「この指とまれ!!」は宇宙とかまとめてる2ちゃんまとめブログです!

    ヘッドライン

    NASA

    NASA、100京円の価値のある小惑星「プシケ」を地球に持ち帰る計画を実行へ

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495799599/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/05/26(金) 20:53:19.37 ID:CAP_USER9.net

    NASAはどうやら10,000兆ドルの価値のある小惑星の探索に乗り出すようです。



    この星は鉄やニッケルその他プラチナなど希少価値の高い金属で構成されており、まさに徳川埋蔵金など比べ物にならないほどとんでもない「宝の山」になっているようです。
    しかし問題はどう持ち帰るのでしょうか。

    ■16プシケはどんな星?

    さてNASAが探索しようとしている16プシケとは一体どのような星なのでしょう。
    まずこの星の成分ですが構成として鉄、ニッケル、貴金属で出来ているといいます。
    貴金属は「プラチナ」など高価なものも含まれるので、星全体が希少価値の高い鉱物でできていると考えても良いのかもしれません。



    火星と木星の間の軌道を公転しており、小惑星帯の中では13番目に大きな天体です。
    そんな宝の山の探索に乗り出したのはNASAで、どうやら2022年にこの星を訪れるということです。



    もし持ち帰れば地球の価値にして「1京ドル」。現在1ドルが111円ですので、日本円にしておよそ100京円の価値があるという天文学的な数値になりそうです。

    となれば、この星を持ち帰ることは大変危険です。
    もちろん地球に衝突させた場合の衝撃もそうですが、突如膨大な金属が地球上に増加したことで、世界中の鉄やニッケルなどの鉱物の価値が著しく暴落しクズ同然になるのでそれらを販売している業者が倒産し、それに付随する下請けも倒産していくのかもしれません。
    つまり地球上の鉄・ニッケル・その他金属が単なる石ころ同然になるわけです。(そもそも石ころですが・・・)



    とはいえ、火星近くにある小惑星を地球に持ち帰るなんて仕事はいったいどうやって実現させるのでしょうか。
    やり方としては持ち帰るというよりも、軌道をずらして地球の衛生として捕まえるというやりかたもありそうですが、それはそれで時間とコストがかかりそうです。

    大きさは250kmぐらいありますので、軌道をずらすにしてもエネルギーは膨大になりそうです。

    http://www.yukawanet.com/archives/5218211.html



    ▼「NASA、100京円の価値のある小惑星「プシケ」を地球に持ち帰る計画を実行へ」の続きを読む

    【宇宙】木星表面のNASA画像、サイクロンやアンモニアの川確認

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495798866/

    1 : みつを ★ 2017/05/26(金) 20:41:06.36 ID:CAP_USER9.net

    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN18M0KO

    [ケープカナベラル(米フロリダ州) 25日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)の探査機「ジュノー」がとらえた木星表面の画像で、巨大なサイクロンや地底から湧くアンモニアの川などが確認された。

    科学誌サイエンスにも掲載された画像は、昨年8月27日にジュノーが木星の極から4200キロを通過した際に収集したデータに基いている。

    サイクロンは直径1400キロに達し、木星の南極と北極の上空で確認。このほか、大気圏の表面から数百マイルの深部に至るアンモニアの帯もとらえられている。

    木星の直径は地球の11倍超。科学者らは雲の下はかなり均一の物質構成だと予想していたが、調査を率いるスコット・ボルトン氏(テキサス州サウスウェスト・リサーチ・インスティテュート)は「固体として回転しているようには見えない」と述べた。

    次回の接近は7月11日の予定。科学者らは大赤斑がどのように維持されているかや、厚い雲の下に大量の物質が存在するのかが分かればと期待している。

    2017年 5月 26日 4:54 PM JST

     5月25日、米NASAの探査機「ジュノー」がとらえた木星表面の画像で、巨大なサイクロンや地底から湧くアンモニアの川などが確認された。NASA提供(2017年 ロイター)
    ダウンロード



