀河が、中心部が厚い楕円だえん形に変わっていく様子の観測に成功したと、国立天文台などの研究チームが11日、札幌市で開催中の日本天文学会で発表した。

     研究チームは、地球から約110億光年離れた、成長中の銀河の活動に着目。銀河の形の変化や、星ができる様子を、ハッブル宇宙望遠鏡と南米チリのアルマ望遠鏡を使って詳細に観測した。その結果、銀河の中心で多数の新たな星が急激に誕生し、厚みのある楕円に形を変えつつあることがわかった。1年間に誕生する星の質量は太陽の約126個分に相当し、地球がある天の川銀河の約40倍のペースで増えているという。

     楕円形の銀河は、複数の円盤形の銀河が衝突・合体してできることが知られていた。ひとつの銀河が成長して楕円形の銀河になるケースが観測されたのは初めて。チームの但木謙一・国立天文台研究員は「星の材料となるガスが何らかの仕組みで銀河の中心に運ばれ、星が急増しているのではないか」と話している。

     本原顕太郎・東京大学准教授(銀河天文学)の話「衝突説以外の楕円形銀河の形成過程の解明に向け、大きな一歩となる成果だ」

    http://yomiuri.co.jp/science/20170912-OYT1T50075.html




    ▼「【宇宙】110億光年先の円盤銀河が楕円形に変化する様子を観測成功」の続きを読む

    雷雲から宇宙へ放電 巨大ジェット現象 ハワイ・ジェミニ天文台で観測に成功

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1501516097/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/08/01(火) 00:48:17.56 ID:CAP_USER.net

    雷雲から上空の宇宙空間に向かって稲妻が光る「巨大ジェット」の撮影に、ハワイの天文台が成功した。

    今月23日未明、マウナ・ケア火山にあるジェミニ天文台で観測を行っていた写真家、スティーブ・カレンさんは、火山の北西200キロほどの太平洋上で、巨大な雷雲を発見。

    地上から80キロほど上空で、高さ16キロほどに発達した積乱雲内部ではさかんに稲光が光っていたが、そのうち、本来ならば地上に落ちるはずの雷が、雲の上空に向かって放電し始めたという。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:ハザードラボ 2017年07月31日 16時43分
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21341.html

    ハワイのジェミニ天文台がとらえた巨大ジェット現象(Steve Cullen/Gemini Observatory)




    ▼「雷雲から宇宙へ放電 巨大ジェット現象 ハワイ・ジェミニ天文台で観測に成功」の続きを読む

    秒速500キロで進む猛スピード太陽ガス“プロミネンス(紅炎)”の高精度観測に成功

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492176496/

    1 : ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 998d-PoIF) 2017/04/14(金) 22:28:16.10 ID:CAP_USER9.net

    太陽のガスが猛スピードで出る現象「プロミネンス(紅炎)噴出」を高精度に観測することに成功したと、京都大の一本潔教授(太陽物理学)らのチームが14日発表した。

    地球に向かっての噴出の観測は、秒速約50キロのものが限界だったが、秒速約400キロまで可能で、別方向では秒速約500キロのものを捉えたという。

    太陽からの磁気を帯びたガスの噴出は人工衛星の故障や大規模な停電を招くことがあるとされ、一本教授は「プロミネンス噴出も関係があるかもしれず、スピードや方向の長時間の観測がトラブル予測に役立つ可能性がある」と話している。

    origin_1

    *+*+ 47NEWS +*+*
    https://this.kiji.is/225557262995375613?c=39546741839462401



    ▼「秒速500キロで進む猛スピード太陽ガス“プロミネンス(紅炎)”の高精度観測に成功」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る