th_computer_mining_kasoutsuuka

1 : 名無しさん@涙目です。 2018/06/12(火) 23:37:25.04 ID:uobznsQy0.net BE:194767121-PLT(12001)

自身が運営するウェブサイトを閲覧した人のパソコンを、仮想通貨の獲得手段の一つである「マイニング(採掘)」に無断で利用しようとしたとして、神奈川県警などが不正指令電磁的記録保管の疑いで、ウェブデザイナーの男性(30)を書類送検していたことが12日、関係者への取材で分かった。容疑を否認している。

 捜査関係者によると、他にも複数のサイト運営者らを不正指令電磁的記録保管や同供用の疑いで捜査し、今月中旬をめどに立件する見通し。

 仮想通貨には、取引履歴をインターネット上に記録する計算作業に協力し、対価として新規発行の仮想通貨が得られるマイニングという仕組みがある。
男性らはサイトに仮想通貨「モネロ」をマイニングする「コインハイブ(Coinhive)」というプログラムを設置。サイトを訪れると、閲覧者のパソコンが自動的にマイニングを始める。

http://www.sankei.com/affairs/news/180612/afr1806120031-n1.html

話題の「Coinhive」とは? 仮想通貨の新たな可能性か、迷惑なマルウェアか - ITmedia NEWS
・「邪魔な広告」の代わりに、ユーザーのCPUで仮想通貨採掘
 Coinhiveは、サイトの運営者が、閲覧者に仮想通貨を採掘させ、その収益を受け取るサービスだ。専用のJavaScriptコードをサイトに埋め込むと、そのサイトを閲覧した人のPCのCPUパワーを使い、仮想通貨「Monero」を採掘。採掘益の7割が、サイト運営者に配分される。
 「多くのWebサイトには、押しつけがましくて邪魔な広告が表示されている。その代替手段を提供することが、われわれのゴールだ」――Coinhive Teamはこんな目標を掲げている。
 ソースコードはGitHubで公開されている。アルゼンチン在住のエンジニア・Juan Cazalaさんを中心に、オープンソースで開発されているようだ。

・Webの新たな可能性か、ただのマルウェアか
 Coinhiveをめぐっては、「広告に代わる新たな収益手段になる」という期待がある一方、「ユーザーのCPUを勝手に使うマルウェアだ」と批判する声も大きい。
 現在、多くの広告ブロッカーがCoinhiveをブロックしているほか、一部のアンチウイルスソフトにもブロックされているようだ。
 こういった事態を受けて開発チームは、ユーザー側が明示的にOKした場合のみ、ユーザーのPCでCoinhiveを走らせるオプトインの仕組みを必須にするなど、ユーザーの迷惑にならないよう対応を進めていくという。


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528814245/


▼「サイト閲覧者に「Coinhive」で勝手にマイニングさせたウェブデザイナーを神奈川県警が書類送検 この技術は違法なのか合法なのか話題に」の続きを読む