    ▼「【宇宙】木星表面のNASA画像、サイクロンやアンモニアの川確認」の続きを読む

    【NASA】大型の小惑星が地球に接近中。過去400年余りで最も近い距離

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491793911/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/04/10(月) 12:11:51.99 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-35099515-cnn-int

    asteroid-2014-jo25-exlarge-169

    直径およそ650メートルの大型小惑星が地球に接近している。
    米航空宇宙局(NASA)によると、米国時間の19日に最接近する見通しだが、地球に衝突する危険はないという。

    NASAによれば、小惑星「2014 JO25」は地球から180万キロの距離を通過する見通し。これは地球から月までの距離の約4.6倍に相当し、この大きさの小惑星としてはかなりの接近になる。

    小さな小惑星は1週間に数回の頻度で地球近くを通過しているが、今回ほどの大きさがある小惑星の接近は、2004年の「トータティス」以来13年ぶり。

    今回の小惑星は太陽の方角から地球に接近する。地表が太陽光を反射して、19日以降、望遠鏡を使って観測できるようになる見通し。

    2014 JO25は3年前に発見された小惑星で、過去400年あまりで最も近い距離まで接近する。NASAは地表の様子などを詳しく探るため、世界各地の望遠鏡を使って観測を予定している。

    今回は同時にパンスターズ彗星(C/2015 ER61)も接近している。
    地球から約1億7500万キロの距離を通過する見通しで、望遠鏡や双眼鏡を使えば明け方の空に観測できる。



    ▼「【NASA】大型の小惑星が地球に接近中。過去400年余りで最も近い距離」の続きを読む

    NASAが「太陽が15日連続で活動してない」と発表 今の寒さは“ミニ氷河期”の前触れか

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490644956/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/03/28(火) 05:02:36.12 ID:CAP_USER9.net

    ■太陽が2週間も活動していない緊急事態

    英紙「Daily Mail」(3月22日付)によると、NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が太陽活動の停滞を観測。
    なんと、3月7日〜22日の15日間連続で太陽黒点がゼロだったというのだ!



    太陽黒点は太陽活動の指標とみられ、活動が極大化すると多くの黒点が出現し、極小化すると激減する。
    黒点の減少がすぐさま太陽活動の終焉を意味するわけではないが、「氷河期」が着々と近づいている証拠と科学者らは見ているようだ。

    これまでの予想では、次の停滞は2021年頃とみられていたが、今回は大幅に早まる形となった。
    15日にもわたる活動の停止は2010年の4月以来だという。

    「Spaceweather.com」によると、今年に入ってからすでに27日もの「太陽黒点ゼロ日」があるとのことだ。
    2016年は年間で32日、2015年はゼロだったことを考えると、異常なペースで太陽活動が弱まっていることがはっきりと分かる



    ■氷河期がもたらす被害

    2021年とみられていた停滞期が4年も縮まったことで、氷河期の到来も早まるかもしれない。
    太陽黒点数が著しく減少した「マウンダー極小期」(1645年〜1715年)に伴う小氷期は、北半球に甚大な被害をもたらしたことで知られている。

    当時の資料によると、テムズ川やオランダの運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が頻繁に見られ、飢饉が頻繁に発生するようになり(1315年には150万人もの餓死者を記録)、疾病による死者も増加。
    アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅。
    日本においても東日本を中心にたびたび飢饉が発生したと伝えられている。

    http://tocana.jp/2017/03/post_12739_entry.html
    http://tocana.jp/2017/03/post_12739_entry_2.html



    2 : 名無しさん@1周年 2017/03/28(火) 05:02:58.67 ID:4qCzG5+f0.net

    春休み中



    76 : 名無しさん@1周年 2017/03/28(火) 05:23:43.30 ID:Xkio7jia0.net

    >>2
    なーんだそれか〜



    ▼「NASAが「太陽が15日連続で活動してない」と発表 今の寒さは“ミニ氷河期”の前触れか」の続きを読む

    NASAにとって中国が脅威に… 国際会議から中国人締め出し

    元スレ:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1490566982/

    img_1

    1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 07:23:02.08 ID:CAP_USER.net

