「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    重力波

    【天文】中性子星(質量太陽以上)のサイズは半径12〜13.5kmと判明

    1 : しじみ ★ 2018/07/10(火) 13:10:41.46 ID:CAP_USER.net

    ドイツのフランクフルト大学とFrankfurt Institute for Advanced Studies(FIAS)の研究チームは、中性子星の半径がとり得る値の範囲を12〜13.5kmの間に絞り込むことができたと発表した。
    数値の見積もりには連星中性子星の合体に由来する重力波の観測データを利用した。
    研究論文は「Physical Review Letters」に掲載された。

    中性子星は、太陽よりもやや質量の大きな恒星が寿命を迎えたときに形成される超高密度天体であると考えられている。

    年老いた恒星が核融合反応に必要な元素を使い尽くすと、核融合エネルギーによる膨張と重力による凝縮のバランスが崩れ、超新星爆発などをともなう重力崩壊が起こる。恒星の中心部には、重力崩壊によって落ち込んだ物質が集中し、主に中性子から構成された超高密度のコアが形成される。

    中性子星の大きさがどの程度であるのかという問題は、これまで40年以上にわたって議論されてきた。
    これまでの理論研究から見積もられた半径は8〜16kmと幅があった。

    一方、今回の研究では中性子星の半径が取りうる値を12〜13.5kmと見積もり、幅1.5kmの範囲まで絞り込んでいる。
    この値の導出には、2017年8月17日に米国の重力波検出器LIGOおよび欧州のVirgoによって観測された重力波「GW170817」のデータが利用されている。GW170817は、観測史上5例目となる重力波であり、ブラックホールではなく連星中性子星の合体にともなって発生したと考えられる重力波としては史上初の事例である。

    画像は大きさの比較のためにフランクフルト周辺地図に重ねてある


    全文はソースで
    https://news.mynavi.jp/article/20180706-660265/



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1531195841/


    ▼「【天文】中性子星(質量太陽以上)のサイズは半径12〜13.5kmと判明」の続きを読む

    【宇宙物理】「中性子星」合体の現象 重力波で初観測

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2017/10/17(火) 08:03:25.07 ID:CAP_USER.net

    K10011179911_1710170819_1710170821_01_03

    宇宙のはるか遠くで極めて密度の高い星、「中性子星」が合体する現象を、重力波の観測によって初めてとらえたと欧米の国際研究チームが発表しました。
    今回の現象は、重力波以外に、光やガンマ線などでも同時に観測され、今後、さまざまな観測方法を組み合わせることで宇宙で起きる現象の解明が進むことが期待されています。
    これは、アメリカの首都ワシントンで現地時間の16日午前、ことしのノーベル物理学賞の対象となった重力波の初観測に成功した、国際研究チームなどが記者会見を開いて発表しました。

    それによりますと、ことし8月17日、アメリカにある「LIGO(ライゴ)」とイタリアにある「VIRGO(バーゴ)」の2つの巨大な重力波観測施設で同時に、地球から1億3000万光年離れた場所から届いた重力波を観測しました。
    波形から、半径が10キロ程度で質量が太陽と同じ程度と、極めて密度が高い2つの「中性子星」が合体するときに発生した重力波とわかったということです。

    これを受けて、世界各地と宇宙にある70以上のさまざまな望遠鏡で重力波の発信源の方角から届く、光や赤外線などの観測を試みました。

    その結果、観測データから、中性子星の合体によって金やプラチナといった鉄より重い元素ができたと推定され、研究チームは、これまで謎だった、重い元素の起源の解明につながるとしています。

    また、重力波の観測とほぼ同時に、「ガンマ線バースト」と呼ばれる電磁波の一種のガンマ線が爆発的に放出される現象がNASA=アメリカ航空宇宙局などの宇宙望遠鏡で観測されました。

    これまで、中性子星が合体するときには、「ガンマ線バースト」が起きると考えられてきましたが、実際に確認されたのは今回が初めてで、研究チームは理論が裏付けられたとしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171017/k10011179911000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

    中性子星 - Wikipedia
    質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種である。
    中性子星の表面重力は地球の表面重力の2×1011倍もの大きさがあり、脱出速度は 1/3 c にも達する。中性子星は大質量の恒星の超新星爆発によってその中心核が圧縮された結果形成されるが、中性子星として存在できる質量には上限値があり、それを超えるとブラックホールとなる。

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1508195005/


    ▼「【宇宙物理】「中性子星」合体の現象 重力波で初観測」の続きを読む

    【重力波】正三角形に配置した衛星で重力波を観測する超巨大望遠鏡計画、始動

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500204641/

    1 : オデッセイ ★ 2017/07/16(日) 20:30:41.47 ID:CAP_USER9.net

    衛星3基による巨大望遠鏡実現へ
    欧州、宇宙で重力波キャッチ


     重力波望遠鏡「LISA」を構成する衛星の想像図。
    もう2基の衛星とやりとりするため、2方向にレーザー光を発している(欧州宇宙機関提供)

     宇宙空間に正三角形を描くように配置した3基の衛星を使い、超巨大ブラックホールや連星が放つ重力波を捉える欧州宇宙機関(ESA)の重力波望遠鏡「LISA(リサ)」が実現に向けて動きだした。
    ESAが6月に計画を承認、2034年打ち上げを目指す。

     地上にある米国の「LIGO(ライゴ)」や日本の「かぐら」といった望遠鏡では観測できない微弱な重力波をキャッチできる。
    光や電波で見えない天体の姿を重力波で描き出し、天文学の可能性を大きく広げそうだ。

