「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    NASA

    【NASA】X9.3クラスの太陽フレアを観測 高エネルギー電子の臨時警報を発令

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504759285/

    1 : 紅あずま ★ 2017/09/07(木) 13:41:25.79 ID:CAP_USER9.net

    最強Xクラスの太陽フレア発生2回 デリンジャー現象を警戒せよ!NASA
    2017年09月07日 10時21分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21822.html


    最強X9.3の太陽フレアが発生(NASA/SDO)

     米航空宇宙局(NASA)は6日夜、太陽の黒点群で最強のXクラスの爆発現象(フレア)を2回観測したと発表した。
    今後、太陽風の乱れが地球に到来するおそれがあるとして、宇宙天気情報センター(SWC)が「高エネルギー電子の臨時警報」を発令している。

     太陽フレアは、太陽表面の黒点周辺で、磁場のエネルギーが急激に解放されることで発生する大規模な爆発現象。
    爆発にともなって放射されるX線の強度によって、低い方からA、B、C、M、Xの5等級で分類される。

     一定規模以上のフレアが発生すると、太陽ガスの放出によって、2〜3日後に地球上でGPSの誤差が発生したり、通信や電波障害が起きる可能性があることから、各国で警戒監視活動を続けている。

     ソーラーダイナミクス天文台(SDO)は日本時間6日午後6時10分ごろ、黒点群2673という活動領域で、X2.2のフレア発生をとらえたのち、同9時2分にもX9.3を観測。
    このうちX9.3のフレアは、最近の太陽の活動周期の中で最大規模のもので、爆発にともなって、太陽ガスの噴出現象(CME)も観測された。

     今回のX9.3のフレアは現サイクルでは最大規模に達したことから、電離層の異常が原因で通信障害が発生する「デリンジャー現象」への警戒が必要だとして、宇宙天気情報センターが現在、「高エネルギー電子の臨時警報」を発令して注意を呼びかけている。


    NASAの太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・天文台がとらえた最強クラスの太陽フレア(NASA/SDO)


    オーロラの発生が活発化するかもしれない(NASA)



    ▼「【NASA】X9.3クラスの太陽フレアを観測 高エネルギー電子の臨時警報を発令」の続きを読む

    宇宙空間でピストル売ったらどうなるの?←これ説明できるおんj民ゼロな件

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1504321786/
    submachine-gun-62902_960_720

    1 : 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)12:09:46 ID:liV

    その場でぐるぐる回転するってのが正しいんか?



    2 : 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)12:10:11 ID:BLZ

    買い手がおるかによるな



    3 : 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)12:10:17 ID:04k

    通貨が無いから売れないやろ



    5 : 名無しさん@おーぷん 2017/09/02(土)12:10:29 ID:11S

    レーザー銃とかあるやろ



    ▼「宇宙空間でピストル売ったらどうなるの?←これ説明できるおんj民ゼロな件」の続きを読む

    【疑惑】NASA発表の「火星画像」はカナダのデヴォン島で撮影か?

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504243366/

    1 : 経理の智子 ★ 2017/09/01(金) 14:22:46.43 ID:CAP_USER9.net

    ■火星の写真は北極海の無人島で撮影されていた!?

    近年、NASAはカナダのデヴォン島という島で無人火星探査車両ローバーの走行テストを行っている。デヴォン島は世界最大の無人島であり、手つかずの自然が多く残されている。走行環境が火星と類似する点が多いのだろう。百聞は一見に如かず。早速、デヴォン島の写真をご覧いただこう。

    ●デヴォン島


    ●火星


    もうとっくにお察しだろうが、NASAが発表している火星の写真の多くが、このデヴォン島で撮影されたのではないかとの疑惑が浮上しているのだ。

    ●デヴォン島にローバー


    さて、次の写真をご覧いただきたい。

    ●火星にネズミ(クビワレミング)


    NASAによる火星の地表を撮影したものとされる写真だが、ネズミらしきものが写り込んでいる。この写真も、舞台が火星ではなく地球、もっといえばデヴォン島であると考えれば説明がつきやすい。これは当該地域に生息するクビワレミングではないかといわれているのだ。


    NASAが1997年にデヴォン島に研究ベースを建設して以来、毎夏100名に及ぶスタッフが任務についている。その主なミッションの一つとして火星探査車両ローバーのテスト走行が挙げられるが、火星のフェイク写真の撮影もその任務の一つだとしたら…?

