宇宙的B級まとめブログ「コノユビ」です。コンニチワ

    人気サイトヘッドライン

    NASA

    【スペースX】アメリカ民間初有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げ成功、アメリカの有人打ち上げは9年ぶり

    1 : オクタヴィアス5世 ★ 2020/05/31(日) 07:29:00 ID:2GoYNnCh9.net

     【ワシントン共同】米スペースXは30日、米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せた新型の宇宙船「クルードラゴン」をフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。米国からの有人宇宙船の打ち上げは9年ぶり。

    https://this.kiji.is/639545764993549409 



    53 : 不要不急の名無しさん 2020/05/31(日) 08:02:15 ID:e3qt6sfl0.net

    ライブ見たけど感動したわ
    人類の技術の結晶



    19 : 不要不急の名無しさん 2020/05/31(日) 07:39:06.73 ID:XZnThx6X0.net

    次回の打ち上げには野口聡一さんが乗るんだっけ




    ▼「【スペースX】アメリカ民間初有人宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げ成功、アメリカの有人打ち上げは9年ぶり」の続きを読む

    NASA、隔離生活8カ月実験の参加者募集

    1 : apricot_chan ★ 2020/05/24(日) 18:36:39 ID:t/vH7EXs9.net


    米航空宇宙局(NASA)は月や火星への有人飛行に向けて、長期間の隔離生活が飛行士の心身に及ぼす影響を調べるため、ロシア・モスクワで実施する模擬実験への参加者を募集している。

    参加者らはモスクワの実験室で8カ月間、外部から切り離され、火星へ向かう国際共同プロジェクトに似せた環境を体験する。

    NASAが発表した応募条件は、年齢30~55歳で英語とロシア語に堪能、理系の修士号、博士号または医師の資格を持っているか、軍の士官訓練課程を修了していること。そのほかに学部卒業で軍や民間での実務経験がある場合も選考対象となる。

    参加者には報酬が支払われるが、その額はNASA所属かどうかによって異なるという。

    NASAは「アルテミス計画」で2024年までに有人月面着陸を目指し、さらに火星への有人飛行も視野に入れて研究を進めている。  



    3 : 不要不急の名無しさん 2020/05/24(日) 18:38:52 ID:tqgJKEq10.net

    お前らなら余裕



    4 : 不要不急の名無しさん 2020/05/24(日) 18:38:57 ID:T0dI/Dbs0.net

    お前らなら選考クリアできるな(´・ω・`)



    ▼「NASA、隔離生活8カ月実験の参加者募集」の続きを読む

    【映画】トム・クルーズが宇宙で映画制作へ、NASA長官も認める

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2020/05/06(水) 15:28:52 ID:i/gMi9HQ9.net


    トム・クルーズが宇宙での映画制作企画を進めていると、The Playlistなどが報じた。

    アクション映画「ミッション:インポッシブル」シリーズで、飛行中の航空機の外でのアクションやヘリからぶら下げられたロープでのスタントを披露し、成層圏ギリギリの上空7620mから急下降する“HALOジャンプ”にも挑んだクルーズ。

    現在彼は、宇宙関連企業スペースX社のCEOであるイーロン・マスクとチームを組み、宇宙でのアクション映画制作プロジェクトを企画している。NASA長官のジム・ブライデンスタインは自身のTwitterで「NASAは、トム・クルーズとともに国際宇宙ステーション(ISS)で映画を作れることにとても興奮しています。
    我々には、新世代のエンジニアや科学者を激励する新しいポピュラーメディアが必要なのです。NASAの野心的な計画を実現させるために」と発言し、NASAが本作に携わっていることを認めた。

