「コノユビ」はゆるーく宇宙とかまとめてるブログです

    ヘッドライン

    NASA

    【NASA】初の民間宇宙船に搭乗する宇宙飛行士9人を発表

    1 : 孤高の旅人 ★ 2018/08/04(土) 15:20:10.63 ID:CAP_USER9.net

    NASA、宇宙飛行士9人を発表 初の民間宇宙船に搭乗
    https://www.asahi.com/articles/ASL842C9RL84UHBI001.html?iref=comtop_8_03
    spacex-nasa-crew-1200

     米航空宇宙局(NASA)は3日、2011年のスペースシャトル退役後初となる米国からの有人宇宙飛行をする飛行士9人を発表した。民間企業がつくった宇宙船に初めて乗り、早ければ来年にも試験飛行をする。

     9人はいずれも軍出身。うち2人は女性で、3人が初飛行だ。NASAが開発を委託したスペースX社の「クルードラゴン」とボーイング社の「CST―100スターライナー」に搭乗する。最後のスペースシャトル・アトランティスに搭乗経験があるクリストファー・ファーガソン飛行士はボーイング社員として乗り込む。飛行士らは、新たな宇宙船は3千以上のスイッチがあったシャトルに比べ簡素で「空飛ぶiPhoneのようだ」と話した。

     宇宙船はフロリダ州から打ち上げられる。人を乗せないテスト飛行を年末から年始に行ったあと、19年4月以降にまず5人がそれぞれの宇宙船に乗り込み2週間ほどの試験飛行をする。NASAが安全性を確認したあと、残り4人が国際宇宙ステーション(ISS)への最初の飛行を担う。


    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533363610/


    ▼「【NASA】初の民間宇宙船に搭乗する宇宙飛行士9人を発表」の続きを読む

    【NASA】太陽の謎を解明するため“最接近” する探査機、8月打ち上げへ

    1 : しじみ ★ 2018/07/21(土) 19:27:52.53 ID:CAP_USER.net

    太陽にこれまでで最も近い距離まで近づいて観測する探査機が来月打ち上げられるのを前に、NASA=アメリカ航空宇宙局が記者会見し、太陽で起きる現象の解明に期待を示しました。

    NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は来月6日以降に打ち上げられ、ことし11月以降、合わせて24回、太陽に接近し、太陽の表面からおよそ600万キロと、これまでより格段に近いところから観測する計画です。

    NASAは打ち上げを前に20日、アメリカ南部フロリダ州のケネディ宇宙センターで記者会見を開きました。

    それによりますと、探査機には厚さ10センチを超える炭素繊維でできた直径2.3メートルの耐熱板が取り付けられていて、1400度近い高温の中でも機器を30度前後に保つことで、太陽に接近しての観測が可能になるということです。

    そして、これまで謎とされてきた、太陽を取り囲むガス「コロナ」が表面温度をはるかに超える100万度にまで達する理由や、人工衛星や地球上の通信などに影響を及ぼす太陽から出る電気を帯びた爆風「太陽風」がどう加速するのか調べ、地球への影響の予測に役立てるとしています。

    NASAの担当者は「太陽の現象を解明する最後のピースを提供したい」と述べ、期待を示しました。



    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011542801000.html



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1532168872/


    ▼「【NASA】太陽の謎を解明するため“最接近” する探査機、8月打ち上げへ」の続きを読む

    【NASA】火星探査車オポチュニティ、火星の嵐によりソーラー発電が困難に

    1 : ばーど ★ 2018/06/13(水) 14:58:53.28 ID:CAP_USER9.net



    NASAの火星探査車「オポチュニティ」が、現在嵐によって発電が困難になっていることが伝えられています。このまま嵐が続けば、地球との通信が困難になる可能性もあります。
     
    オポチュニティは搭載されたソーラーパネルにて発電し、バッテリーに充電しつつ稼働します。同探査車は2007年にも大規模な嵐に遭遇していますが、6月3日から始まった今回の嵐はそれよりもずっと強烈で、昼間を夜のように暗くしています。これにより、オポチュニティの発電量は過去最低レベルに低下しています。また、探査車の温度が下がりすぎることも懸念材料です。
     
    現在オポチュニティはすべての科学調査を中止し、充電とカメラ撮影、通信に専念しています。しかしさらにバッテリーレベルが下がればオートパイロットモード「low power fault mode」に入るか、あるいはそれにすらオンにならない可能性もあります。現在火星では嵐がますます強くなっており、状況によってはオポチュニティは一度シャットダウンし、太陽が大地を照らし発電が可能になった段階で再び復帰することになるかもしれません。
     
    ■NASA’s Opportunity rover is battling a massive dust storm on Mars
    https://www.theverge.com/2018/6/11/17449492/nasa-opportunity-rover-mars-dust-storm-solar-panels(塚本直樹)

    https://sorae.info/030201/2018_06_13_opo.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528869533/