    ●火星に人影


    最後に、これもNASAによる火星の写真だが、紹介したい。火星の地表で“無人”火星探査車両ローバーのカメラのアングルを調整していると思しき人の影。しかも、風による頭髪の揺らぎが見受けられる。どうやら宇宙服を着用していないようだ。

    http://tocana.jp/2017/09/post_14316_entry.html



    ▼「【疑惑】NASA発表の「火星画像」はカナダのデヴォン島で撮影か?」の続きを読む

    【NASA】土星探査機カッシーニ 20年間の任務を来月終了 土星の大気圏に突入し、グランド・フィナーレへ

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503666838/

    1 : 紅あずま ★ 2017/08/25(金) 22:13:58.16 ID:CAP_USER9.net

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21654.html


    土星探査機が最後のミッションへ!(NASA / JPL-Caltech)

     米航空宇宙局(NASA)は25日、打ち上げから20年を迎える土星探査機カッシーニが来月15日、土星の大気圏に突入し、任務を終えると発表した。

     カッシーニは、NASAと欧州宇宙機関(ESA)が共同開発し、1997年10月に打ち上げられ、7年間の旅を経て土星の周りをまわる軌道に到着。
    13年間の任務中に、ふたつの衛星「メトネ」と「パレネ」を発見したほか、2009年には土星の輪の消失現象を観測。

     4年前には土星の北極上空にできる巨大な六角形(ヘキサゴン)をした大気の渦を観測。
    この部分では地球の約20倍と推測される強いジェット気流によるハリケーンが発生しており、冬から夏への季節に応じて大気中の微粒子の数が増えて、六角形の色味が青みがかったグレーから黄色に変化していることも明らかにされた。

     土星ではひとつの季節が7年あまり続く。
    カッシーニに課された重要な任務は、今年5月25日の夏至を見届けること。
    2009年8月に春分を迎えた土星の季節の変化をずっと追ってきた探査機から届いた多くの発見は、天文ファンならずとも多くの人に感動を与えてくれた。

     4月26日の土星の輪の内側へ初ダイブを果たした後も、22回に及ぶ輪の中の観測を繰り返し、燃料は残すところあとわずか。
    9月15日には、大気圏突入を果たして機体を燃やしながら、「最後の任務(グランド・フィナーレ)」である土星最接近のデータを地球に送信する予定だ。


    土星の上空120万キロから撮影した墨流しのような雲(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)


    夕日を浴びた土星。150万キロ離れた先に土星の第3衛星テチスが見える(画面左上)(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)



    ▼「【NASA】土星探査機カッシーニ 20年間の任務を来月終了 土星の大気圏に突入し、グランド・フィナーレへ」の続きを読む

    【宇宙】9月1日、史上最大級の小惑星が地球近くを通過 NASA「地球衝突の危険はない」

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503533144/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/08/24(木) 09:05:44.80 ID:CAP_USER9.net

    今年の9月1日に、大型の小惑星「フローレンス(Florence)」が地球の近くを通過することがわかった。地球に接近する小惑星の監視をNASAが行うようになって以降、最大級の小惑星接近であるという。地球に衝突する危険はないとされている。

    NASAの地球近傍天体研究センター(CNEOS:Center for Near-Earth Object Studies)によると、小惑星フローレンスは約4.4kmの大きさがあるとみられている。9月1日の最接近時には地球までの距離が約700万kmとなる。これは地球と月の距離の18倍程度あり、地球に衝突することはないという。

    「今回よりも地球に近い位置を通過した小惑星はこれまでに数多くあるが、それらはすべてフローレンスと比べると小さなものだった。地球近傍の小惑星の発見・追跡を行うNASAのプログラムが始まって以来、フローレンスは最大サイズの小惑星となる」とCNEOSマネージャーのPaul Chodas氏はコメントしている。

    フローレンスは1981年、天文学者シェルテ・バスが発見したもので、名前はフローレンス・ナイチンゲールに由来している。今回の接近は1890年以降でフローレンスが地球に最も近づくケースであり、またこの先も、西暦2500年まではこれほど接近することはないと予測されている。

    接近時のフローレンスは、8月終わりから9月初めにかけて9等星の明るさになり、南の魚座、やぎ座、みずがめ座、いるか座の間を通過する様子が小型の天体望遠鏡でも観察できるようになるという。

