「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    JAXA

    【JAXA】「はやぶさ2」小惑星リュウグウ到着まであと9カ月 約2億4千万Km彼方の宇宙空間を安定飛行中

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505622701/

    1 : 紅あずま ★ 2017/09/17(日) 13:31:41.03 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sankei.com/premium/news/170917/prm1709170018-n1.html

    hayabusa2_list_001
    小惑星「リュウグウ」へと降下する探査機「はやぶさ2」の想像図

     小惑星探査機「はやぶさ2」が目的の小惑星に到着するまであと9カ月に迫った。
    地球から約2億4千万キロ離れた宇宙空間を順調に航行中だが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「これからの順調を約束するものではない」と気を引き締めている。

     はやぶさ2は、人類史上初めて小惑星の物質を地球に持ち帰った初代はやぶさの後継機。
    初代が探査した「イトカワ」よりも原始的とされる「リュウグウ」に向かう。
    この小惑星は有機物や水を含んでいると考えられ、探査は地球の生命や海の起源の理解につながると期待されている。

    (中略)

    ■リュウグウの形状把握が課題

     チームは現在、小惑星でどのような探査を行うか検討中だが、リュウグウの詳しい姿は到着後でないと分からないという大きな課題がある。
    探査計画を立てるには天体の自転軸の角度や重力、形状、温度、表面の状態の見極めが鍵を握るが、そのいずれもはっきりしていないのだ。

     地球に向けて小惑星を出発するのは31年11〜12月の予定だが、降下は5月ごろまでに終える。
    それ以降だと太陽に近づいて熱くなり、機体を傷める恐れがあるためだ。
    1回目の降下前と3回目の降下後には、初代が失敗した小型ロボットの着陸に再挑戦する。



    (以下省略)



    ▼「【JAXA】「はやぶさ2」小惑星リュウグウ到着まであと9カ月 約2億4千万Km彼方の宇宙空間を安定飛行中」の続きを読む

    【JAXA】金星探査機「あかつき」が金星赤道にジェット気流を観測 謎多い大気現象解明の手掛かりに

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504057216/

    1 : 紅あずま ★ 2017/08/30(水) 10:40:16.83 ID:CAP_USER9.net

    http://mainichi.jp/articles/20170830/k00/00e/040/218000c


    探査機あかつきが赤外線カメラで撮影した金星。表面の黒っぽい場所ほど雲が厚い=JAXA提供

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)と北海道大は29日、金星の赤道近くの大気中に、周囲より速いジェット気流のような風が吹いているのを探査機「あかつき」の観測で発見したと発表した。

     金星では自転よりも速い風「スーパーローテーション」が吹くことが知られている。
    今回のジェット気流を詳しく調べることで、謎が多い大気現象を解明する手がかりが得られそうだ。

     あかつきに搭載した赤外線カメラで2016年7〜8月に観測。
    赤道近くの大気中層から下層に周囲より速い風が吹いていることを確かめた。
    雲の頂上ではジェット気流はみられなかった。(共同)



    ▼「【JAXA】金星探査機「あかつき」が金星赤道にジェット気流を観測 謎多い大気現象解明の手掛かりに」の続きを読む

    【JAXA】ミニ衛星放出ならお任せを…新興国から受注本格化

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503146965/

    1 : 和三盆 ★ 2017/08/19(土) 21:49:25.96 ID:CAP_USER9.net

     宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は、国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟「きぼう」から、外国の超小型人工衛星の放出を請け負う事業を本格化させる。

     世界で需要の増加が見込める超小型衛星事業で宇宙開発新興国からの受注を増やし、新たな収入源としつつ日本の存在感を高める狙いがある。

     きぼうにはISSで唯一、重さ50キロ・グラム程度までの超小型衛星を宇宙で放出する設備がある。製作費が安い超小型衛星は、宇宙開発の資金が乏しい国でも開発でき、通信環境の整備や気象防災などで利用が広がる。

     米調査会社スペース・ワークスによると、重さ50キロ・グラム以下の衛星の打ち上げ数は2012年には50基未満だったが、16年は101基で、22年には約300基に達すると予測している。

    http://yomiuri.co.jp/science/20170819-OYT1T50061.html
    きぼうから今年7月に宇宙に放出されたガーナ初の超小型衛星。大きさは1辺が10センチ程度(JAXA提供)