    NASAにとって中国が“脅威”に… 野心的な宇宙開発を警戒、国際会議から中国人締め出し (1/5ページ)
    2017.3.26 13:03
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n1.htm

     《宇宙開発で世界の先端を走っている米国が、中国を脅威に感じている。開発予算をみると、中国の約110億ドルに対し、米国は約390億ドル。
    差は大きく開いているのに、なぜ米国は中国の動きを注視しているのか。[山田敏弘,ITmedia]》

     1961年5月25日、米国のジョン・F・ケネディ大統領は米議会で、「10年以内に、人類を月に上陸させ、安全に帰還させる」とスピーチをした。
    このスピーチは、米国の宇宙開発を加速させた歴史的なものであるとして今も語り継がれている。

     当時、NASA(米航空宇宙局)に勝算があったわけではない。現実には、人を月に送るための具体案やビジョンすら持ち合わせていなかったと言われている。

     このスピーチの背景には、数年前の1957年にソ連が米国に先駆けて人工衛星のスプートニクの打ち上げに世界で初めて成功しており、さらにケネディ・スピーチの1カ月ほど前には、ソ連が有人宇宙飛行を成功させていたことがある。ソ連に負けてられないという空気があったのだ。

     それから56年近くが経ったいま、米国には当時のソ連と同じように、宇宙開発で“脅威”と感じている国がある。中国である。

     就任から2カ月ほどが経ったドナルド・トランプ政権だが、そろそろ宇宙開発の方向性と政策を示すのではないかと期待されている。
    おそらくトランプは、ケネディ大統領が宇宙開発でソ連に抱いたように、中国をこれまで同様に敵視し続けることになりそうだ。

    宇宙開発で先端をいっている米国がなぜ中国に脅威を感じる?
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n2.htm
    中国のビジョンはかなり野心的
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n3.htm
    NASA関連の国際会議でも中国人を締め出し
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n4.htm
    米中の宇宙競争が激化
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170325/mcb1703251605001-n5.htm 



    2 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 07:28:08.73 ID:tqlzRN2z.net

    中国入れたら今までの技術がコピーされっからな
    当然当然



    3 : 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 07:34:28.10 ID:NA42kjt0.net

    パクったうえに侵略に利用することしか
    考えてないからな中国



    ▼「NASAにとって中国が脅威に… 国際会議から中国人締め出し」の続きを読む

    【NASA】重力波の反動ではじかれたブラックホールがみつかる

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490336004/

    1 : 孤高の旅人 ★ 2017/03/24(金) 15:13:24.55 ID:CAP_USER9.net

    ブラックホールはじかれる NASA、重力波の反動か
    2017/3/24 10:44
    https://this.kiji.is/217801407918867957?c=39546741839462401

    no title

     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は23日、地球から80億光年離れた銀河で、通常は銀河の中心付近にとどまっているはずのブラックホールが高速で端に向かって動いているのを見つけたと発表した。2個のブラックホールが合体し、その際に生じた重力波の反動ではじき飛ばされたと推測している。

     多くの銀河は中心部にブラックホールがあるとされるが、NASAのチームはハッブル宇宙望遠鏡の観測で、ブラックホールが中心から大きくずれた、変わった銀河を発見した。



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 15:15:10.47 ID:3TUo98oV0.net

    地球の方向に弾かれたらリアルさよならジュピター



    5 : 名無しさん@1周年 2017/03/24(金) 15:15:23.70 ID:ukn+VtMz0.net

    こっちくんな



    ▼「【NASA】重力波の反動ではじかれたブラックホールがみつかる」の続きを読む

    【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489361564/

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/03/13(月) 08:32:44.59 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010000-sorae_jp-sctch

    2016年に発見され、2017年2月には「地球型で生命体がいるかもしれない惑星」が3つも見つかった惑星系「TRAPPIST-1」。その初画像を、ケプラー宇宙望遠鏡が届けてくれました。