     ESAのチームは「宇宙への理解を根本から変えるだろう。138億年前のビッグバンの残響を捉えられるかもしれない」としている。

    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/216582



    ▼「【重力波】正三角形に配置した衛星で重力波を観測する超巨大望遠鏡計画、始動」の続きを読む

    【NASA】重力波の反動ではじかれたブラックホールがみつかる

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490336004/

    1 : 孤高の旅人 ★ 2017/03/24(金) 15:13:24.55 ID:CAP_USER9.net

    ブラックホールはじかれる NASA、重力波の反動か
    2017/3/24 10:44
    https://this.kiji.is/217801407918867957?c=39546741839462401

    no title

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は23日、地球から80億光年離れた銀河で、通常は銀河の中心付近にとどまっているはずのブラックホールが高速で端に向かって動いているのを見つけたと発表した。2個のブラックホールが合体し、その際に生じた重力波の反動ではじき飛ばされたと推測している。

     多くの銀河は中心部にブラックホールがあるとされるが、NASAのチームはハッブル宇宙望遠鏡の観測で、ブラックホールが中心から大きくずれた、変わった銀河を発見した。



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 15:15:10.47 ID:3TUo98oV0.net

    地球の方向に弾かれたらリアルさよならジュピター



    5 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 15:15:23.70 ID:ukn+VtMz0.net

    こっちくんな



    ▼「【NASA】重力波の反動ではじかれたブラックホールがみつかる」の続きを読む

    「宇宙最大の爆発」ガンマ線バーストを観測 重力波と同じ天体で発生か

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455759130/

    1 : 野良ハムスター ★ 2016/02/18(木) 10:32:10.84 ID:CAP_USER*.net

    世界を驚かせた「重力波」の観測とほぼ同時に、「宇宙最大の爆発」とも呼ばれる「ガンマ線バースト」という現象を、人工衛星が捉えていたことが分かりました。
    重力波と同じ天体で起きたとみられていますが、従来の学説では説明がつかず、宇宙の謎がさらに深まっています。

    今月、アメリカなどの国際研究チームが世界で初めて観測に成功したと発表した「重力波」は、2つのブラックホールが合体した際に放出されたと考えられています。この観測の0.4秒後、アメリカや日本などが運営する天体観測衛星「フェルミ」が、同じブラックホールの合体で起きたとみられる「ガンマ線バースト」という現象を捉えていたことが分かりました。

    「ガンマ線バースト」は、宇宙を飛び交う電磁波の一種のガンマ線が爆発的に強くなる現象で、「宇宙最大の爆発現象」とも呼ばれています。
    しかし、ブラックホールが合体する際は、強い重力の影響などでガンマ線バーストは起きないと考えられていて、今回の観測は、従来の学説では説明できないということです。

    「フェルミ」の研究チームのメンバーで、広島大学の深沢泰司教授は、「今まで知られていなかった現象が起きていると考えられる。重力波に加えて電磁波などでも同時に観測することで、未知の現象のメカニズムに迫りたい」と話しています。

    「ガンマ線バースト」とは

    「ガンマ線バースト」は、宇宙を飛び交う電磁波の一種のガンマ線が爆発的に強くなる現象で、「宇宙最大の爆発現象」とも呼ばれています。
    宇宙のかなたで太陽よりもはるかに重い星が一生を終える際に爆発する「超新星爆発」とともに観測されるケースがあり、その際には、爆発した星から上下2つの方向にガンマ線が放出されると考えられています。
    このほか、「中性子星」という極めて密度の高い星どうしが衝突するときなどにも起きると考えられていますが、詳しいメカニズムは、よく分かっていません。ガンマ線バーストのメカニズムを調べることで、宇宙が誕生した初期の状態の解明につながると期待されていて、世界の研究者が観測を続けています。



    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160218/k10010413031000.html



    3 : 名無しさん@1周年 2016/02/18(木) 10:33:43.92 ID:uWaljvaeQ.net

    ギャラクシアンエクスプロージョン



    205 : 名無しさん@1周年 2016/02/18(木) 14:37:23.55 ID:YckRmonL0.net

    >>3
    先こされた



    ▼「「宇宙最大の爆発」ガンマ線バーストを観測 重力波と同じ天体で発生か」の続きを読む

    「重力波」世界初観測 米チーム、ノーベル賞級成果

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1455208095/

    1 : なまくらめめ ★ 2016/02/12(金) 01:28:15.73 ID:CAP_USER*.net

    2016年2月12日 00時49分

    【ワシントン共同】
    アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」について、米大学を中心とした国際実験チーム「LIGO(ライゴ)」が11日(日本時間12日未明)、ワシントンで記者会見を開き「二つのブラックホールが合体したときに放たれた重力波の観測に成功した」と発表した。重力波の直接観測は世界初で、宇宙の成り立ちに迫るノーベル賞級の成果。

    重力波はアインシュタインが一般相対性理論で1916年に予言した。ブラックホールのような非常に重い物体が激しく動くと、周囲の時間の流れや空間が揺れて、波のように伝わる現象とされる。



    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016021101001594.html



    9 : 名無しさん@1周年 2016/02/12(金) 01:32:05.56 ID:ivz9Wt+QO.net

    マジならスゴい観測だ



    6 : 名無しさん@1周年 2016/02/12(金) 01:31:22.53 ID:2qFiZEXi0.net

    重力波はありまぁす



    ▼「「重力波」世界初観測 米チーム、ノーベル賞級成果」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る