「コノユビ」は宇宙とかのまとめブログです!

    ヘッドライン

    SS520

    JAXAのロケット「SS520」、世界最小ロケットでギネス世界記録に認定

    1 : ガーディス ★ 2018/04/27(金) 17:27:52.93 ID:CAP_USER9.net

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、2月に打ち上げたロケット「SS520」5号機が、「衛星打ち上げ能力がある世界最小のロケット」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。

     SS520は、長さ9・5メートル、直径52センチ、重さ2・6トンの三段式ロケット。5号機は、民生部品を使ってコストを抑え、重さ3・2キロの超小型衛星を高度約200キロの軌道へ投入することに成功した。

     ギネス世界記録の最も大きなロケットには、米航空宇宙局(NASA)がアポロ計画で使った「サターンV」ロケット(重さ2965トン)が認定されている。

     JAXAの羽生宏人プロジェクトマネージャは「長年培ってきた開発の基盤があったからこそ、世界に例がないほど小さなロケットが実現できた」とコメントしている。(田中誠士)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000072-asahi-soci






    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524817672/


    ▼「JAXAのロケット「SS520」、世界最小ロケットでギネス世界記録に認定」の続きを読む

    【宇宙】電柱サイズの最小ロケット「SS520」打ち上げ成功 衛星との通信確認

    1 : しじみ ★ 2018/02/03(土) 17:13:21.12 ID:CAP_USER.net

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、東京大の超小型衛星を載せた電柱サイズのロケット「SS520」5号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。
    約7分半後に衛星を分離し、約3時間後に地上との通信を確認。打ち上げは成功した。

    SS520の5号機は長さ9.5メートル、直径52センチ、重さ2.6トンで、人工衛星を軌道投入できる世界最小クラスのロケット。
    1〜3号機は人工衛星を搭載しない観測ロケットで、JAXAは昨年1月、初めて人工衛星を載せた4号機を打ち上げたが電気系統の故障で失敗。
    4号機を改良した5号機で再挑戦した。昨年12月に打ち上げる予定だったが、機器の不具合で延期していた。
    機体製造と打ち上げの費用は計約5億円。

     SS520ロケットの打ち上げは今回で終了する。
    この開発に関わったキヤノン電子など4社は、後継となる小型ロケット開発を進めるため昨年8月に新会社を設立しており、今後は民間が担う。

     小型衛星の打ち上げ需要は世界で急速に高まっており、低コストで打ち上げられる小型ロケットの開発が世界で進んでいる。

    K10011314111_1802031707_1802031707_01_02

    7aef09e5-882c-4606-bc84-758b6886de4a

    92584e84-60f5-4ecb-9cdc-6bed13f1215c



    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517645601/


    ▼「【宇宙】電柱サイズの最小ロケット「SS520」打ち上げ成功 衛星との通信確認」の続きを読む
    今週の人気記事
      スポンサードリンク
      Twitter
      あざっす!フォロー返しします!botじゃないです!宇宙とかいろんなスレをまとめてるブログです!目指せ10万フォロワー!
      最新コメント
      おーぷん2ちゃんねる
      アーカイブ
      カテゴリー
      逆アクセスランキング
      アクセスカウンタ
      • 今日:
      • 昨日:
      • 累計:


      記事検索
      最新記事
      • ライブドアブログ
        このページのTOPへ戻る