    この新作映画のタイトルやプロットは現在明かされていないが、「ミッション:インポッシブル」シリーズとは別の作品になると見られている。

    https://natalie.mu/eiga/news/378050



    12 : 名無しさん@恐縮です 2020/05/06(水) 15:46:21.37 ID:vHyVURnH0.net

    いろんな意味でトムクルーズってアメリカそのもの



    13 : 名無しさん@恐縮です 2020/05/06(水) 15:48:03 ID:d9YhNLZn0.net

    なんだかんだトムの出てる映画は見れてしまう。



    ▼「【映画】トム・クルーズが宇宙で映画制作へ、NASA長官も認める」の続きを読む

    【新型コロナ】NASAが安くてシンプル、大量生産しやすい人工呼吸器を設計

    1 : 富豪立て子 ★ 2020/04/25(土) 13:22:52.49 ID:pgpM/I/d9.net



    アメリカ航空宇宙局(NASA)のエンジニアたちが新型コロナウイルスの患者向けに大量生産可能な人工呼吸器を設計した。今週末にも食品医薬品局(FDA)からの緊急時使用が認められる可能性がある。

    カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所(JPL)のエンジニアチームは、この人工呼吸器をたった37日でデザインし、組み立てた。「VITAL (Ventilator Intervention Technology Accessible Locally)」と呼ばれるこの人工呼吸器に使われる部品は、一般的な人工呼吸器で必要とされる部品の7分の1のため、短時間での大量生産がしやすい。

    人工呼吸器を早く病院に届けるため、NASAは無償の使用許諾を提供するという。これは、専門家がアメリカ各地でロックダウン(都市封鎖)が解除され始めた後に起こると見ている新型コロナウイルスの流行の第2波に備える助けになるだろう。

    全文はソースで
    https://www.businessinsider.jp/post-211851



    3 : 不要不急の名無しさん 2020/04/25(土) 13:32:06 ID:tkVsPS6+0.net

    性能に問題ナサげ



    22 : 不要不急の名無しさん 2020/04/25(土) 14:03:38.19 ID:5LHH6Ove0.net

    仕事が速いなーアメリカさすがだ



    ▼「【新型コロナ】NASAが安くてシンプル、大量生産しやすい人工呼吸器を設計」の続きを読む

    【画像】NASAが公開した最新の木星画像、グロい

    1 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/23(Thu) 15:22:07 ID:Ub/YwEZD0.net

    そりゃドゥガチも戦争起こすわ


    jupiter-storms_1024



    3 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/23(Thu) 15:22:57 ID:BruJiGmC0.net

    マルチョウみたいで旨そうだな



    4 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/23(Thu) 15:23:14 ID:kJgh7+OVM.net

    やべぇ
    おらワクワクしてくっぞ



    5 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/04/23(Thu) 15:23:30 ID:tyD3yqbad.net

    マーブリング



    ▼「【画像】NASAが公開した最新の木星画像、グロい」の続きを読む

    【宇宙】NASA職員、自宅から火星探査機を運用する真のテレワークを披露

    1 : ですとろん ★ 2020/04/18(土) 00:24:13 ID:RmHCuDzm9.net

    PIA23773-16

    何百万マイルも離れた惑星に存在する、天文学的に高価なローバーを運転するのは、そもそも極めて困難だ。しかしNASAのCuriosityチームはそれを成し遂げている。

    NASAは米国時間4月15日、数百人が参加する重要かつ現在進行系のミッションを直接会わずに管理しなければならないという前例のない状況に、チームがどのように適応してきたかについて投稿した。

    「通常、我々は全員が1つの部屋で画面や画像、データを共有する」と、チームリーダーのアリシア・オールボー氏は語る。「今では別々の部屋にいるだけでなく、スケジュールやコンピュータのセットアップも異なる。「私は15ほどのチャットチャンネルを常時監視している。通常よりも複雑な状況だ」。
    もちろんビデオ通話も利用され、ときには数ストリームが同時進行する。一方、これまで高性能ワークステーションで行われていた処理は、現在はラップトップとウェブサービスで処理される。複雑さが増したことでプロセスの効率は低下しているが結果は出ている。

    全文はソースで
    https://jp.techcrunch.com/2020/04/16/2020-04-16-nasas-curiosity-team-is-operating-the-mars-rover-from-home/



