1 : プティフランスパン ★ 2017/11/12(日) 00:19:09.28 ID:CAP_USER9.net

サウジ高級ホテル、身柄拘束された王子らの「留置場」に
http://www.afpbb.com/articles/-/3150183

サウジアラビア首都リヤドにある高級ホテル「リッツ・カールトン」(2017年11月5日撮影)。(c)AFP/FAYEZ NURELDINE

no title

【11月11日 AFP】サウジアラビアで新設された汚職対策委員会がエリート層に対する近年最大の摘発を進める中、身柄を拘束された王子らの一時的な「留置所」として、首都リヤドにある高級ホテル「リッツ・カールトン」が使用されていることが明らかになった。

 今回、当局が摘発した中には閣僚や実業家、富豪として知られるアルワリード・ビン・タラール王子らが含まれているが、司法長官は拘束した人物を特別待遇することはないと明言してきた。

 しかし、広さ約0.2平方キロの五つ星ホテル、リッツ・カールトンは当初、王族の来客用宿泊施設として建てられたもので、豪華なスイートルームに、ブロンズ像やきらびやかなシャンデリアが飾られたパステルカラーのロビーなど、留置所の独房とはかけ離れた場所だ。

 司法長官は、総額1000億ドル(約11兆円)と推定される横領汚職疑惑をめぐって事情聴取のために拘束した人物がこれまでに200人を超えたことを明らかにしている。
全員がリッツ・カールトンに収容されているかどうかは不明で、また軟禁状態が続く期間についても当局は発表していない。

 ただし、492室あるリッツ・カールトンの予約サイトには今月5日の時点で、12月まで利用不可という表示が掲載されていたのが、10日になって2月1日まで利用不可との表示に変更された。
このことから、当局の「宿泊名簿」に載る名前は今後さらに増えるのではないかとの臆測を呼んでいる。(c)AFP/Anuj Chopra



http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510413549/


▼「【サウジアラビア】汚職で身柄拘束された王子らの「留置場」に五つ星高級ホテルを使用していることが判明」の続きを読む