    9月1日、大型小惑星フローレンスが地球の傍を通過する際のコース(出所:NASAジェット推進研究所)


    http://news.mynavi.jp/news/2017/08/24/033/ 


    ▼「【宇宙】9月1日、史上最大級の小惑星が地球近くを通過 NASA「地球衝突の危険はない」」の続きを読む

    【見えない】冥王星で巨大カタツムリを発見 NASAが解明に乗り出す

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503133548/

    1 : 野良ハムスター ★ 2017/08/19(土) 18:05:48.18 ID:CAP_USER9.net

    世界の宇宙局は余計な憶測を呼ばぬよう、UFO学者らのニュースには往々にしてコメントを避けようとするものだが、先日、世界の一連のマスコミが報じたところによれば、NASAの専門家らは例外的な行為に出た。NASAの学者らは冥王星で先日見つかったとされる巨大なカタツムリの正体の解明に乗り出したのだ。

    探査機「ニュー・ホライズン」の撮影したビデオを見ていたUFO学者らは、奇妙な物体に気が付いた。それはどうやら自分の通った道に跡を残して進んでいるようなのだ。物体のうちのいくつかは外見もカタツムリを想起させた。とはいえ冥王星での生活は生命体には適しておらず、カタツムリたちは生理学的な観点から見ても地球上で存在させようとおもうと、冥王星上ではあまりに巨大にうつる。

    天文学好きの人々らが見つけた痕跡は学者らに言わせると汚れた氷の塊でしかない。学者らの見解では、氷はチッソの海洋の水圧で動き、均一的ではない溶け方をした結果、跡を残さざるを得ない。

    https://jp.sputniknews.com/science/201708194003173/

    画像




    ▼「【見えない】冥王星で巨大カタツムリを発見 NASAが解明に乗り出す」の続きを読む

    【NASA】「惑星防護官」に9歳男児が応募し話題

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502034246/

    1 : みつを ★ 2017/08/07(月) 00:44:06.68 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170807/k10011090291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    K10011090291_1708070018_1708070024_01_02 (1)

    NASA=アメリカ航空宇宙局が「惑星防護官」という高度な知識が求められる専門職の求人を行ったところ、SF映画が好きだという9歳の男の子から自分が適任だと訴える手紙が届き、話題になっています。
    NASAは、有人探査や宇宙探査機によって、未知の微生物などを地球に持ち込んだり、逆に地球の微生物などを、ほかの惑星に運んだりするのを防ぐ対策を検討する「惑星防護官」という高度な知識が求められる専門職を、1960年代から設けています。

    先月、NASAが新たに「惑星防護官」の求人を始めたところ、自分が適任だと訴える1枚の手紙が届きました。手紙の送り主は、ニュージャージー州の小学4年生の男の子、ジャック・デイビスくんで、手紙には「僕は9歳かもしれませんが、この仕事にぴったりだと思います」と記されています。そして「惑星防護官」の仕事が、「地球を襲う宇宙人を退治すること」と考えたのか、ジャックくんは、「僕は宇宙やエイリアンのSF映画をほとんど見ました。ゲームもとても得意です」と自信をのぞかせています。

    思わぬ応募に、NASAの責任者は「私たちは、未来ある科学者や技術者を常に求めているので、いつかNASAで会いましょう」などと返事を送り、さらに電話で激励したと言うことで、地球を守る大きな夢を抱く少年とNASAとの交流が話題になっています。 

    【関連記事】
    【NASA】地球や他惑星をエイリアンから守る「惑星保護官」募集。給料は最高約2000万円

    ▼「【NASA】「惑星防護官」に9歳男児が応募し話題」の続きを読む

    【NASA】地球や他惑星をエイリアンから守る「惑星保護官」募集。給料は最高約2000万円

    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501725385/

    1 : Sunset Shimmer ★ 2017/08/03(木) 10:56:25.87 ID:CAP_USER9.net

    20170803nnasa

    NASAは現在、宇宙船や宇宙飛行士、さらには地球や他惑星をエイリアン(微生物)から守る「惑星保護官(planetary protection officer)」を募集しています。
    現在世界各国の宇宙機関や民間企業は、月や小惑星から岩石などを持ち帰る「サンプルリターン」ミッションを計画しています。残念がら中止されてしまいましたが、NASAも小惑星サンプルリターンミッション「アーム計画」を持っていました。
    しかしこのような計画では、地球に謎の微小生物が持ち込まれる可能性があります。さらに、地球からの探査機においても他の惑星や衛星を汚染する危険性があるといえます。

    そして、NASAはこのような危険性を排除するために惑星保護間を募集しているのです。さらにその給料も、124,406~187,000ドル(約1400~2000万円)と破格。応募は8月14日までこちらのURLで可能です。
    https://www.usajobs.gov/GetJob/ViewDetails/474414000

