「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    NASA

    【NASA】ハッブル宇宙望遠鏡の後継機、打ち上げ準備着々

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500341240/

    1 : コモドドラゴン ★ 2017/07/18(火) 10:27:20.32 ID:CAP_USER9.net

     ハッブル宇宙望遠鏡の後継機と位置づけられるジェームズ・ウェッブ望遠鏡の打ち上げに向けた準備が進んでいる。米航空宇宙局(NASA)は11日、ジョンソン宇宙センター(米テキサス州・ヒューストン)の試験施設に望遠鏡をつり下げた様子を公開した。

     ジェームズ・ウェッブ望遠鏡は2018年以降に打ち上げ予定で、主鏡は直径約6・5メートル。宇宙誕生のビッグバンから約2億年後に輝き始めたとされる「ファーストスター」を捉えることがミッションの一つで、非常に暗い遠くの物体からの赤外線を検出する必要がある。

     試験では、宇宙環境に似せた、零下約250度の極低温試験用の施設を利用。約3カ月をかけて、赤外線を検出する能力などを確認するという。

     NASAによると、今回の試験施設「チャンバーA」(直径16・8メートル、高さ27・4メートル)は、1965年に建築され、アポロ計画の司令船などのテストに使われた歴史を持つ。今回の試験のため、太陽を想定した高輝度ランプなどアポロ時代の機器が取り除かれたという。(田中誠士)

    http://www.asahi.com/articles/ASK7C4518K7CUBQU00S.html
    極低温環境での試験で施設につり下げられたジェームズ・ウェッブ望遠鏡(中央)(米テキサス州・ヒューストン、米航空宇宙局など提供)




    ▼「【NASA】ハッブル宇宙望遠鏡の後継機、打ち上げ準備着々」の続きを読む

    【宇宙】木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499921886/

    1 : trick ★ 2017/07/13(木) 13:58:06.24 ID:CAP_USER9.net

    木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK7F2Q7DK7FUHBI006.html
    ワシントン=小林哲2017年7月13日13時30分


     米航空宇宙局(NASA)は12日、探査機ジュノーが撮影した、木星の赤い目玉のような巨大な渦「大赤斑」の最新画像を公表した。ジュノーは昨年7月に木星の周回軌道に入り、2018年2月まで探査を続ける。

     NASAによると、ジュノーは10日、木星まで約3500キロまで最接近。その後、大赤斑の約9千キロ上空を通過した際に搭載している観測用カメラで撮影するなどした。今年9月初旬にも再び近づいて観測する。

     大赤斑は、木星の赤道よりやや南側にある濃い赤褐色の大気の渦。幅は約1万6千キロあり、地球がすっぽり入るほど大きい。過去の文献などから350年以上前から存在しているとみられるが、詳しい発生の仕組みなどはわかっていない。最近の観測で、徐々に縮んでいることがわかってきたという。

     NASAは、ジュノーから送られてきた画像の生データを専用サイトで公表。研究者や愛好家らが見やすく処理した画像を次々に掲載している。NASAは今後、より詳細な画像などの分析結果を発表していくという。(ワシントン=小林哲)



    ▼「【宇宙】木星の「赤い目」に探査機接近 NASAが最新画像公開」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星に原子炉を建設

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499245447/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/07/05(水) 18:04:07.87 ID:CAP_USER9.net

    NASAは今年9月、火星での使用を見込んだ原子炉のテストに入る。英紙インデペンデントが報じた。

    小型原子炉は「Kilopower」プロジェクトの一環で作られる。標準的な装置の発電量は10キロワット。高さは2メートル以下。

    8人の宇宙飛行士の住む火星基地のためにはこのような原子炉が4台必要だと見られる。同装置は、太陽光がない場合にエネルギーを供給するためのもの。NASAがパートナー2社と共同で行っている同プロジェクトには1100万ドルの予算が充てられた。



