「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    警報

    昨日現在のインフルエンザ警報レベルwwwwww

    1 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:38:08 ID:u8e

    あっ……(察し)



    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518190688/


    2 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:38:44 ID:Qta

    赤い列島



    3 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:39:24 ID:MI8

    北海道の右らへんどのレベルやねん



    5 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:40:51 ID:Zva

    たしかに流行ってる
    職場で2割食らってて草も生えない



    7 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:42:38 ID:D1L

    インフルってどうすればかかるん?ってくらい縁ないわ
    人生で12年前の小3の時1回なっただけや



    9 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:45:32 ID:v08

    彡(^)(^)「熱高くて吐き気止まらないですが、出社しますよー」



    10 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)00:45:50 ID:GWW

    ワイ一回もなったことないんやが



    13 : 名無しさん@おーぷん 2018/02/10(土)01:06:23 ID:Ogp

    >>10
    ワイもや
    罹らんからアホらしくて予防接種も7年ぐらい受けてないわ



    ▼「昨日現在のインフルエンザ警報レベルwwwwww」の続きを読む

    【NASA】強力な太陽フレアが発生「高エネルギー電子警報発令中!」

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500695349/

    1 : ★ 2017/07/22(土) 12:49:09.31 ID:CAP_USER9.net

    14日の太陽フレア(NASA/SDO)


    米航空宇宙局(NASA)は20日、太陽観測衛星が太陽の黒点群でM2クラスの爆発現象(フレア)をとらえたと発表した。
    太陽活動は現在やや活発な状態が続いており、宇宙天気情報センター(SWC)が「高エネルギー電子の臨時警報」を発令している。

     太陽フレアは、太陽表面の黒点周辺で、磁場のエネルギーが急激に解放されることで発生する大規模な爆発現象。
    爆発に伴って放射されるX線の強度によって低い方からA、B、C、M、Xの5等級で分類される。

     一定規模以上のフレアが発生すると、太陽ガスの放出によって、2〜3日後に地球上でGPSの誤差が発生したり、通信や電波障害が起きる可能性もあることから、各国で警戒監視活動を続けている。

     NASAのソーラーダイナミクス天文台(SDO)によると、今月14日、太陽の西の端(右端)近くの活動が高まって、M2.4の中規模フレアが発生。爆発に伴って、太陽ガスの噴出現象(CME)も観測された。

     14日に発生した太陽ガスの噴出現象によって、今月17日には太陽風が地球に到着。米国のX線観測衛星(GOES)が高いレベルのエネルギー電子を観測したことから、宇宙天気情報センターが18日未明に「臨時警報」を発令した。
    太陽活動は活発な状態が続いていて、今後もCクラスのフレアが発生する可能性が予想される。

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21201.html



    ▼「【NASA】強力な太陽フレアが発生「高エネルギー電子警報発令中!」」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る