    正直レゴブロックが動いているようにしか見えない、今回の画像。これは、ケプラー宇宙望遠鏡による12月15日から3月4日までの「K2ミッション」のさなかの、2月22日の観測結果です。そしてチラチラと明かりや形状が変化しているのは、約39光年先の赤色矮星「TRAPPIST-1」の前を惑星が通過しているからなのです。
     
    TRAPPIST-1にはTRAPPIST-1bからc、d、e、f、g、hまで、7つの地球に似たサイズの惑星が確認されています。そしてそのうちe、f、gが恒星との位置がちょうどよく、液体の水を保持しうる「ハビタブル惑星」に該当するのです。
     
    今回の観測では6つの惑星の大きさや、7つの惑星の公転周期/質量などの解明、それに恒星の重力活動などの解明ができるとされています。さらに2018年に打ち上げ予定の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」にて、より詳細な観測が期待されているのです。

    7つも地球サイズの惑星が見つかった「TRAPPIST-1」




    2 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:33:40.85 ID:DFeQgg4i0.net

    おお、すげー(棒)



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:34:07.36 ID:5nn19MiJ0.net

    わっかんね



    4 : 名無しさん@1周年 2017/03/13(月) 08:34:18.68 ID:ZQ4U7vgf0.net

    モザイク透視で鍛えた俺の眼力でも無理だわ(´・ω・`)



    ▼「【宇宙】7つもの地球型惑星が見つかった惑星系「TRAPPIST-1」の画像をNASAが初公開」の続きを読む

    NASA、火星テラフォーミングへ「磁気シールド構想」を発表

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488874523/

    1 : ニライカナイφ ★ 2017/03/07(火) 17:15:23.43 ID:CAP_USER9.net

    NASAが火星の大気を守る巨大磁気シールド構想を発表しました。
    地殻変動のない火星では地球のような磁場がないため、太陽風によって大気が宇宙へと吹き飛ばされてしまい、非常に薄い大気しかありません。
    ここに人工的に磁場を形成して地球のような大気層を作ってやろうという考えです。
    研究者は、火星のラグランジュ点(L1)に磁気シールドを置いた場合のシミュレーションを行なったところ、北極点付近にあるドライアイス層が蒸発してCO2となり、その温室効果で地表の氷のいくらかを再び海に戻せるという結果を得ました。



    地表に海ができるということは、将来火星に長期滞在することになるであろう宇宙飛行士にとっては、かなり住みやすい環境になるということです。
    また現在は大量に火星地表へ降り注ぐ宇宙放射線も、磁場と大気層によってかなりが軽減されることになります。
    つまり、磁気シールドの設置が火星に実質的なテラフォーミングを引き起こすことになるはずです。

    ただ、ひとつ難点を言えば、磁気シールドが目論見どおり機能したとしても、火星の大気層が安定し氷が海に戻るまで数十年はかかると予想されること。
    つまりNASAやSpaceXほか各国宇宙機関が宇宙飛行士を送り込もうとする数年後にはとても間に合いません。

    それでも、磁気シールドを置くだけで火星をテラフォーミングできる可能性が高いとわかっただけでも、わざわざ火星に藻やゴキブリを送り込み、それを命がけで駆除しにいく必要がなくなったという点において大注目な発見といえそうです。
    ちなみに、火星のL1点に置く磁気シールドに必要な磁力(磁束密度)は、1〜2テスラほどで済むとのこと。



    http://japanese.engadget.com/2017/03/06/nasa-co2/



    3 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:16:51.69 .net

    ラグランジュ点から何かのひょうしにぶれて火星の重力引っ張られて落ちるわけだ



    7 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:17:34.04 ID:rr/tAYkE0.net