    4 : 名無しさん@1周年 2020/04/18(土) 00:25:30 ID:xnALVrDc0.net

    テレ過ぎるだろ



    7 : 名無しさん@1周年 2020/04/18(土) 00:31:52 ID:s4IgEvm20.net

    超高価なラジコンやん



    ▼「【宇宙】NASA職員、自宅から火星探査機を運用する真のテレワークを披露」の続きを読む

    【宇宙開発】NASAが「月面のクレーターを巨大電波望遠鏡に変える」プロジェクトを発表

    1 : 朝一から閉店までφ ★ 2020/04/10(金) 18:44:25.61 ID:CAP_USER.net



    NASAが「月の裏側にあるクレーターを電波望遠鏡に変える」というプロジェクトを発表しました。完成した場合、地球では検出できない波長と周波数の電波を検出できる太陽系最大の開口型電波望遠鏡となる見込みです。

    Lunar Crater Radio Telescope (LCRT) on the Far-Side of the Moon | NASA
    https://www.nasa.gov/directorates/spacetech/niac/2020_Phase_I_Phase_II/lunar_crater_radio_telescope/

    NASA Reveals Wild Project For Turning a Moon Crater Into a Radio Telescope
    https://www.sciencealert.com/check-out-this-amazing-plan-to-turn-a-crater-on-the-far-side-of-the-moon-into-a-radio-telescope

    NASA LCRT | NASA Might Build a Radio Telescope on the Moon
    https://www.popularmechanics.com/space/moon-mars/a32086207/nasa-radio-telescope-moon/

    電波望遠鏡を月面に設置すると、地球の分厚い電離層や地球上に存在する多様な電波ノイズなどに遮られることがないため、地球では検出できない波長と周波数を計測することが可能です。2020年4月8日にNASAが発表した「月面クレーター電波望遠鏡(LCRT)」プロジェクトは、月面のクレーターの形状をパラボラアンテナの土台として活用し、「クレーター自体を電波望遠鏡にする」という計画です。

    この計画では、まずパラボラアンテナとして適した形状・大きさのクレーターを月の裏側から選出します。クレーターの大きさは直径3kmから5km、月の裏側のクレーターを選出する理由は、地球に面する側のクレーターには地球から放出された電波ノイズが干渉してしまうことが原因です。

    全文は下記URLで
    https://gigazine.net/amp/20200410-nasa-lunar-crater-radio-telescope/



    2 : ニュースソース検討中@自治議論スレ 2020/04/10(金) 18:47:43.66 ID:WJ5NuyhW.net

    デススター



    6 : ニュースソース検討中@自治議論スレ 2020/04/10(金) 18:56:58.28 ID:aQk7s+K9.net

    宇宙兄弟だな



    ▼「【宇宙開発】NASAが「月面のクレーターを巨大電波望遠鏡に変える」プロジェクトを発表」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星探査機「インサイト」を叩いて修理完了

    1 : エトラビリン(東京都) [DE] 2020/03/20(金) 01:43:22 BE:416336462-PLT ID:SVboCLYd0.net

    米航空宇宙局(NASA)は、火星探査機「InSight(インサイト)」の修理に成功したことをSNSで明らかにした。
    火星探査機インサイトは数か月前、火星の土壌の中でつっかえてしまった。
    この状態から抜け出す唯一の方法は、探査機自体にスコップで打撃を与えること。

    インサイトは、地震計を埋め込み、火星の内部構造を調べるために掘削していたときに故障した。
    ドリルが土壌の中でつっかえ、ひき出せなくなってしまった。

    NASAのエンジニアたちは、インサイトが自らスコップで打撃を与えるという、単純ではあるが、素晴らしいアイデアを思いついた。
    なお、インサイトのメカニズムに損傷を与えないために、エンジニアたちは数か月間にわたり地球で打撃のシミュレートをした。
    計画は成功した。