    ▼「【JAXA】ミニ衛星放出ならお任せを…新興国から受注本格化」の続きを読む

    【朗報】JAXA、最高にセンスのいい航空機を開発中

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1502707477/

    1 : 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)19:44:37 ID:Ft5



    ホルニッセ (航空機) - Wikipedia
    ホルニッセは、JAXA航空技術部門が研究中の垂直離着陸機。。名称の「ホルニッセ」はドイツ語でスズメバチを意味する。


    4 : 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)19:46:18 ID:maw

    ドローンかな?



    2 : 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)19:45:18 ID:rks

    格納庫から出直してきて



    3 : 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)19:45:53 ID:Ft5

    >>2
    オスプレイよりは100倍かっこいいやろ



    ▼「【朗報】JAXA、最高にセンスのいい航空機を開発中」の続きを読む

    亀田の「柿の種」、宇宙へ 宇宙日本食としてJAXAから認証を取得

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502233428/

    1 : ばーど ★ 2017/08/09(水) 08:03:48.88 ID:CAP_USER9.net

    亀田製菓の「亀田の柿の種」が8月7日(月)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「宇宙日本食」の認証を取得した。

    柿の種 宇宙食
    647601_615

    柿の種
    647596_615

    宇宙日本食とは、国際宇宙ステーション(ISS)に長期間滞在する日本の宇宙飛行士に、日本食の味と食感を楽しんでもらうことで仕事の効率維持や向上につながることを目的にした宇宙食。食品メーカーが提案する食品をJAXAが審査し、宇宙食としての基準を満たした食品が、「宇宙日本食」として認証される。

    亀田製菓は2014年に「亀田の柿の種」を宇宙日本食にするための開発を開始。同商品が発売50周年を迎えた2016年には正式なプロジェクトとなり、3年の研究、開発期間を経て、亀田製菓設立60周年を迎えた2017年に宇宙日本食の認証を取得した。

    宇宙日本食の「亀田の柿の種」は90mm×9mm×40mmのトレーに入っており、トレーの蓋と外側底面にベルクロがついている。繰り返し蓋を開閉したり、固定された場所にくっつけることができるようにするなど、無重力の宇宙でも飛び散ることなく食べられるよう工夫が施された。

    https://news.walkerplus.com/article/117444/



    ▼「亀田の「柿の種」、宇宙へ 宇宙日本食としてJAXAから認証を取得」の続きを読む

    JAXA、球体ドローンを開発 すでに国際宇宙ステーションで運用中

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500020048/

    1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [CN] 2017/07/14(金) 17:14:08.35 ID:0HXMJtQ+0.net BE:323057825-PLT(12000) BE:323057825-PLT(12000)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月14日、国際宇宙ステーション(ISS)内を飛行できる球体ドローン「Int-Ball」(イントボール)を発表した。
    搭載カメラで宇宙飛行士の船内作業を静止画・動画で撮影可能。撮影映像は、リアルタイムで地上管制局にも配信できる。
    すでにISS内にある日本の実験棟「きぼう」に導入している。

    Int-Ballは、地上管制局が遠隔操作する球体ドローン。本体に推進用ファンを12台搭載し、浮遊しながら船内を撮影できる。
    移動時は、撮影用とは別のカメラで船内の壁に貼られた「立体マーカー」を読み取り、船内のどこにいるか、位置を認識する。
    サイズは直径150ミリ以下、重さは1キロ以下。連続稼働時間は約2時間。USBコネクター経由で充電可能だ。

    これまで宇宙飛行士が船内作業をする際は、定点カメラを設置したり、飛行士が自らカメラを持ったりして撮影していた。
    だが、定点カメラだと死角があり、手持ちカメラの場合は撮影自体に時間がかかる(作業時間全体の約10%を占める)――などの課題があった。
    Int-Ballを導入することで、飛行士が撮影作業にかける時間を削減し、その分だけ実験作業に集中できるようにする狙い。

