「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    警告

    ホーキング博士、生前に「宇宙人と接触しないように」と中国に本気の警告を繰り返していた

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/03/15(木) 16:44:35.91 ID:unBiY13S0.net BE:837857943-PLT(16930)

    2018年3月14日、米華字メディア・多維新聞によると、同日に死去した英物理学者スティーブン・ホーキング氏は生前、中国に対して繰り返し「あること」を警告していたという。

    同氏がまず警戒したのは、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡。通称「天眼」だ。記事は「これほど巨大な望遠鏡は容易に地球外生物に見つかり、人類に災難を及ぼす可能性があると同氏は認識していた。中国がこの望遠鏡を使って初めて宇宙信号らしきものを受信したと伝えられた時、同氏は『応答するな!応答するな!応答するな!』と警告を発した」と伝えた。

    また「その後、中国の科学者が『太陽の分層構造を発見した。太陽を電波増幅装置として人類からの信号を宇宙に拡大送信できる』と発表したが、同氏はその際にも警告を発している。しかし、中国はやはり振り向かなかった」としている。

    http://www.recordchina.co.jp/b581931-s0-c10.html




    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521099875/


    ▼「ホーキング博士、生前に「宇宙人と接触しないように」と中国に本気の警告を繰り返していた」の続きを読む

    「アマゾンをかたる怪しい感謝状が届いた」警告ツイートが話題 アマゾンは送付を否定

    1 : アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/02/11(日) 22:42:45.22 ID:CAP_USER9.net

    アマゾンをかたる不審な「感謝状」が送られてきたと注意を呼びかけるツイートが、ネット上で話題を呼んでいる。あるTwitterユーザーは2月10日、アマゾンのロゴが入った不審な感謝状が届いたため、カスタマーサポートに問い合わせたところ、アマゾンが送ったものではないことがわかったとツイートした。

    アマゾンジャパンは、ハフポストの取材に対し、「『感謝状』と記載された書面が同封された荷物はAmazon.co.jpがお送りしたものではありません」と回答。「調査の上、然るべき対応を行います」とした。(渡辺一樹・ハフポスト日本版)

    ツイートによると、このユーザーが受け取ったのは茶封筒。その中には「スマホの説明書」と書かれたバーコードシールが貼られた黄色い封筒、そして「感謝状」が入っていた。

    「感謝状」には、「尊敬する Amazon.co.jp のお客様」「Amazon.co.jpはお客様の良い購入体験ができますように努力してきました」などと、不自然な日本語が書かれている。このユーザーは同じものが日を変えて2通届いたとしている。

    アマゾンジャパンはハフポストの取材に「『感謝状』が同封されたお荷物は、お客様にて破棄いただきますようお願いしています」と答えた。

    この荷物は、誰が何のために送ったものか不明。

    ネット上では、他人の家に不審物を送りつけて、SNS上にアップロードさせることで、家人のSNSアカウントを割り出そうとする手口ではないかと指摘する声がでている。

    20180211-00010003-huffpost-000-6-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00010003-huffpost-soci



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1518356565/


    ▼「「アマゾンをかたる怪しい感謝状が届いた」警告ツイートが話題 アマゾンは送付を否定」の続きを読む

    「警告、お使いのPCはウイルス感染しています」小学生ワイ「あわわわわわわわわわわわわわ」

    no title


    1 : 風吹けば名無し 2018/01/10(水) 11:49:59.05 ID:HzxrO9hX0.net

    現在のワイ「うるせーな、(右上の×ポチー)」

    頼もしすぎるやろ現在のワイくん



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1515552599/


    4 : 風吹けば名無し 2018/01/10(水) 11:51:19.05 ID:k4kBWRIe0.net

    警告特有のガバガバ日本語



    53 : 風吹けば名無し 2018/01/10(水) 12:03:27.76 ID:u8L8nvmO0.net

    >>4
    最近日本語うまいから注意しろ



    ▼「「警告、お使いのPCはウイルス感染しています」小学生ワイ「あわわわわわわわわわわわわわ」」の続きを読む

    NASA、小惑星の地球への激突5日前警告

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478530246/

    1 : キドクラッチ(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/11/07(月) 23:50:46.52 ID:I+Gpke6F0.net BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典

    NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。
    サイト「Universe Today」が報じた。

    同サイトが指摘するところ、5日は非常に短い期間に思われるかもしれないが、以前は地球に落下する数時間前にしか小惑星を発見できなかった。
    このように、新たなシステムにより落下による結果を前もって評価し、小惑星が落下する地域にいる人々を救う策を講じることができる。

    NASAはチェリャビンスク隕石のような小惑星を研究するため、地球近傍小惑星探査機「ニア・スカウト」を2018年に打ち上げる。
    そのような物体が地球に接近すると、探査機の1つが物体に近づき、物体表面の詳細な写真を取る。

    1233049

    そー
    https://jp.sputniknews.com/science/201611052978974/



    2 : メンマ(九州地方)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/07(月) 23:52:28.18 ID:kQRAYoahO.net