    修理している様子

    https://jp.sputniknews.com/science/202003207282361/



    3 : リバビリン(光) [ニダ] 2020/03/20(金) 01:45:25 ID:kWvxLF5L0.net

    叩いて直したのか



    53 : インターフェロンβ(SB-iPhone) [HK] 2020/03/20(金) 07:19:30 ID:8Rw6oC+t0.net

    >>3
    むかしのブラウン菅テレビだな



    ▼「【宇宙】NASA、火星探査機「インサイト」を叩いて修理完了」の続きを読む

    【NASA】50年ぶりの月面着陸を目指す宇宙船「オリオン」を公開

    1 : ちーたろlove&peace ★ 2020/03/15(日) 17:13:32 ID:y1iPSX4C9.net



    およそ50年ぶりとなる宇宙飛行士の月面着陸を目指すNASA=アメリカ航空宇宙局は計画の先駆けとなる月への飛行に使われる宇宙船の主要なテストを終え、機体を報道機関に公開しました。



    NASAは4年後の2024年におよそ50年ぶりとなる月面への宇宙飛行士の着陸と、その後の月面での活動拠点の建設を目指す「アルテミス計画」を進めています。

    計画の中核となるNASAの宇宙船「オリオン」の主要なテストがオハイオ州の研究施設で終了し、14日、報道機関に機体が公開されました。

    オリオンは有人飛行が可能な宇宙船で、最大4人が搭乗できます。

    今回公開された機体は、アルテミス計画の最初の段階として無人で月軌道を周回する飛行を行う予定で、打ち上げは来年の前半になるとみられています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200315/amp/k10012332271000.html



    3 : 名無しさん@1周年 2020/03/15(日) 17:16:12 ID:uuMINv5j0.net

    大阪万博に2回目の月の石よろしく



    28 : 名無しさん@1周年 2020/03/15(日) 17:23:09 ID:bNoM/h0F0.net

    結局アポロに先祖返りしてしまったなw



    ▼「【NASA】50年ぶりの月面着陸を目指す宇宙船「オリオン」を公開」の続きを読む

    【NASA】直径4キロの大型小惑星が4月29日に地球に接近

    1 : 太刀風 ★ 2020/03/04(水) 19:39:11 ID:vKlRETeV9.net


    直径が最大でおよそ4キロと推定される大型の小惑星が、来月29日に地球に接近することが4日までにわかった。米航空宇宙局(NASA)が明らかにした。地球に衝突する恐れはないとしている。

    1998年に初めて見つかったこの小惑星は、地球から約630万キロの地点を時速3万キロ以上で通過する見通し。NASAによると直径は約1.8~4キロで、もし地球に衝突すれば世界的な影響を引き起こす恐れがあるという。

    同小惑星は、地球の軌道近くを通過するとの理由から一時危険な天体に分類されていたが、現在は地球に影響を及ぼし得る事象をまとめたNASAのリストから外れている。その大きさは、向こう2カ月の間に地球に接近する小惑星の中で最大とみられる。


    2 : 名無しさん@1周年 2020/03/04(水) 19:39:32 ID:D0R7u44C0.net

    ついに来たか



    3 : 名無しさん@1周年 2020/03/04(水) 19:39:45 ID:4nHebj6h0.net

    小惑星は最高だぜ



    ▼「【NASA】直径4キロの大型小惑星が4月29日に地球に接近」の続きを読む
    今週の人気記事
      Twitter
      宇宙的B級まとめブログ「コノユビ」のあやしい最新記事はこちらから。 botじゃないのでよろしくお願いします🙇🙇🙇
      ↓通知を受け取る


      記事検索
      最新記事
      逆アクセスランキング

        スポンサードリンク
        最新コメント
        カテゴリー
        アーカイブ
        アクセスカウンタ
        • 今日:
        • 昨日:
        • 累計:

        おーぷん2ちゃんねる
        スポンサードリンク

        このページのTOPへ戻る
        • ライブドアブログ