    ▼「【NASA】火星探査車オポチュニティ、火星の嵐によりソーラー発電が困難に」の続きを読む

    【訃報】4人目の月面歩行者で元米宇宙飛行士アラン・ビーン氏(86)死去 NASA退職後は画家に

    1 : みつを ★ 2018/05/27(日) 20:27:10.75 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3176175?cx_position=14

    【5月27日 AFP】人類で4人目の月面歩行者となった元米宇宙飛行士のアラン・ビーン氏が26日、テキサス州ヒューストンで死去した。86歳。米航空宇宙局(NASA)を通じて家族が明らかにした。ビーン氏は最近になって急に体調を崩していたという。

     ビーン氏は1932年テキサス州ウィーラー生まれ。1955年にテキサス大学で航空工学の学位を取得し、米海軍のテストパイロットを経て1963年にNASAの宇宙飛行士に選出された。

     1969年、月面着陸を果たしたアポロ12号の搭乗員を務め、月面を歩行。1973年には米国初の宇宙ステーション計画である「スカイラブ」計画に船長として参加した。

     またスカイラブ計画では宇宙滞在時間59日、航行距離3930万キロを達成し、当時の世界記録を樹立した。

     1981年にNASAを退職し、画家に転身。アポロ計画を題材とした作品を制作した。(c)AFP

    th_Bean_Alan_KSC-69PC-0710

    th_Apollo12Visor



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527420430/


    ▼「【訃報】4人目の月面歩行者で元米宇宙飛行士アラン・ビーン氏(86)死去 NASA退職後は画家に」の続きを読む

    NASAが公開した火星の画像に謎の飛行物体

    1 : 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 22:55:07.02 ID:lDA93fEha.net







    http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1527170107/


    2 : 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 22:55:44.82 ID:lDA93fEha.net

    これはガチ



    3 : 風吹けば名無し 2018/05/24(木) 22:56:12.56 ID:lDA93fEha.net

    久々にきたな



    ▼「NASAが公開した火星の画像に謎の飛行物体」の続きを読む

    【宇宙】NASA、火星に「ヘリコプター」2020年に打ち上げ 地球以外の惑星で初めて

    1 : 自治郎 ★ 2018/05/12(土) 20:39:48.54 ID:CAP_USER9.net

    【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は11日、地球以外の惑星で飛ぶ初めてのヘリコプターを2020年に火星に向けて打ち上げると発表した。21年に到着させ、地球よりもはるかに薄い火星の大気中でも、飛行が可能かどうかを検証する。

     火星の重力は地球の3分の1で、この点は飛ぶのに有利だが、大気の密度が100分の1程度と小さいため、羽根を回転させて機体を浮かせるための揚力を確保するのが難しい。このためNASAは羽根の回転数を10倍に上げるなどの工夫を凝らす。 

     ヘリコプターの大きさはソフトボールほどで2キロ弱の重さ。羽根は太陽電池の電力で動く。地球から直接の操縦は難しいため、指令の電波を送信すればそれに従って自律的に動く仕組みだ。1カ月の実験期間中に、最長で90秒の連続飛行を目指す。 

    https://www.sankei.com/photo/daily/news/180512/dly1805120007-n1.html

    火星で飛行させるヘリコプターの想像図




    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526125188/


    ▼「【宇宙】NASA、火星に「ヘリコプター」2020年に打ち上げ 地球以外の惑星で初めて」の続きを読む

    インド人「NASAに売る落雷から発電する魔法の銅板に出資して」と宇宙服を着て公開実験 → 投資詐欺で逮捕

    1 : 名無しさん@涙目です。 2018/05/11(金) 00:29:38.48 ID:b5QIru+E0.net BE:416336462-PLT(12000)

    偽の宇宙服を用意し、米航空宇宙局(NASA)にも採用される見込みの「落雷から発電する魔法の銅板」を開発中だとうたって実業家から20万ドル(約2200万円)超相当をだまし取った親子が、インドで逮捕された。インド・ニューデリー警察が9日、発表した。

    問題の装置は、「落雷に打たれた」ことで磁気を帯び米粒を引き寄せることができるようになった希少な銅を用いているとされ、親子は俳優を雇い「宇宙服」を着せて偽の実験を披露。発明を完成させるために資金が必要だと説明して被害者をだましていた。
    しかし、行われる予定の実験が悪天候などを理由に何度も延期されることにニューデリーの実業家が違和感を抱き、親子に大金を渡した事実を警察に話したことから詐欺が発覚。警察は9日、「偽宇宙服」を着せた容疑者親子の写真と動画を公開した。

