「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    論文

    「エイリアンはもう地球に来ているかもしれない」 NASAの科学者が論文を発表

    ufo-2413965_640

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/12/07(金) 11:24:08.02 ID:+XDddA/70.net BE:932354893-PLT(12931)

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

    エイリアンはもう地球に来ているが、予想もしない外見であるために発見されずにいるだけかもしれない。
    米航空宇宙局(NASA)の科学者がそう発表した。 

    NASAエイムズ研究センターの研究者シルバノ・コロンバーノは、12月3日に発表した研究論文のなかで、人類は、生物はすべて炭素をベースにしているというような固定観念を捨てて、もっと広く地球外生命体を探索すべきだと提案した。

    「我々が見つけるかもしれない知的生命体、そして、我々を見つけようとするかもしれない知的生命体は、我々のように炭素でできた生物とはまったく異なる可能性がある」とコロンバーノは書く。 

    コロンバーノによれば、炭素以外でできた地球外生命体が存在した場合は、知的生命体に関して人類が抱いている現在の考えは大幅な変更を余儀なくされる。
    「彼らは、人間の尺度の寿命の制約を受けずに(不可能と言われる)星間旅行をしているかもしれない。彼らは、ごくごく小さな超知能体かもしれない」と、コロンバーノは言う。 

    「我々が発見するかもしれない高度な知性や技術について新たな仮説を採り入れれば、(作り話として片づけられがちなUFOの目撃情報のなかにも、いずれかの仮説に合うものがあるかもしれない」 

    コロンバーノは、エイリアンの文明があまりにも発達しているために、人類がその技術を認識すらできない可能性もある、とも言う。 

    「我々が発見するかもしれない高度な知性や技術について新たな仮説を採り入れれば、そのような事象のいくつかは、仮説のどれかに合致するかもしれない。そうなれば、本格的な研究を始められる」 

    コロンバーノは本誌に宛てたメールのなかで、エイリアンは「究極的にはロボット的に」なる可能性があると説明している。 

    「要するに私が言いたいのは、『進化した』知的生命体は、究極的には事実上ロボット的になる可能性があるということだ。その場合、生物に関して我々が従来立てて来た仮定にはすべて、疑問が投げかけられることになる」 

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/12/nasa-13.php



    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1544149448/


    ▼「「エイリアンはもう地球に来ているかもしれない」 NASAの科学者が論文を発表」の続きを読む

    最も買うべき「八ツ橋」銘柄を研究した京都大学の論文がネットで話題に

    1 : coffeemilk ★ ageteoff 2015/03/21(土) 16:28:49.32 ID:???*.net

    京都大学の学生たちが研究した「私たちはお土産にどの八ッ橋を買えばよいのか」という論文が話題となっている。

    これは京都大学工学部情報学科計算機科学コースおよび、京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻の学生たちにより2014年に発表されたもの。
    京都市内で販売されている八ッ橋のうち、「つぶあん入り生八ッ橋ニッキ味」の主要11 銘柄について、9 人の評価者が実際に試食・評価を行い、その結果を数理的に解析してランキング付けし、比較したという。

    3月16日、あるツイッターユーザーがこの論文へのリンクを貼って投稿したところ、ネット上で反響を呼んでいる。

    研究の詳細については論文に詳しいが、結論として、買うべきなのは「京栄堂または聖護院八ッ橋総本店の八ッ橋」で、

    「時間はないが確固たるエビデンスに基づいて美味しい八ッ橋を求める方は聖護院八ッ橋を,誰もが知っている京都の代表的なお土産である八ッ橋の中でも
    一味違うところを見せつけていきたい方は京栄堂の八ッ橋を,それぞれお土産として買って帰られるとよいのではないかと考えられる」

    とのことだ。論文には、

    「一対比較の確率モデルとしてしばしば用いられるBradley-Terry モデル [Bradley 52]」

    などと書かれており、一見すると難解なようだが、

    「実験の性質上,オナカとコストに関する制約が調査方法を考える上で重要になることに注意しておかねばならない.
    つまり,評価者は無限に八ッ橋を食べられるわけではないし,また無限の八ッ橋を購入するお金を準備することもできないということである」

    のように、本気とも冗談ともつかないような表現もあり、笑いを誘う。

    この論文に対し、ツイッターでは、

    「やっぱり京大のヒトらはちょっとお…もとい発想がユニークだなあ、と再確認させられた」
    「京大工学部の手に掛かると、八ツ橋を買うにもこうなるのか…… 正にしろめ」

    と、発想のユニークさに脱帽する声があったほか、

    「八ツ橋の表記がもにょるし,八ツ橋といえば焼いてあるもので,生八ツ橋,あん入り生八ツ橋とは区別されるべきである」
    「素晴らしい完成度だが、本来の八ツ橋の亜流である『生八ツ橋』にしか言及していないのが惜しい」

    と、八ッ橋にこだわりを持つ人からの意見も投稿されている。

    論文の末尾では「今後の課題」として、「つぶあん入り生八ッ橋の他にも,あんとしてこしあんや抹茶あん,八ッ橋自体にも抹茶が練り込まれたものなど,様々なバリエーションがある」と、
    研究を継続する可能性も示唆。もしこれらも研究され発表されれば、さらなる話題になりそうだ。


    http://image.news.livedoor.com/newsimage/1/b/1b844_123_aadfc69d_7dc85554.jpg

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9914746/



    ▼「最も買うべき「八ツ橋」銘柄を研究した京都大学の論文がネットで話題に」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る