    JAXA、球体ドローン開発 実験棟「きぼう」内を浮遊 「金井飛行士の相棒に」
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/14/news093.html








    ▼「JAXA、球体ドローンを開発 すでに国際宇宙ステーションで運用中」の続きを読む

    【宇宙】JAXAとESA、水星探査計画着々と進行 高温400度Cの極限環境に挑む

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499739485/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/07/11(火) 11:18:05.00 ID:CAP_USER9.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)と欧州宇宙機関(ESA)が2026年の観測を目指す水星探査計画「BepiColombo」(ベピコロンボ)が着々と進行中だ。
    JAXAは水星の磁場を調べる探査機「MMO」を担当。両機関による観測を通じ、水星の表面や磁場のデータから水星の形成や進化に迫る。
    太陽に最も近く高温の極限環境にある水星の解明が進めば、惑星の標準モデルが再構築されるかもしれない。

    【来年打ち上げ】

    計画で使う機体はMMOのほか、ESAの水星表面探査機「MPO」、イオンエンジンを搭載し、MMOとMPOを水星周回軌道まで運ぶ「電気推進モジュール」(MTM)、MMOを太陽光から守る「MMOサンシールド」で構成。
    18年10月に欧州のロケット「アリアン5」で打ち上げる。

    天体の重力を利用し軌道を変更する「フライバイ」を繰り返すことで水星に徐々に近づいていき、25年12月の水星周回軌道投入を目指す。
    その後、MMOとMPOを分離し、1―3カ月の初期運用を経て本格運用を始める計画だ。

    【磁場・大気観測】

    JAXAの開発するMMOは、五つの科学観測装置を搭載し、水星の固有磁場のほか、磁場や太陽風などによる周辺の環境、大気の観測などを実施する。
    重量は280キログラム。水星近傍を楕円(だえん)軌道で周回する。
    水星との距離は最も近い時に590キロメートル、最も遠い時で1万1600キロメートルとなり、周期は9・3時間となる。

    ■産学官で探査機開発?投資154億円

    【表面は400℃】

    水星の昼の表面温度は400度Cに達するとされている。
    そのためMMOは耐熱設計として、鏡を多用した宇宙空間への放熱機構や、チタンを用いた高温断熱材の使用など、衛星の温度上昇を抑える工夫を随所に施している。

    MMOの開発には東北大学や名古屋大学など国内外の12大学・研究機関、三菱重工業やNEC、明星電気などが参画している。
    MMOの日本側の開発投資総額は154億円となる。

    水星は岩石や金属などの固体でできた地球型の惑星。近年、観測精度の向上などで太陽系外の「生命居住可能領域」(ハビタブルゾーン)で地球型惑星が多数発見されている。
    プラズマ粒子の観測装置の責任者である齋藤義文JAXA宇宙科学研究所教授は、「水星を詳しく調べることで、太陽系外の惑星がどのように成り立っているか予測できるのでは」と期待する。

    写真:MMOとMPOで水星を探査するイメージ。左は太陽。


    写真:JAXAの水星磁気圏探査機「MMO」


    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00435075?twinews=20170710



    ▼「【宇宙】JAXAとESA、水星探査計画着々と進行 高温400度Cの極限環境に挑む」の続きを読む

    【JAXA】人工衛星2機の愛称募集中! 抽選で種子島へ招待

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493137816/

    1 : 和三盆 ★ 2017/04/26(水) 01:30:16.41 ID:CAP_USER9.net

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、2017年度中に同時に打ち上げる2機の人工衛星、気候変動観測衛星(GCOM―C)と、超低高度衛星技術試験機(SLATS)の愛称を募集すると発表した。

     GCOM―Cは、地球全体の環境変化を長期間にわたって観測し、気候変動の予測に役立てる。

     SLATSは、高度300キロ以下の軌道を回り、同約400キロの国際宇宙ステーションより低い軌道で衛星が運用できることを確認する。高度が低いと大気の抵抗で速度が落ちやすくなるため、燃費の良いイオンエンジンで速度を補う。