    この、ピアノと同じくらいのサイズの原子炉の安全稼動の鍵は、この原子炉で主に用いられるのが、温度上昇に耐え切れない、ジルコニウム水素化物であることだ。であるから、もし原子炉が予定外の動きをしたならば、ジルコニウム水素化物は臨海値まで熱せられ、ジルコニウムと水素に分裂する。その後、ウラン分裂は自然な形で終了する。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201707053844446/



    ▼「【宇宙】NASA、火星に原子炉を建設」の続きを読む

    小惑星の衝突回避へ、NASAが実験計画発表 22年実施

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498987717/

    1 : みつを ★ 2017/07/02(日) 18:28:37.07 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35103620.html

    asteroid-approach-earth-nasa

    (CNN) 米航空宇宙局(NASA)は2日までに、地球に接近する小惑星に宇宙機を衝突させ、軌道を変えさせる実験「DART」が正式に承認されたとして、2022年10月の実行に向けた計画を発表した。

    NASAによると、小惑星はほぼ毎日地球に到達しているものの、大半はその小ささから、大気圏突入とともに燃え尽きてしまう。だが将来、大きな小惑星が地球に衝突して甚大な被害をもたらすことも考えられる。

    NASAがジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所と共同で進めているDART計画は、「ディディモス」(ギリシャ語で「双子」の意味)という二重小惑星に向けて冷蔵庫ほどの大きさの宇宙機を飛ばし、2つのうち小さいほうの小惑星に衝突させるという実験。衝突時の宇宙機の速さは秒速約6キロに達する予定だ。

    ディディモスが地球の付近に近づく際、衝突によってその方向を変えられるかどうかを確認する。将来、地球に接近する小惑星の動きをわずかに変えるだけで、長い時間がたつうちには軌道が大きく変化し、衝突を避けることができると考えられている。

    ジョンズ・ホプキンスのチームを率いるアンディ・チェン博士はDARTについて、「小惑星の衝突から地球を守れることを示すうえで非常に重要な一歩だ」と強調する。

    NASAが計画を発表した6月30日はちょうど「小惑星の日」とされている。1908年のこの日、シベリアの森林に巨大隕石が落下し、60キロ以上離れた場所でも樹木がなぎ倒されたり人が投げ出されたりした。 


    ▼「小惑星の衝突回避へ、NASAが実験計画発表 22年実施」の続きを読む

    【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497927533/

    1 : イセモル ★ 2017/06/20(火) 11:58:53.15 ID:CAP_USER9.net

    img_1eb5d4fab2733ddf9242689e2aab00b2246570

    米航空宇宙局(NASA)は19日、地球サイズの岩石惑星を新たに10個発見したと発表した。これらの惑星は水が液体で存在し、生命を維持できる可能性があるという。

    地球がある天の川銀河(銀河系、Milky Way)を走査観測するために2009年に打ち上げられたケプラー(Kepler)宇宙望遠鏡を用いて、太陽系の外にある惑星(系外惑星)を探すミッションを実施しているチームは今回、同望遠鏡で検出された系外惑星の候補天体219個の調査結果を公表した。

    新たに発見された候補天体のうちの10個は、地球の太陽公転軌道と同様の距離で主星を周回しており、液体の水が存在し、生命を維持できる可能性のある「ハビタブルゾーン(生命生存可能領域)」内に位置している。

    ケプラー宇宙望遠鏡はこれまでに系外惑星候補を4034個発見しており、うち2335個は他の望遠鏡で実際の惑星であることが確認されている。

    ハビタブルゾーン内にある地球サイズの惑星は、今回新たに10個発見されたことで、銀河系全体で計50個となった。

    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3132651



    ▼「【NASA】地球サイズの系外惑星、新たに10個発見!生命を維持できる可能性も」の続きを読む

    NASA、カッコイイ火星探査車を公開

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497265814/

    1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/06/12(月) 20:10:14.37 ID:s7R/AzBL0.net BE:323057825-PLT(12000) ?PLT(12000)

    NASA(アメリカ航空宇宙局)は6月5日、米国フロリダ州のケネディ宇宙センター・ビジター施設での一般向けイベント「火星の夏」において、マーズローバー(火星探査車)の新しいコンセプトモデルを披露した。