    宇宙のステルヴィア



    9 : 名無しさん@1周年 2017/03/07(火) 17:19:09.64 ID:kK/MjO8p0.net

    もし火星の環境に適応した生物がいたとしたら全滅させることにならないか。



    ▼「NASA、火星テラフォーミングへ「磁気シールド構想」を発表」の続きを読む

    【宇宙】アマゾン、月への宅配サービスでNASAに協力を申し出る

    元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488611519/

    fbe71b27b874ec03ddb97c3f6e5a43d0_s

    1 : 記憶たどり。 ★ 2017/03/04(土) 16:11:59.91 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00050095-yom-sci

    米ワシントン・ポスト紙は3日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏が、米航空宇宙局(NASA)に対し、将来の月面基地の建設に向け、施設などの輸送で協力すると呼びかけていると報じた。

    ベゾス氏が設立したブルーオリジン社は昨年9月、アポロ計画で使われたサターン5ロケットに匹敵する大型ロケットの開発方針を明らかにしており、「月面への配達サービス」(同紙)にこのロケットを活用するとみられる。ベゾス氏は「米国は月に戻る。今回は滞在のためだ」と同紙に答え、2020年にも輸送を始めるようNASAに求めている。

    米民間企業スペースXも先月末、来年後半に月への宇宙旅行を実現させる方針を明らかにするとともに、NASAの有人飛行に協力すると呼びかけた。トランプ米政権の発足を受け、政府との協力体制構築に向け、民間企業の動きが活発化している。



    2 : 名無しさん@1周年 2017/03/04(土) 16:15:58.55 ID:ZwlCG4/30.net

    ヤマトのお兄さん過労死するからやめて!



    32 : 名無しさん@1周年 2017/03/04(土) 16:47:35.00 ID:OQR2UnoY0.net

    >>2
    まさに宇宙戦艦ヤマトだな



    15 : 名無しさん@1周年 2017/03/04(土) 16:21:23.84 ID:HophOWGy0.net

    >>2
    いや、ヤマトなる絶対やるはず。



    64 : 名無しさん@1周年 2017/03/04(土) 20:45:50.03 ID:8o/F5gUx0.net

    >>15
    再配達もokだよな?w



    ▼「【宇宙】アマゾン、月への宅配サービスでNASAに協力を申し出る」の続きを読む

    【NASA】水、生命、海が存在するかもしれない惑星7つ発見

    元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487798718/

    1 : 頭突き(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/02/23(木) 06:25:18.56 ID:DgKHjY6q0●.net BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典

    39光年先、7惑星に生命?表面に水の可能性

    読売新聞 2/23(木) 3:04配信

    no title

     【ワシントン=三井誠】地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、米国や欧州などの国際チームが発表した。

     すべての惑星の表面に液体の水が存在する可能性があり、一部には海があるかもしれない。一つの恒星の周りに、生命が存在しうる惑星が7個も見つかったのは初めてという。論文は23日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

     この恒星「トラピスト1」は、小さくて暗い「矮星(わいせい)」と呼ばれるタイプに分類され、木星よりも直径が約2割大きいだけで、明るさは太陽の1000分の1以下。

    研究チームは昨年5月にこの恒星を3個の惑星が回っていると発表したが、今回は米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡などを使って詳細に観測した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050009-yom-sci



    4 : メンマ(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/23(木) 06:26:47.43 ID:3dluufZF0.net

    微妙だな



    8 : メンマ(長屋)@\(^o^)/ [EE] 2017/02/23(木) 06:29:02.96 ID:LKAahGgo0.net

    だからなんやねん(´・ω・`)



    9 : 急所攻撃(茸)@\(^o^)/ [US] 2017/02/23(木) 06:29:20.08 ID:JDr1bBxT0.net

    何かしら生命体は存在してそう
    でも地球からじゃ行けそうもない星だ



    ▼「【NASA】水、生命、海が存在するかもしれない惑星7つ発見」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!2chの宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!フォロバ110パーです!
      Twitterの反応
      はてブ新着記事
      はてブ人気記事
      最新コメント
      RSS
      RSSで更新をチェック!
      おーぷん2ちゃんねる
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る