     応募者から抽選で各1組(計2組)を、種子島宇宙センター(鹿児島県)での打ち上げに招待する。採用された愛称を提案した全員に、記念品が贈られる。

     愛称の発表は7月ごろの見込み。締め切りは5月31日午後8時。応募はJAXAのサイトから。

    2017/4/26 0:54 配信 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK4T55TGK4TUBQU00P.html?iref=comtop_8_08



    AS20170425005189_comm



    ▼「【JAXA】人工衛星2機の愛称募集中! 抽選で種子島へ招待」の続きを読む

    【宇宙】JAXA、月面に地下トンネルの入り口を発見

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490666727/

    1 : 経理の智子 ★ 2017/03/28(火) 11:05:27.95 ID:CAP_USER9.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

    日本人研究者らは長年にわたって月面の穴の研究を行っており、月のマリウス丘縦孔もすでに2009年の時点で見つけている。その際に研究者らは地下トンネルは冷えた溶岩によって形成されたものとの仮説をたてていた。2機目の月探査衛星「かぐや」のおかげでマリウス丘縦孔周辺にある同様の穴の調査は前進した。

    ハルヤマ氏は現時点ではトンネルが溶岩によるものという確証は得られていないとの見方をしめしているが、仮説が裏付けられた場合、このトンネルは宇宙調査基地のための場所として用いられる可能性がある。

    no title

    https://jp.sputniknews.com/science/201703283479936/



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/28(火) 11:06:59.11 ID:bXpNeT740.net

    あかんでぇえええ、そこ調べたら



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/28(火) 11:06:22.81 ID:8xnXxZ0C0.net

    あーあ
    ついにやっちまったな
    人類終わった



    5 : 名無しさん@1周年 2017/03/28(火) 11:07:40.06 ID:ocmLoyMs0.net

    何この自動翻訳みたいな文章



    ▼「【宇宙】JAXA、月面に地下トンネルの入り口を発見」の続きを読む

    【JAXA】金星探査機「あかつき」搭載の2つのカメラ、科学観測を休止 機器劣化に起因する可能性

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1488549773/

    20150206_thumb

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 23:02:53.55 ID:CAP_USER.net

    2017年3月3日
    「あかつき」搭載の2つのカメラ、科学観測を休止

    金星探査機「あかつき」には5つのカメラが搭載されています。
    このうち2つのカメラ(1μmカメラと2μmカメラ)について、JAXAは科学観測を休止することを決定しました。
    他のカメラ(中間赤外カメラ、紫外イメージャ、雷・大気光カメラ)は正常に観測を継続しています。

    「あかつき」に搭載されている1μmカメラ(IR1)と2μmカメラ(IR2)は、平成28(2016)年12月9日に2つのカメラを制御する機器が示す電流値が不安定になり、翌12月10日の可視運用では両カメラのスイッチを入れることができなくなりました。
    「あかつき」プロジェクトチームは12月10日からリカバリー作業を開始しました。
    しかし、電流値の不安定は改善されていません。

    同時に、電流が不安定となった原因の究明も進めています。
    いくつかの直接的かつ可能性の高い原因を調査し、再現実験なども行っていますが、いずれも機器劣化に起因する可能性が高いと考えられます。
    「あかつき」は平成22(2010)年5月の打上げ後、約7年が経過しています。
    また、平成22(2010)年の金星周回軌道投入に失敗し、平成27(2015)年の金星周回軌道投入まで想定よりも高い放射線環境に耐える必要がありました。
    こういった状況により機器劣化が進んだものと考えられます。

    IR1とIR2の観測は休止しますが、JAXAでは2つのカメラの復旧に向けた地上検討を継続し、また、定期的に両カメラのスイッチを入れるコマンドを送信する予定です。
    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    ▽引用元:JAXA 宇宙科学研究所 トピック 2017年3月3日
    http://www.isas.jaxa.jp/topics/000901.html



    3 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 23:18:30.20 ID:DET9N5JB.net

    たかがメインカメラがやられただけだ。



    2 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 23:14:09.45 ID:ynZZk9pO.net

    あかつきはよく頑張ってるな。



    ▼「【JAXA】金星探査機「あかつき」搭載の2つのカメラ、科学観測を休止 機器劣化に起因する可能性」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る