「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    追悼

    東日本大震災の画像を淡々と貼っていく

    1 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)06:22:42 ID:5qu





    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466025762/


    2 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)06:23:08 ID:5qu





    3 : 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)06:23:30 ID:5qu





    ▼「東日本大震災の画像を淡々と貼っていく」の続きを読む

    Twitter絵師 「鶴ひろみさん追悼描いてみた」→ブルマとドキンちゃんも死亡

    1 : 風吹けば名無し 2017/11/17(金) 14:41:44.40 ID:si8FPpyb0.net



    鶴ひろみさん。大好きな声優さん。
    できるなら、もっともっとお声をききたかった…!
    ご冥福をお祈りします。
    https://twitter.com/sayakashiba_fuk/status/931357601924759552

    10,743件のリツイート 12,695件のいいね



    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1510897304/


    4 : 風吹けば名無し 2017/11/17(金) 14:42:58.91 ID:o//i7Lsg0.net

    何勝手にブルマとドキンちゃん殺してんだよwwwwww



    8 : 風吹けば名無し 2017/11/17(金) 14:43:31.32 ID:kk5x8MY/a.net

    >>4
    これww



    ▼「Twitter絵師 「鶴ひろみさん追悼描いてみた」→ブルマとドキンちゃんも死亡」の続きを読む

    【中国】ロバをトラの檻に放り投げ見世物にした動物園 批判殺到したためロバの追悼像を建設

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499474913/

    1 : 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US] 2017/07/08(土) 09:48:33.23 ID:gyr8PmOj0●.net BE:878898748-PLT(16000) BE:878898748-PLT(16000)

    事件が起きたのは6月5日で、トラックの荷台に積まれたロバは、飼育員達に押されてそのまま虎の檻の中に真っ逆さまに落下。
    下で待っていた虎たちにより襲われるというショッキングなもの。ロバは即死ではなく30分間虎に噛まれ溺死または首元を噛まれてショック死したという。

    この動物園は様々な債務問題を抱えており、それを改善するために株主が提案を出した。それは5日の午後に株主が動物をトラックに乗せて与えようとしたところ、職員に阻止された。しかし、強引にロバや羊が虎の檻に放り込まれたという。

    そんな同動物園に対して中国国民から批判が殺到。そこで動物園側はロバを追悼するために銅像を建てたのだ。
    追悼像の制作者は株主の1人だという。株主は「ロバの理不尽な死を学び、野生動物の残酷性を知って欲しいために製作した」と話した。

    ※記事に動画あり(閲覧注意)
    http://gogotsu.com/archives/31051









    ▼「【中国】ロバをトラの檻に放り投げ見世物にした動物園 批判殺到したためロバの追悼像を建設」の続きを読む

    Facebookなどネット上での笑顔や世界各地のライトアップでの「フランス国旗」追悼に疑問の声発生へ

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1447576374

    1 : パイルドライバー(スウェーデン)@\(^o^)/ sage 2015/11/15(日) 17:32:54.39 ID:TVmFfCZq0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典

    FBフランス国旗化キャンペーンに早くも疑問の声

    「9.11」以来、最大規模のテロがフランスで起こった。私はずっとCNNをつけているが、ローマ法王は「第三次世界大戦のようだ」と述べ、世界中で追悼集会が開催されている

    笑顔の顔写真の上に仏国旗を重ねるZuckerberg氏から、「誠実さ」を感じないのは私だけだろうか。文化の違いである、とは私は思わない。世界中で今回のテロの犠牲者を追悼する集会が開催されているが、その中でニヤニヤ笑いながら蝋燭を灯している人間は居ない。
    私は「追悼」と真反対にあるのが「笑顔」だと思っている。

    「平和」を笑顔の情景で表現しようとする人が居るが、勘違いではないか。平和は怒りからしか生まれないと私は思う。二度と再びこの悲劇を繰り返してはならないという強い意志と怒りが、平和への橋頭堡になるのであって、躁的な笑顔からは何も生まれない。「追悼」「祈り」と銘打っておきながら、満面の笑顔に仏国旗を重ねるZuckerberg氏の姿勢に、私は有り体に言えば「軽さ」を感じた。この人は本当に、犠牲者を悼む気持ちがあるのだろうかと感じた。このFBの「キャンペーン」を実装する日本人のユーザーに対しても、同等程度の違和感を感じる。
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20151115-00051478/

    フランス国旗背景に笑顔で追悼表明するFacebookのザッカーバーグ氏




    ▼「Facebookなどネット上での笑顔や世界各地のライトアップでの「フランス国旗」追悼に疑問の声発生へ」の続きを読む

    【音楽】B.B.キング追悼、「B.B.キングの最も素晴らしい楽曲 10選」と「ライヴ・パフォーマンス 5選」

    1 : 湛然 ★@\(^o^)/ sage 2015/05/16(土) 00:09:08.61 ID:???*.net

    5月14日に89歳で亡くなったB.B.キング(B.B. King)の追悼企画として、
    米ローリングストーン誌が「B.B.キングの最も素晴らしい楽曲 10選」と
    「最も素晴らしいライヴ・パフォーマンス 5選」を発表しています

    ●B.B. King's 5 Greatest Live Performances

    'Live at the Regal' (1965)
    'Live in Cook County Jail' (1971)
    'Live in Japan' (1971)
    B.B. King and Bobby Bland, 'Together for the First Time. . .Live' (1974)
    'Live in Africa '74' (1991)

    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.rollingstone.com/music/lists/b-b-kings-5-greatest-live-performances-20150515


    ●B.B. King's 10 Greatest Songs

    "Three O'Clock Blues" (1951)
    "You Upset Me Baby" (1954)
    "Every Day I Have the Blues" (1955)
    "Sweet Sixteen" (1960)
    "Don't Answer the Door" (1966)
    "Why I Sing the Blues" (1969)
    "The Thrill Is Gone" (1970)
    "Chains and Things" (1970)
    "To Know You Is to Love You" (1973)
    "Never Make a Move Too Soon" (1978)


    詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
    http://www.rollingstone.com/music/lists/b-b-kings-10-greatest-songs-20150515

    ・B.B. King


    http://amass.jp/56497/
    2015/05/15 17:33



    ▼「【音楽】B.B.キング追悼、「B.B.キングの最も素晴らしい楽曲 10選」と「ライヴ・パフォーマンス 5選」」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る