    容疑者親子は「薬効がある」とうたってヘビを1匹2万5000ドル(約270万円)超で売った容疑で逮捕され、保釈中だった。(c)AFP

    全文はソースで
    http://www.afpbb.com/articles/-/3174081






    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525966178/


    ▼「インド人「NASAに売る落雷から発電する魔法の銅板に出資して」と宇宙服を着て公開実験 → 投資詐欺で逮捕」の続きを読む

    NASA、新型の火星探査機「インサイト」を打ち上げ 火星の内部を初調査へ

    1 : ガーディス ★ 2018/05/06(日) 07:18:58.43 ID:CAP_USER9.net

     米航空宇宙局(NASA)は、新型の火星探査機「インサイト」を5日、打ち上げた。火星で起きる地震や地中の温度を測り、火星の内部構造を初めて直接調べる。地球のような岩石惑星がどのように造られたかの解明につながると期待されている。

     米太平洋時間5日午前4時すぎ(日本時間午後8時すぎ)に、カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から「アトラス5」ロケットで打ち上げられた。半年後の11月末に火星の赤道付近に着陸する予定だ。

     インサイトは乗用車ぐらいの大きさで、パラシュートとロケットの逆噴射を使い着陸する。ロボットアームを使って、火星表面に地震計を設置したり、地下5メートルの深さまで熱流量計を埋め込んだりする。地震の波の伝わり方や、地中の熱の量や伝わり方を調べ、内部の構造や成分のほか、火星の成り立ちなどを明らかにする。

     また同じロケットでブリーフケース大の小型衛星「マルコ」2機も打ち上げられた。地球以外の惑星で初めてとなる小型衛星の技術実験で、うまく軌道に投入できれば、インサイトの火星大気への突入や着陸時の通信を支援する。

     インサイトは当初、2016年の打ち上げ予定だったが、地震計の耐久性に問題が見つかり延期されていた。(ワシントン=香取啓介)



    http://www.asahi.com/sp/articles/ASL554G0TL55ULBJ002.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525558738/


    ▼「NASA、新型の火星探査機「インサイト」を打ち上げ 火星の内部を初調査へ」の続きを読む

    【宇宙】NASA、2023年に月周辺への有人飛行を目指す次世代宇宙船試験機「オリオン」を公開

    1 : ガーディス ★ 2018/04/28(土) 13:10:49.07 ID:CAP_USER9.net

     米航空宇宙局(NASA)は26日、2023年の月周辺への有人飛行を目指して開発中の次世代宇宙船「オリオン」の試験機を、ジョンソン宇宙センターで報道陣に公開した。

    オリオンは開発中の大型ロケット「SLS」に搭載され、19〜20年に無人での打ち上げ試験を行い、23年には飛行士を月近くに送り込む予定。4人乗りで底部の直径は5メートルと、1960年代〜70年代のアポロ宇宙船(3人乗り)よりひと回り大きい。公開された機体は来年4月、打ち上げ時に異常があった場合に備えた、宇宙船をロケットから切り離す試験に使う。



    http://sp.yomiuri.co.jp/science/20180427-OYT1T50121.html



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524888649/


    ▼「【宇宙】NASA、2023年に月周辺への有人飛行を目指す次世代宇宙船試験機「オリオン」を公開」の続きを読む

    【北極圏の海氷に謎の穴】NASAも原因分からず

    1 : みつを ★ 2018/04/26(木) 05:56:28.56 ID:CAP_USER9.net

    https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35118329.html

    (CNN) 北極圏に浮かぶ海氷の上に、正体不明の3つの穴が空いている様子が観測され、米航空宇宙局(NASA)の科学者が「こんなものは今まで見たことがない」と首をひねっている。

    写真は北極海に近いボーフォート海の上空から、NASAの研究チームが撮影した。同研究チームは毎年、北極と南極の様子を上空から観測しているが、今回撮影された画像には、氷に空いた3つの穴が写っていた。

    このうち中央の穴の左側には「波上の模様」があり、画像の右側には「フィンガーラフティング(指状のしあがり)」と呼ばれる現象が観測できる。NASAによると、フィンガーラフティングは氷の塊同士が衝突し、結合部分が重なり合ってのし上がる現象をいう。

    しかし氷に穴が空いた原因は分かっていない。NASAの研究者は、「穴の近くにフィンガーリフティングがあって、ほとんど雪に覆われていないことを示す灰色をしていることからも、ここが氷の薄い部分であることは明らか」としながらも、「どのような力がはたらいて、穴の周りに半円形の模様ができたのかは分からない。こんなものは今まで見たことがない」と指摘する。

    NASAは興味深い写真を紹介して理由を推測してもらう特集の中で、この写真を取り上げた。これまでに、氷の下を流れる暖流説や、タテゴトアザラシなどの海洋哺乳類が、呼吸するため氷の下から頭を突き出したという説が浮上しているという。

    nasa-ice-holes-mystery



    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524689788/


    ▼「【北極圏の海氷に謎の穴】NASAも原因分からず」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る