th_job_it_dokata

1 : 名無しさん@涙目です。 2018/08/06(月) 22:31:49.94 ID:ziSUXk5R0●.net BE:324064431-2BP(2000)

日本のIT業界の多重下請け構造は、建設業界すらも呆れ果てるものだという。

日本のIT業界の関係者は、自分たちの業界が建設業界によく似ていると思っている。さらに心ある人は「ITはハイテク産業のはずなのに労働集約型の建設と同じだから、日本のIT業界はダメなんだ」と嘆く。確かに多重下請け構造は建設業界にそっくり。米グーグルや米アマゾン・ドット・コムなどの巨大プラットフォーマーが主導し、知識集約型あるいは資本集約型の産業として進化を続ける米国のIT業界と比べて、ため息をつくしかない。

しかし、建設業界の人から言わせると「冗談じゃない!」ということらしい。以前、大手ゼネコンのCIO(最高情報責任者)から聞いた話だが、この人はIT業界の多重下請け構造のひどさを知ったとき、あきれ果てたという。IT業界で大手ゼネコンに相当する大手SIerが元請けとなったプロジェクトでも、設計やプロジェクトマネジメント(建設業では施行管理)がいい加減だし、長時間労働も常態化しているので、もうビックリだったそうだ。

 そんなIT業界の連中が「IT業界は建設業界に似ている」などと言うから、「冗談じゃない!」となる。建設業界は建設業法の縛りもあり、それなりに近代化されている。そのCIOは「IT業界が建設業界に似ているとされるのは迷惑千万」と憤慨していた。

続きはソース元で
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00148/080200025/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1533562309/


▼「【悲報】建設業界「IT土方?建設業界に似てるとか迷惑千万、冗談じゃない!」」の続きを読む