    このコンセプトモデルは、NASAの技術者のアドバイスのもと、フロリダ州に本拠を置くカスタムカーメーカーのパーカー・ブラザーズ・コンセプト社が製作した。
    5月上旬に搬入されてすでに展示されていたが、大々的に公開されるのは今回のイベントが初めてだ。

    重量は6000ポンド(約2725kg)あり、高さは11フィート(約3.3m)。ボディはカーボンファイバーとアルミ製で、ホイールは50インチと巨大。
    ソーラーパネルから得た電力を700Vのバッテリーに蓄え、モーターを駆動するEVで、砂丘や岩石、クレーターなどの上を、16〜24km/hで移動する。
    路面状況が良ければ、最高110km/h以上で走行することも可能。観測車両でもあるし、研究室として利用することもできる。乗車定員は4名。

    NASA、火星探査車のコンセプトモデルを披露
    https://resemom.jp/article/2017/06/12/38601.html






    ▼「NASA、カッコイイ火星探査車を公開」の続きを読む

    NASAの宇宙服、使い続けて40年 残り11着で既に限界 

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496749619/

    1 : あずささん ★ 2017/06/06(火) 20:46:59.03 ID:CAP_USER9.net

    PK2017060602100159_size0

    国際宇宙ステーションの船外活動で飛行士の着用する宇宙服が老朽化し、近い将来足りなくなる恐れがあるとの報告書を米航空宇宙局(NASA)の監察官室がまとめたことが分かった。新型宇宙服の技術開発が滞っているのが理由。

    NASAの宇宙服は、約四十年前に作られた十八着のうち十一着が使い続けられている。七着は事故で失われたり破損したりした。残った十一着も設計寿命の十五年を大幅に超え、老朽化が激しい。船外活動中にヘルメット内部に水がたまり、飛行士が窒息の危険を感じて急きょステーションに戻る例も相次いだ。

    報告書によると、現在ステーションに使える状態で配備されている宇宙服は四着。新品を作ろうにも技術が継承されておらず、一から開発するしかないのが現状だ。

    報告書は、NASAが火星探査計画を含めた三つのプロジェクトで別々に新型宇宙服の開発を進め、過去八年間で二億ドル(約二百二十億円)を投じたが、実用化にほど遠いと批判。「ステーションの運用が終わる二〇二四年まで、全ての船外活動を賄うのは難しい」とし、開発の新プロジェクトを立ち上げるよう勧告した。

    宇宙服は、宇宙空間の環境から飛行士を守る生命維持装置を備え「小さな宇宙船」とも言われる。宇宙服を着用する船外活動は、ステーションでは科学実験のほか、設備の部品交換や修理で必要になり、日本人飛行士も米国の宇宙服を着る。星出彰彦さんはステーションの長期滞在中の船外活動で、土井隆雄さんと野口聡一さんはスペースシャトルからの船外活動で使った。

    ステーションにはロシアの宇宙服もあるが、船外に出る準備作業の都合で、米国棟からは出動できない。米国棟での作業が必要になった場合は、ロシア棟から出て宇宙空間を長距離移動しなければならなくなる。

    ソース/中日新聞社
    http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017060602000267.html



    ▼「NASAの宇宙服、使い続けて40年 残り11着で既に限界 」の続きを読む

    【宇宙】太陽に最接近予定 NASAが探査機打ち上げへ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496304083/

    1 : ばーど ★ 2017/06/01(木) 17:01:23.19 ID:CAP_USER9.net

    20170601-155103-1-0003

    NASA(=アメリカ航空宇宙局)は先月31日、来年7月に、太陽にこれまでで最も近づく探査機を打ち上げる計画を発表した。

    NASAの発表によると、探査機は来年7月にアメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、太陽の表面からこれまでで最も近い約620万キロの距離まで近づく予定。