    来いよ、コメット! (シュワルツェネッガー感



    3 : レインメーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [HR] 2016/11/07(月) 23:52:46.12 ID:3MtikFN00.net

    恐怖のドン底で震えている時間が数時間から5日間に延びた、と



    4 : 稲妻レッグラリアット(新潟県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/07(月) 23:53:01.07 ID:RhYAwvK00.net

    リアル君の名は



    ▼「NASA、小惑星の地球への激突5日前警告」の続きを読む

    再三のワニ注意の警告を無視してワニのモノマネをして川に飛び込んだ男、即ワニの餌に

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436067265

    IMG_6176

    1 : フロントネックロック(家)@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 12:34:25.12 ID:0vhoUL7+0.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典

    男性がワニに襲われ死亡、警告無視して川に飛び込む 米
    http://www.cnn.co.jp/usa/35066909.html

    米テキサス州南東部の川で、警告を無視して飛び込んだ男性がワニに襲われて死亡する出来事があった。

    郡の法務官によると、事件は3日未明に発生し、現場はルイジアナ州境に近いボート係留施設の周辺だった。
    死亡したトミー・ウッドワードさん(28)は女性1人とともにここを訪れていた。シャツを脱いでポケットから財布を取り出し、だれかが注意した声を無視して川に飛び込んだ。その直後に大声で助けを求めたという。

    ウッドワードさんは数時間後に遺体で発見された。女性にけがはなかった。

    このあたりでは体長約3メートルのワニが目撃され、最近「水泳禁止 ワニ」と書かれた看板が立ったばかりだった。

    ウッドワードさんは飛び込む直前、ふざけてワニの物まねをしていたという。
    本人らと家族ぐるみの付き合いがあったという施設の女性従業員は「水に入らないでと大声で繰り返したのに」と振り返り、「懐中電灯で水上を見ると、彼がいったんうつぶせの状態で浮かび、再び水中に引きずり込まれた。あの光景は一生忘れられない」と涙ながらに語った。
    (略)



    ▼「再三のワニ注意の警告を無視してワニのモノマネをして川に飛び込んだ男、即ワニの餌に」の続きを読む

    水族館のイルカ入手法「NO」…世界協会が警告

    1 : 小助 ★ 2015/05/09(土) 09:08:12.74 ID:???*.net

    2015年05月09日 07時38分

    国内153の動物園や水族館などで構成する公益社団法人「日本動物園水族館協会」(JAZA、東京都)が、スイスに本部を置く「世界動物園水族館協会」(WAZA)から、会員資格を停止されたことがわかった。
    国内の水族館が、和歌山県太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを購入していることが理由とされ、改善されなければ今月中に除名になるとの通告を受けたという。

    国内の水族館の多くはイルカの供給を同町に頼っており、集客力の高いイルカが確保できなくなることから、「WAZAの通告は納得できない」とする意見が強い。
    一方、WAZAのネットワークを使って海外の動物園と希少種などをやり取りしている動物園側は、「動物の入手に支障が出る恐れがある」として、除名は避けるべきだとの考えだ。
    両者の溝は埋まっておらず、JAZAは近く、加盟する全施設の意向を確認したうえで、最終判断する。

    20150509-OYT1I50003-L

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150509-OYT1T50009.html



    ▼「水族館のイルカ入手法「NO」…世界協会が警告」の続きを読む

    プーチンのおふざけ画像は違法、ロシア当局が警告

    1 : 野良ハムスター ★ ageteoff 2015/04/14(火) 16:07:02.82 ID:???*.net

    【サンフランシスコ】プーチン大統領の「ミーム(meme)」(ネット上で流行している画像やテキスト)はもう許されない。(少なくともロシアでは)

    ロシア連邦政府の通信・情報技術・マスコミ監督庁はこのほど、ロシアの「公人」、特にプーチン氏をからかうインターネット上のミームを禁止した。

    同庁は、ロシアのフェイスブックとされる交流サイト(SNS)「フコンタクチェ」に以下の文書を発表した。

    「公人の写真を利用し、『セレブ』のアイデンティティーに関係のない役割をインターネット・ミームで演じさせることは、公人の個人情報を守る法律に違反する。このような個人情報の使い方は個人情報(保護)法に違反するばかりか、公人の名誉や尊厳、功績を傷つける」

    同庁はミームを掲載するウェブサイトにコンテンツの削除を義務付け、従わない場合は訴えると警告している。

    つまり、もはやロシアでは以下のような画像を見ることができないはずだ。


    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ517_115281_NS_20150413113705.gif

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ518_7a3640_NS_20150413113707.jpg

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ519_EPc7FX_NS_20150413113709.gif

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ510_putin5_NS_20150413112203.jpg

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ513_image_NS_20150413112502.jpg

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ512_putinr_NS_20150413112402.jpg

    http://si.wsj.net/public/resources/images/MW-DJ511_crimea_NS_20150413112303.jpg
    http://jp.wsj.com/articles/SB12553795185919473670004580579613107787520



    ▼「プーチンのおふざけ画像は違法、ロシア当局が警告」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る