    現在、木星の衛星「エウロパ」では表面から水分が噴出している証拠が見つかっており、地球外生命体への期待が高まっています。さらにNASAは、2020年代にこの氷の惑星へと探査機を送る予定です。
    しかし、探査機に地球由来の微生物が付着していたのでは、せっかくエウロパで生命を見つけたとしてもそれが地球外生命体なのかどうかわかりません。一見突拍子もない募集に見える惑星保護官ですが、実は惑星や衛星探査においてかなり重要なポストになりそうです。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://sorae.jp/030201/2017_08_03_nasa.html 


    ▼「【NASA】地球や他惑星をエイリアンから守る「惑星保護官」募集。給料は最高約2000万円」の続きを読む

    【NASA】火星探査車「オポチュニティ」が撮影した火星のパノラマ画像を公開

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1501253958/

    1 : 白夜φ ★@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 23:59:18.27 ID:CAP_USER.net

    「オポチュニティ」が撮影した「ねん挫した足首のパノラマ」

    NASAの火星探査車「オポチュニティ」がクレーター内部にある谷の上端の入り口地点で撮影した、パノラマ画像が公開された。

    【2017年7月28日 NASA JPL】
    火星探査車「オポチュニティ」は2004年3月に火星に着陸し、これまでに44.97kmに及ぶ距離を走破してきた。そのオポチュニティがとらえた最新のパノラマ画像が公開された。

    画像の両端にはエンデバー・クレーターの西側の縁の一部が、中央にはクレーターのすぐ外の地形が見えている。
    また、クレーターの縁の頂上には広いくぼみが見られ、クレーターの縁を越えてクレーター内部へ流れた水や氷、風の通り道のような役目を果たしていたかもしれないと考えられている。
    「小石の並ぶ複数の水路のようなものや、放水路だったと推測されるものが『パーサヴィアランス谷(Perseverance Valley)』の頂上に見られます。水や氷や風がこの地形に関わった可能性が考えられます」(オポチュニティ主任研究員 Ray Arvidsonさん)。

    パノラマ画像はオポチュニティの「Pancam」によって、今年6月に2週間設けられた運転停止期間中に撮影されたものだ。
    この間、探査車の左前輪の不具合について調査と対応が行われた。車輪が30度以上も外を向いてしまっていたことから、この画像は研究チームの間で「ねん挫した足首のパノラマ」と呼ばれている。

    --- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

    http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9280_mars

    火星のパノラマ画像の一部。オポチュニティの車輪の跡もはっきり見える


    「オポチュニティ」が2017年6月にとらえた火星のパノラマ画像。クリックで拡大(提供:NASA/JPL-Caltech/Cornell/Arizona State Univ.、以下同)




    ▼「【NASA】火星探査車「オポチュニティ」が撮影した火星のパノラマ画像を公開」の続きを読む

    【NASA】強力な太陽フレアが発生「高エネルギー電子警報発令中!」

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500695349/

    1 : ★ 2017/07/22(土) 12:49:09.31 ID:CAP_USER9.net

    14日の太陽フレア(NASA/SDO)


    米航空宇宙局(NASA)は20日、太陽観測衛星が太陽の黒点群でM2クラスの爆発現象(フレア)をとらえたと発表した。
    太陽活動は現在やや活発な状態が続いており、宇宙天気情報センター(SWC)が「高エネルギー電子の臨時警報」を発令している。

     太陽フレアは、太陽表面の黒点周辺で、磁場のエネルギーが急激に解放されることで発生する大規模な爆発現象。
    爆発に伴って放射されるX線の強度によって低い方からA、B、C、M、Xの5等級で分類される。

     一定規模以上のフレアが発生すると、太陽ガスの放出によって、2〜3日後に地球上でGPSの誤差が発生したり、通信や電波障害が起きる可能性もあることから、各国で警戒監視活動を続けている。

     NASAのソーラーダイナミクス天文台(SDO)によると、今月14日、太陽の西の端(右端)近くの活動が高まって、M2.4の中規模フレアが発生。爆発に伴って、太陽ガスの噴出現象(CME)も観測された。

     14日に発生した太陽ガスの噴出現象によって、今月17日には太陽風が地球に到着。米国のX線観測衛星(GOES)が高いレベルのエネルギー電子を観測したことから、宇宙天気情報センターが18日未明に「臨時警報」を発令した。
    太陽活動は活発な状態が続いていて、今後もCクラスのフレアが発生する可能性が予想される。

    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21201.html



    ▼「【NASA】強力な太陽フレアが発生「高エネルギー電子警報発令中!」」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る