    その際、約1400℃の高熱に耐えられるよう、厚さ11センチに及ぶ炭素繊維で防護するという。
    太陽の表面は約5500℃にもかかわらず、まわりを取り巻く大気のコロナのほうがはるかに高温の100万℃を超えることが謎とされていて、NASAは今回の探査で解明したいとしている。

    http://www.news24.jp/articles/2017/06/01/10363081.html



    ▼「【宇宙】太陽に最接近予定 NASAが探査機打ち上げへ」の続きを読む

    月探査衛星に隕石が激突「弾丸を上回る秒速7キロ」とNASAが発表

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1496051704/

    1 : たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/05/29(月) 18:55:04.16 ID:CAP_USER.net

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20394.html

     地球から約38万キロ離れた月上空を周回中の探査衛星に、隕石が猛スピードでぶつかっていた事実が明らかになった。米航空宇宙局(NASA)の研究チームは、「探査機に隕石が衝突するのは極めて珍しい」として、観測機器は無事だと発表した。

     隕石が衝突したのは、NASAが2009年に打ち上げた月周回無人探査機ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)に搭載されている3つの観測カメラのうちのひとつ。

     月探査プロジェクトを率いるアリゾナ州立大学のマーク・ロビンソン教授によると、2014年10月13日にLROから送られてきた画像に突然、横揺れのような乱れが発生。

     コンピューターを使ったシミュレーションで画像の乱れを再現した結果、わずか0.8ミリ程度の針の先ほどの小さな隕石が、秒速7キロの速さで観測カメラを冷却するためのラジエーター装置に激突したのが原因だと結論づけた。

     ロビンソン教授によると、LROのカメラは1日のうち約10%しか稼働しておらず、この短い観測時間中に隕石がぶつかるのは極めて珍しいと話している。


    ぶつかったときの衝撃を物語る画像の乱れ


    豆粒隕石がぶつかったものと同型の観測カメラ



    ▼「月探査衛星に隕石が激突「弾丸を上回る秒速7キロ」とNASAが発表」の続きを読む

    NASA、土星の巨大六角形の最新映像を公開 青から黄色へと大きく変色

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496048985/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/05/29(月) 18:09:45.45 ID:CAP_USER9.net

    アメリカ航空宇宙局(NASA)は、土星の北極にある巨大な六角形の最新カラー映像を公開した。土星探査機カッシーニが今年4月25日に撮影したもので、2013年6月撮影の映像と比べると、六角形の色が青から黄色へと大きく変化していることがわかる。

    カッシーニは先月、土星の環をくぐりぬけ、土星本体への接近探査を行うミッションを成功させたが、今回の映像はこのミッションに入る直前に撮影されたもの。撮影時の土星中心までの距離は72万5000kmから23万kmで、高度を変えながらの連続撮影を行った。撮影にはカッシーニの広角カメラを使用。赤、緑、青の波長フィルターによって天然色の映像が作り出されている。

    土星の六角形は、一辺の長さが約1万3800kmで、直径が地球の2倍以上という巨大なもの。2013年の映像では六角形の領域全体が青く見えていたが、今回の映像では、ほとんどの部分が黄色っぽいスモッグに覆われており、極点の渦だけに青色が残っている。

    土星の北半球は、5月24日に夏至を迎え、現在は昼の時間が最も長い時期にあたっている。六角形が黄色く変色するのは、太陽の紫外線が当たることによって光化学スモッグが生成されるためであると考えられている。中心部に青色が残っている理由に関しては2つの仮説があり、ひとつは、この部分が土星の春から夏にかけて太陽の紫外線が最後に当たる領域であるため、スモッグ粒子の変色がまだ起こっていないとする説。もうひとつは、六角形内部の渦巻きの構造が地球上の台風に似ているとする仮説で、台風の目で発生する下向きの気流によって大気がクリアに保たれるため、中心部に青色が残るとする。

    土星に夏至が訪れるのは地球の時間で15年に一度のことであり、この時期の土星の季節的変化を観察することが、カッシーニの最終ミッションの主な目標となっている。



    http://news.mynavi.jp/news/2017/05/29/256/



    ▼「NASA、土星の巨大六角形の最新映像を公開 青から黄色へと大きく変色」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る